京都記念(2010/02/20) のレース情報

基本情報
京都芝・右外2200M
第02回 京都 07日目
11 R
芝・右外2200M
晴  
GⅡ   サ4上(国)[指] / 別定
第103 回 京都記念
13 頭
15:35発走
本賞金) 6,400 - 2,600 - 1,600 - 960 - 640 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
image
直線 404 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.14.4
前半5F:
1.02.2
後半3F:
34.4
ペース:平均
-55 (-103+48)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 55.0 2.14.4 33.4 -3--3--3--3 1 1.5 スペシャルウィーク / ビワハイジ 栗) 松田博資 458 +12 13 8
02 1/2 ルメール 57.0 2.14.5 33.3 -6--6--5--5 3 15.9 ジャングルポケット / ハヤベニコマチ 美) 堀宣行  480 -1 12 8
03 11/2 池添謙一 59.0 2.14.7 33.3 -8--8--7--6 2 3.5 ステイゴールド / オリエンタルアート 栗) 池江泰寿 438 +12 7 5
04 3/4 川田将雅 57.0 2.14.8 34.8 -1--1--1--1 6 37.6 メジロマックイーン / ダイイチアピール 美) 田中剛  520 +16 1 1
05 1/2 宮崎北斗 55.0 2.14.9 34.4 -2--2--2--2 13 421.4 マンハッタンカフェ / エルソル 美) 武藤善則 496 -2 3 3
06 13/4 吉田豊 57.0 2.15.2 34.2 -4--3--3--3 9 71.4 アドマイヤベガ / スパークトウショウ 美) 大久保洋 490 -4 11 7
07 安藤勝己 57.0 2.15.5 34.1 -6--6--7--6 5 21.3 クロフネ / オーバルカット 栗) 鮫島一歩 458 +4 4 4
08 アタマ 岩田康誠 56.0 2.15.5 33.7 10-10--9-10 7 41.1 ゴールドアリュール / レッドヴィーナス 美) 萱野浩二 474 +6 6 5
09 アタマ 後藤浩輝 57.0 2.15.5 34.2 -5--5--6--6 10 107.4 アグネスタキオン / トコア 栗) 橋田満  482 -2 9 6
10 武豊 57.0 2.15.7 34.1 13-13-13--9 4 16.8 ステイゴールド / グリーンヒルマック 栗) 増本豊  456 0 2 2
11 福永祐一 56.0 2.16.0 34.1 12-12-11-12 8 53.9 ダンスインザダーク / エスユーエフシー 栗) 牧田和弥 456 +2 5 4
12 クビ 酒井学 57.0 2.16.0 34.3 -8--8--9-10 12 246.4 アドマイヤベガ / ニホンピロポリーナ 栗) 服部利之 510 +14 8 6
13 クビ 藤岡佑介 57.0 2.16.1 34.4 10-10-11-12 11 237.3 タニノギムレット / シルバーネックレス 栗) 松田博資 456 +14 10 7
単勝 13番 (1人) 1.5 枠連 8-8 (4人) 12.8 複勝 13番(1人)
12番(5人)
7番(2人)
1.1
2.6
1.1
ワイド 12-13(4人)
7-13(1人)
7-12(11人)
3.7
1.3
7.1
3連複 7-12-13 (3人) 8.4 馬連 12-13 (4人) 13.2
3連単 13-12-7 (12人) 39.8 馬単 13-12 (5人) 16.7
該当なし
レース後のコメント


1着 ブエナビスタ 横山典弘騎手
「今日は逃げ馬が一頭だけだったので、スローな流れになるだろうと思っていましたが、思った通りの流れになりました。道中はこの馬としてはいい感じで進んで、直線の反応もよかったです。抜け出した後、ジャガーメイルに詰め寄られてヒヤッとしましたが、並ばれても抜かせませんでした。勝ち運に見放されていたので、ここで仕切り直しですね。ドバイに向かうそうなので、がんばって欲しいです」

2着 ジャガーメイル C.ルメール騎手
「今日は状態もよく、見た目もよく見えました。道中はスムーズにレースを運んで、勝ち馬マークでレースを進めましたが、直線の追い比べで負けてしまいました。今日は勝った馬が強かったですね」

3着 ドリームジャーニー 池添謙一騎手
「この上がりで上がられてはきついですね。前の馬は離して行ってましたが、3~4番手の馬が待っていたから淡々と流れてしまったし……。でも、59キロを背負ってしぶとく伸びていますし、内容としては悪くなかったと思います」

4着 ホクトスルタン 川田将雅騎手
「リラックスしてレースをすることができました。久しぶりの分を考えたら、がんばっていると思います」

6着 トウショウシロッコ 吉田豊騎手
「いい競馬はしているのですが、時期的に多少太いかという伸びでしたね。もっと伸びていいはずなのですが、暖かくなればよくなると思います」

7着 ホワイトピルグリム 安藤勝己騎手
「落鉄の影響はありませんでした。いいレースはしていますが、終いで弾けなかったですね。前回と状態は変わらなかったと思いますし、メンバーの差でしょうか」

10着 サンライズマックス 武豊騎手
「少しイライラしていました。それに上がりも速かったですしね」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
当ページを共有する