毎日放送賞スワンステークス(2010/10/30) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1400M
開催
第05回 京都07日目
コース
京都芝・右外1400M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
曇 良
条件
サ3上(国)(指)
頭数
14
発走時刻
15:35
回次
第 53 回
本賞金(万
5,800 - 2,300 - 1,500 - 870 - 580
レース名
毎日放送賞スワンステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:1.21.0
平均ペース
-10 (-1-9)
前半5F:
57.9
後半3F:
34.7
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 福永祐一 57.0 1.21.0 33.9 -------6--5 3 5.7 ダンスインザダーク / ミスカースティー 栗) 松永昌博 534 +14 12 7
02 11/2 四位洋文 57.0 1.21.2 33.5 ------12-12 9 22.1 ウォーエンブレム / シャンラン 美) 二ノ宮敬 494 -4 2 2
03 ハナ 藤岡康太 58.0 1.21.2 34.9 -------1--1 10 24.0 マンハッタンカフェ / ジョープシケ 栗) 中竹和也 526 +38 4 3
04 11/2 ホワイト 57.0 1.21.4 34.3 -------4--6 6 11.4 マンハッタンカフェ / レガシーオブストレングス 美) 古賀慎明 504 +6 8 5
05 クビ 藤岡佑介 55.0 1.21.5 34.3 -------7--6 2 5.6 アグネスデジタル / アンダンテ 栗) 矢作芳人 446 +4 1 1
06 クビ 川島信二 57.0 1.21.5 34.6 -------4--3 14 115.1 スターオブコジーン / ビーマイフアイア 栗) 宮徹   456 -4 3 3
07 アタマ 勝浦正樹 58.0 1.21.5 34.1 ------10-10 11 25.5 フジキセキ / ミルグレイン 栗) 長浜博之 494 +8 9 6
08 クビ スミヨン 57.0 1.21.6 34.3 -------7--8 1 3.6 Forest Wildcat / Wake Up Kiss 栗) 西園正都 478 -8 6 4
09 アタマ 幸英明 57.0 1.21.6 34.0 ------11-11 8 18.6 アドマイヤベガ / チャッターボックス 美) 上原博之 538 +4 11 7
10 1/2 池添謙一 57.0 1.21.7 35.2 -------2--2 13 62.5 バブルガムフェロー / クワイエットアース 栗) 本田優  482 -18 10 6
11 ハナ 小牧太 57.0 1.21.7 34.4 -------7--8 5 8.4 Kingmambo / Believe 栗) 松元茂樹 474 +8 14 8
12 1/2 武豊 57.0 1.21.8 33.8 ------13-13 12 47.3 Gone West / Final Destination 美) 加藤征弘 452 -6 13 8
13 11/4 酒井学 57.0 1.22.0 35.1 -------3--3 4 8.1 サクラバクシンオー / ヘバ 栗) 西園正都 494 +10 7 5
14 和田竜二 57.0 1.22.8 34.7 ------13-13 7 14.4 グラスワンダー / チェリーラブ 栗) 西園正都 520 0 5 4
~払い戻し~
単勝 12番 (3人) 5.7 枠連 2-7 (24人) 65.0 複勝 12番(2人)
2番(8人)
4番(11人)
2.2
6.3
9.4
ワイド 2-12(27人)
4-12(40人)
2-4(73人)
22.0
32.4
72.8
3連複 2-4-12 (197人) 680.8 馬連 2-12 (30人) 82.1
3連単 12-2-4 (1098人) 4,186.4 馬単 12-2 (50人) 136.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント



1着 マルカフェニックス 福永祐一騎手
「先行しそうな馬はわかっていたので、その馬の後ろあたりからレースをしようと考えていました。馬体重がプラス14キロということでやっぱり太かったですね。でも1400mは得意な距離なだけに落とせないレースだったので、勝ててよかったですね。最後は止まりかけていましたが、能力で踏ん張ってくれました」

2着 ショウナンアルバ 四位洋文騎手
「折り合いに気を付けて、という指示だったのですが、ゲートを出る時に少しハミが当たってしまいました。もう少しゲートをそっと出せていればもっとうまく折り合いがついたはずです。でも最後はよく伸びていますし、さすがに力がある馬です」

3着 ジョーカプチーノ 藤岡康太騎手
「久々で幾分力んでいましたが、思ったよりも折り合いました。久々と58キロ、古馬との初対戦ということを考えたら本当に頑張っています」

4着 アーバニティ D.ホワイト騎手
「理想的なレースができましたが、4コーナーでスペースを失ってしまいました。最後は伸びてはいるのですが・・・」

5着 グランプリエンゼル 藤岡佑介騎手
「内々で折り合ってレースを進めました。この点はレースぶりに進境が見られます。最後前が開けてくれればよかったのですが・・・。でも展開ひとつで十分チャンスはありそうです」

6着 マイネルフォーグ 川島信二騎手
「いいところで流れに乗れて4コーナーでは一瞬『おっ』と思ったのですが、脚がなくなってしまいました。久々でしたし、1度使えば次は変わるでしょう」

7着 ファイングレイン 勝浦正樹騎手
「手応え自体は悪くなかったのですが、追い出してからの反応がありませんでした」

8着 エーシンフォワード C.スミヨン騎手
「DVDで観ていた程ゲートを出てくれませんでした。もう少し前につけたかったですね。あと直線の反応がいまひとつでした」

10着 アーリーロブスト 池添謙一騎手
「1回使っていれば違ったと思います。休み明けの分なのか、手応えの割には最後止まってしまいました。でもいいスピードを持っています」

予想動画
関連記事
関連つぶやき