霜月ステークス(2009/11/22) のレース情報

基本情報
東京ダート・左1400M
第05回 東京 06日目
11 R
ダート・左1400M
曇  
オープン特別   サ3上(国)(特) / ハンデ
霜月ステークス
14 頭
15:30発走
本賞金) 2,300 - 920 - 580 - 350 - 230 (万
コース・ラップ
スローペース
直線 501 M
image
直線 501 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.23.5
前半5F:
59.6
後半3F:
35.9
ペース:スロー
-61 (7-68)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 松岡正海 56.0 1.23.5 35.6 -------5--4 2 4.4 フォーティナイナー / アラマサブレーヴ 栗) 藤岡範士 472 +2 13 8
02 13/4 蛯名正義 56.0 1.23.8 35.9 -------4--4 5 8.9 アフリート / ハッピーリクエスト 美) 田中剛  530 +4 7 5
03 アタマ 石橋脩 54.0 1.23.8 35.4 ------10-10 1 2.9 シンボリクリスエス / シンコウエンジェル 栗) 池江泰寿 520 -4 8 5
04 3/4 藤田伸二 55.0 1.23.9 36.3 -------1--1 6 9.9 Deputy Minister / Hello Rachel 美) 久保田貴 498 -6 4 3
05 21/2 小林淳一 55.0 1.24.3 36.3 -------6--6 3 7.1 Stravinsky / Counter Cat 栗) 中竹和也 514 0 3 3
06 13/4 武士沢友 54.0 1.24.6 36.4 -------6--7 9 31.6 エアダブリン / エアジャスミン 美) 伊藤正徳 508 +10 6 4
07 ハナ 小野次郎 55.0 1.24.6 36.9 -------2--2 7 17.0 エルコンドルパサー / ダンジグエンジェル 栗) 藤沢則雄 512 -4 14 8
08 11/2 江田照男 53.0 1.24.8 36.3 ------14-13 11 76.7 サンデーサイレンス / バーシャ 美) 尾形充弘 512 +2 10 6
09 ハナ 畑端省吾 49.0 1.24.8 37.1 -------2--2 14 193.8 ディアブロ / ニューブレハット 栗) 鮫島一歩 544 -12 12 7
10 アタマ 津村明秀 53.0 1.24.8 36.4 ------11-10 12 101.8 キングヘイロー / ウエスタンジュンコ 美) 柴田政人 500 -12 1 1
11 熊沢重文 53.0 1.25.5 37.4 -------6--7 8 26.1 Exploit / Two Punch Lil 栗) 田島良保 510 -6 11 7
12 21/2 村田一誠 57.0 1.25.9 37.7 -------6--7 4 7.6 ジェイドロバリー / ガイアローマン 栗) 吉田直弘 498 -2 2 2
13 3/4 北村宏司 54.0 1.26.0 37.7 ------11-10 10 32.4 Fusaichi Pegasus / Not On Friday 栗) 安田隆行 522 +6 9 6
14 13/4 千葉直人 54.0 1.26.3 37.7 ------11-13 13 136.5 メイショウオウドウ / ラックホーセキ 栗) 崎山博樹 518 -6 5 4
単勝 13番 (2人) 4.4 枠連 5-8 (1人) 4.1 複勝 13番(2人)
7番(5人)
8番(1人)
1.4
2.3
1.4
ワイド 7-13(7人)
8-13(1人)
7-8(5人)
5.8
2.6
5.5
3連複 7-8-13 (4人) 16.9 馬連 7-13 (8人) 15.2
3連単 13-7-8 (21人) 108.6 馬単 13-7 (11人) 27.5
該当なし
レース後のコメント


1着 ワンダーポデリオ(松岡騎手)
「今日は本当に?まっていただけですよ。強いですね。乗りやすく大人しい馬ですね。全部こんな馬だったらいいんですけれど。距離はマイルくらいまででしょう」

2着 ミリオンディスク(蛯名騎手)
「勝った馬は強いですね。流れに乗ってうまく行っていたんですよ。僕の方が手応えは良くて、来るのを待って追い出したくらいなんです。よく走ってくれたんですがね」

3着 ダノンカモン(石橋脩騎手)
「ある程度出て行ったんですが、1200mのレースを使ったりしている馬などがいましたから、予想以上に前に行けませんでした。外から次々と来られてプレッシャーを受けましたからね。下げざるを得ませんでした。終いはあれだけ伸びているんですがね。揉まれても走りましたから、これからいいんじゃないですか」

4着 シルクビッグタイム(藤田騎手)
「自然にハナに行く形で、流れも速くないのでもう少し頑張れると思ったんですが、もう一息踏ん張れませんでした」

5着 アンダーカウンター(小林淳騎手)
「もうちょっと距離があってタメられたら弾けそうですね。上手に競馬が出来ますし、気持ちも前向きです。まだ体の緩さがありますから、これからですね」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する