茨城新聞杯(2010/09/26) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
第04回 中山 06日目
10 R
ダート・右1200M
晴   稍重
2勝クラス特別   サ3上(混)[指] / 定量
茨城新聞杯
16 頭
15:10発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
image
直線 308 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.10.6
前半5F:
57.7
後半3F:
36.8
ペース:平均
7 (100-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 55.0 1.10.6 36.8 -------2--3 8 11.8 ジャングルポケット / グランシェール 美) 久保田貴 476 -4 16 8
02 クビ 松岡正海 57.0 1.10.6 35.8 ------13-15 7 10.7 フレンチデピュティ / キョウエイフォルテ 栗) 音無秀孝 480 +8 7 4
03 クビ 柴田善臣 57.0 1.10.7 36.3 -------9--8 6 9.3 スペシャルウィーク / ラブイズトゥルー 美) 菅原泰夫 492 +12 3 2
04 1/2 安藤勝己 57.0 1.10.8 36.7 -------5--6 1 4.8 ニューイングランド / ナムラユウユウ 美) 斎藤誠  478 -10 12 6
05 クビ 北村宏司 55.0 1.10.9 36.6 -------9--8 2 5.5 デュランダル / グラスファッション 美) 尾形充弘 492 0 6 3
06 11/2 田辺裕信 57.0 1.11.1 36.2 ------16-11 12 34.5 トワイニング / キョウエイトルース 栗) 佐山優  466 -12 2 1
07 3/4 柴田大知 55.0 1.11.2 37.4 -------2--3 10 21.4 サウスヴィグラス / エアカボッション 美) 斎藤誠  484 +6 15 8
08 ハナ 石橋脩 57.0 1.11.2 37.4 -------2--2 5 9.0 スクワートルスクワート / スリースポット 栗) 中村均  534 0 9 5
09 クビ 武士沢友 57.0 1.11.3 36.5 ------13-16 13 53.3 Smoke Glacken / ワンダーキャット 美) 松山康久 524 0 8 4
10 3/4 小林淳一 57.0 1.11.4 36.7 ------13-13 15 156.3 デヒア / サンドコロネット 栗) 鹿戸明  500 -2 10 5
11 1/2 吉田豊 57.0 1.11.5 37.4 -------5--5 11 26.9 Dixie Union / Eishin Blaine 栗) 小崎憲  494 -6 1 1
12 21/2 後藤浩輝 57.0 1.11.9 37.3 ------11-13 3 7.1 トワイニング / ヤングダリア 美) 武藤善則 442 -2 4 2
13 3/4 田中勝春 55.0 1.12.0 37.4 ------11-11 4 7.8 トワイニング / レッドレターデイ 美) 古賀史生 476 +4 11 6
14 31/2 田中博康 57.0 1.12.6 38.5 -------5--6 14 80.6 Flatter / Pia Bride 美) 高橋祥泰 490 -2 5 3
15 池添謙一 55.0 1.12.9 38.7 -------8--8 9 19.8 ボストンハーバー / ベルベットブルー 美) 高橋裕  486 -6 14 7
16 ハナ 村田一誠 55.0 1.12.9 39.1 -------1--1 16 210.6 カリスタグローリ / エスケーロイヤル 美) 天間昭一 488 +8 13 7
単勝 16番 (8人) 11.8 枠連 4-8 (15人) 32.7 複勝 16番(8人)
7番(7人)
3番(5人)
4.8
4.5
3.4
ワイド 7-16(45人)
3-16(37人)
3-7(23人)
29.2
23.0
17.1
3連複 3-7-16 (103人) 253.8 馬連 7-16 (36人) 75.1
3連単 16-7-3 (667人) 1,760.3 馬単 16-7 (68人) 142.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ガンドッグ 蛯名正義騎手
「大外枠だったので、かなり引っかかってしまいました。そうなることはわかっていたので、そろっと出していきましたが、すぐに追いついてしまいました。そんな中、よく最後までしのいでくれましたね。もっと力を抜いてくれればいいのですが」

2着 サウンドアクシス 松岡正海騎手
「中団くらいにはつけられるかと思いましたが、芝の部分で行けませんでした。でも、能力は重賞級です。ハマれば差し切る脚もありますし、今日もパサパサのダートなら届いていました」

4着 ナムラカクレイ 安藤勝己騎手
「4コーナーでは勝てそうな手応えでしたが、残り100mで息切れしたみたいです。休み明けのせいでしょうか」

5着 シルクファルシオン 北村宏司騎手
「スムーズな競馬ができましたが、ジリジリとした伸び脚でした」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する