ミモザ賞(2009/03/28) のレース情報

基本情報
中山芝・右2000M
開催
第03回 中山01日目
コース
中山芝・右2000M
クラス
500万特別(馬齢
レースNO
9 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才牝 (特)
頭数
14
発走時刻
14:35
本賞金(万
1,000 - 400 - 250 - 150 - 100
レース名
ミモザ賞 
コース・ラップ
ハイペース
直線 310 M
勝ちタイム:2.01.0
ハイペース
67 (38+29)
前半5F:
59.7
後半3F:
37.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 勝浦正樹 54.0 2.01.0 34.9 12-13-14-10 6 17.8 ステイゴールド / タバスコキャロル 美) 菊川正達 400 -2 6 4
02 松岡正海 54.0 2.01.3 35.9 -3--4--3--2 4 9.8 ウォーエンブレム / ヴァンドノワール 美) 小島茂之 486 +2 4 3
03 1/2 後藤浩輝 54.0 2.01.4 35.9 -9--8--6--2 3 8.8 シンボリクリスエス / ラニーンアルワタール 美) 古賀慎明 446 -2 7 5
04 1/2 田中勝春 54.0 2.01.5 36.5 -2--2--2--2 2 6.2 ネオユニヴァース / オークミード 美) 古賀慎明 478 +2 14 8
05 1/2 吉田豊 54.0 2.01.6 35.9 11-11--8--6 12 46.0 シンボリクリスエス / クライウィズジョイ 美) 尾形充弘 458 -4 10 6
06 21/2 江田照男 54.0 2.02.0 36.4 -6--6--7--6 14 126.9 ブラックタキシード / フレンドリーエース 美) 中川公成 394 -8 12 7
07 11/2 三浦皇成 54.0 2.02.2 36.8 -5--5--3--2 8 34.9 スペシャルウィーク / マイネビクトリア 美) 菅原泰夫 428 +4 2 2
08 アタマ 柴田善臣 54.0 2.02.2 38.3 -1--1--1--1 5 11.2 ブライアンズタイム / チケットトゥフライ 美) 本間忍  456 -4 13 8
09 クビ 真島大輔 54.0 2.02.3 36.6 -8--8--8--6 10 39.8 マヤノトップガン / ウエルシュクイーン 美) 佐藤吉勝 414 -6 3 3
10 31/2 小林久晃 54.0 2.02.9 36.9 14-14-12-10 13 102.7 ダンスインザダーク / アルチプラノ 美) 杉浦宏昭 452 -20 5 4
11 21/2 蛯名正義 54.0 2.03.3 37.3 12-12-12-14 1 1.8 ステイゴールド / タイキフブキ 美) 石毛善彦 466 -6 11 7
12 武士沢友 54.0 2.03.5 38.1 -3--3--3--6 11 41.3 ダイワテキサス / ダイワノブレス 美) 的場均  428 -6 1 1
13 クビ 北村宏司 54.0 2.03.5 37.7 -6--7--8-12 7 22.5 シンボリクリスエス / ジョウノマチエール 美) 藤沢和雄 482 +2 9 6
14 横山典弘 54.0 2.04.0 38.2 -9--8--8-13 9 38.8 タヤスツヨシ / リワードニンファ 美) 後藤由之 430 -10 8 5
~払い戻し~
単勝 6番 (6人) 17.8 枠連 3-4 (18人) 54.2 複勝 6番(6人)
4番(5人)
7番(3人)
4.5
4.0
2.5
ワイド 4-6(21人)
6-7(14人)
4-7(17人)
19.4
12.9
13.8
3連複 4-6-7 (50人) 156.2 馬連 4-6 (21人) 66.4
3連単 6-4-7 (304人) 1,109.0 馬単 6-4 (45人) 143.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ラークキャロル 菊川正達調教師
「前走のレースでスローな流れでも溜めて行って、最後それなりにいい脚を使ってくれました。やはりこういうパターンなら確実に最後は伸びてくれるんですね。今日は本当にいい脚でした。ただ、ステイゴールドの仔なんですが、これ以上体は減って欲しくないですね。やはり距離は長い方がいいですね。府中へ行ってから、楽しみです」

2着 ピースエンブレム 松岡正海騎手
「1コーナーで狭くなってぶつかるようになってしまったんですが、それで掛かってしまって、リズムを取り戻すのに時間がかかってしまいました。それが抜け出してから踏ん張れなかった原因ですね。ただ、力はあるので、このクラスを抜けるのは時間の問題でしょう」

3着 ニシノルーファス 後藤浩輝騎手
「道中はなかなかハミを取ってくれませんでした。荒れた馬場を気にしたようですね。ジリジリとは伸びているんですが、前の馬をつかまえようという気持ちまでにはなっていません。東京に行けばもう少し楽にレースができそうです」


とやれたと思います」


金は2798万8000円(うちJRAで1075万円)となった。
 ちなみに同じ年のセレクトセールで最高価格となったのは3億2000万円のカーム(JRA3戦0勝、岩手27戦14勝、収得賞金757万3000円)、2番目は牝馬で2億3000万円のアドマイヤグルーブ(JRA21戦8勝、収得賞金5億5133万5000円)。鴻刀jを4馬身4分の3差で圧勝して2連勝でゴドルフィンに移籍してきている。プレレートは110。
 ビクトリーテツニーのプレレートは100で7頭中5番目。
第4R MARJU MAHAB AL SHIMAAL(GIII)
(総賞金20万ドル=1着12万ドル、ダート1200)
※フルゲート、枠番と馬番は共通
 1番 SENDALAM         59シェア
 2番 EXCUSEZ

予想動画
関連記事
関連つぶやき