京成杯(2010/01/17) のレース情報

基本情報
中山芝・右2000M
開催
第01回 中山06日目
コース
中山芝・右2000M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(国)(特)
頭数
13
発走時刻
15:35
回次
第 50 回
本賞金(万
3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390
レース名
京成杯 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
スローペース
直線 310 M
勝ちタイム:2.03.6
スローペース
-61 (-90+29)
前半5F:
1.03.2
後半3F:
35.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 56.0 2.03.6 34.9 -3--3--3--3 1 2.2 King's Best / ムーンレディ 栗) 藤原英昭 492 0 13 8
02 ハナ 安藤勝己 56.0 2.03.6 35.2 -1--1--1--1 3 4.9 キングカメハメハ / エルダンジュ 栗) 松田博資 532 +8 4 4
03 21/2 藤田伸二 56.0 2.04.0 35.0 -7--7--8--9 2 4.9 ニューイングランド / クリスタルコーラル 栗) 藤岡健一 474 +14 1 1
04 アタマ 田中勝春 56.0 2.04.0 35.2 -7--7--4--4 4 10.3 デュランダル / スキッフル 栗) 松永幹夫 474 -4 11 7
05 11/2 吉田隼人 56.0 2.04.2 35.4 -3--4--4--4 9 44.1 ニューイングランド / サンバデオルフェ 美) 勢司和浩 506 +4 6 5
06 クビ 北村浩平 56.0 2.04.2 35.7 -2--2--2--2 6 15.9 トゥナンテ / メイサウンド 栗) 高橋義忠 482 0 5 4
07 アタマ 吉田豊 56.0 2.04.2 35.2 -7--7--8--7 12 61.9 グランデラ / ミスペンブローク 美) 河野通文 480 +4 2 2
08 11/4 松岡正海 56.0 2.04.4 35.2 -7--7-11-11 5 15.0 ダンスインザダーク / トゥルーフェイス 美) 手塚貴久 520 0 7 5
09 1/2 後藤浩輝 56.0 2.04.5 35.7 -5--4--4--4 7 21.4 スペシャルウィーク / フェミニンガール 美) 久保田貴 494 +4 9 6
10 3/4 北村宏司 56.0 2.04.6 35.0 12-13-12-12 13 128.3 ティンバーカントリー / エイシンハピネス 美) 鹿戸雄一 446 -2 10 7
11 木幡初広 56.0 2.04.8 35.8 11-11--8--9 11 55.5 シンボリクリスエス / ブルーデキシー 美) 宗像義忠 512 +12 12 8
12 11/2 的場勇人 54.0 2.05.0 35.4 12-12-12-12 8 28.8 マンハッタンカフェ / セタガヤウタヒメ 美) 阿部新生 454 +6 3 3
13 クラスト 56.0 2.05.5 36.6 -5--6--7--7 10 52.2 アドマイヤドン / アングシヤスフレンド 美) 和田雄二 470 +4 8 6
~払い戻し~
単勝 13番 (1人) 2.2 枠連 4-8 (1人) 4.8 複勝 13番(1人)
4番(2人)
1番(3人)
1.1
1.5
1.5
ワイド 4-13(2人)
1-13(1人)
1-4(4人)
2.6
2.2
4.3
3連複 1-4-13 (1人) 7.8 馬連 4-13 (2人) 6.7
3連単 13-4-1 (2人) 31.7 馬単 13-4 (2人) 10.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 エイシンフラッシュ(横山典騎手)
「差し返されそうでしたがよく凌いでくれました。元々スタートはうまい馬で、行く馬がいなければ行こうと思っていたんですが、安藤さんが行きましたね。安藤さん流石ですね。性格としては真面目すぎるくらい真面目な馬ですが、難しいところはないですね。ペースが遅いし、アドマイヤテンクウがしぶといので3コーナー前からゴーサインを出して行きました。まだ背中は緩いんですがいい感じの馬ですね。このまま無事に行って欲しいですね」

(藤原英調教師)
「前走もゴール前で力を抜いてしまうんですね。それで並ぶとまた走るというところがあります。まだ体が出来ていないんですが、ジョッキーはウチの馬にもよく乗ってくれているので、馬の作り方をよく理解してくれていて負担の掛からない乗り方をしてくれました。入って来た時から能力の高さは分かっていたので、いかに大きなところに使うか準備を進めてきました。次のステップはこの競馬場になるか、それとも他か、これから考えます。成長してどれだけ変わるか楽しみにしています」

2着 アドマイヤテンクウ(松田博調教師)
「これまで後ろからの競馬をしていた馬が、ああいう前で競馬をすることが出来るということが分かったのは良かったかな」

3着 レッドスパークル(藤岡健調教師)
「今日は展開がすべて。あれだけのスローペースはこの馬には辛いね。最後いい脚を使っているだけに残念。せめて賞金を加算したかった。次はまた帰ってゆっくり考えますが、1勝馬ではトライアルもきついだろうしね」

4着 フラガラッハ(松永幹調教師)
「今日は普段よりイレ込んでいましたね。外枠も前に壁が作れず痛かったですね。もう少し内枠だったら良かったんですが、流れも遅かったですね。いい勉強になったでしょう。よく頑張っています。これからも芝の路線で行きます」

5着 アースステップ(吉田隼騎手)
「関西馬は強いですね。勝つ気で行ったんですが、流れが遅くて動くに動けませんでした。キャリアの浅い馬ですし、その中で最後は伸びていますから、これからですね」

6着 ログ(北村浩騎手)
「今日は押し出される形で2番手の競馬になりました。現時点では力の差を感じたが、これからやっていける感触も掴みました」

12着 フーガフューグ(的場騎手)
「厳しい展開でしたね。もう少し流れてくれたら良かったんですが、この馬の良さが生きない流れになってしまいました」

予想動画
関連記事
関連つぶやき