デイリー杯クイーンカップ(2009/02/21) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
開催
第01回 東京07日目
コース
東京芝・左1600M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(国) 牝 (特)
頭数
16
発走時刻
15:45
回次
第 44 回
本賞金(万
3,800 - 1,500 - 950 - 570 - 380
レース名
デイリー杯クイーンカップ 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.35.7
平均ペース
-37 (-53+16)
前半5F:
1.00.8
後半3F:
34.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 内田博幸 54.0 1.35.7 34.7 -------2--2 4 13.4 メジロマックイーン / アイネスターキン 美) 田村康仁 480 +4 11 6
02 クビ 後藤浩輝 55.0 1.35.7 34.6 -------2--3 2 3.6 アグネスタキオン / ミスベルベール 美) 国枝栄  452 +4 9 5
03 3/4 戸崎圭太 54.0 1.35.8 34.6 -------4--3 8 41.8 フジキセキ / フサイチエイブル 地) 栗田裕光 472 -12 14 7
04 クビ 武豊 54.0 1.35.9 34.6 -------5--5 1 1.7 ネオユニヴァース / ユーアンミー 栗) 角居勝彦 458 +2 12 6
05 1/2 吉田豊 54.0 1.36.0 33.7 ------15-15 10 95.9 サクラバクシンオー / ソフトパイン 栗) 清水久詞 462 -4 10 5
06 1/2 岩田康誠 54.0 1.36.1 35.3 -------1--1 7 33.5 マーベラスサンデー / グローリーゲイト 美) 小桧山悟 440 -4 15 8
07 1/2 松岡正海 54.0 1.36.2 34.7 -------8--7 15 219.3 ホワイトマズル / リオクラーロ 美) 保田一隆 498 +20 16 8
08 1/2 蛯名正義 54.0 1.36.3 34.4 ------12-12 3 8.2 クロフネ / ピュアティー 美) 手塚貴久 442 -4 1 1
09 江田照男 54.0 1.36.5 34.9 -------8--7 6 29.5 トワイニング / マチカネモユルコイ 美) 高橋義博 404 -2 4 2
10 3/4 勝浦正樹 54.0 1.36.6 34.5 ------12-14 11 126.7 スターリングローズ / サイレンスマンボウ 美) 高橋裕  418 +2 3 2
11 クビ ルメール 54.0 1.36.7 34.9 -------8-10 5 26.8 マンハッタンカフェ / ヒシシルバーメイド 美) 奥平雅士 466 -6 8 4
12 クビ 山田信大 54.0 1.36.7 34.9 -------8-10 14 177.4 ジェニュイン / オメガパートナー 地) 山浦武  446 -7 6 3
13 クビ 三浦皇成 54.0 1.36.8 35.4 -------5--5 13 171.7 スウェプトオーヴァーボード / ゴールドサーパス 美) 岩戸孝樹 408 -4 7 4
14 21/2 武士沢友 54.0 1.37.2 35.7 -------7--7 16 344.4 サウスヴィグラス / マウントモガミ 美) 保田一隆 450 -6 13 7
15 1/2 田中勝春 54.0 1.37.3 35.4 ------12-12 9 44.3 ホワイトマズル / ダイアナスキー 栗) 池添兼雄 444 -8 5 3
16 柴山雄一 54.0 1.38.1 35.4 ------16-16 12 146.8 ブラックタキシード / フレンドリーエース 美) 中川公成 402 -8 2 1
~払い戻し~
単勝 11番 (4人) 13.4 枠連 5-6 (1人) 2.3 複勝 11番(4人)
9番(2人)
14番(8人)
3.6
1.7
10.6
ワイド 9-11(5人)
11-14(31人)
9-14(16人)
6.4
41.5
18.6
3連複 9-11-14 (39人) 157.7 馬連 9-11 (5人) 17.3
3連単 11-9-14 (218人) 1,032.8 馬単 11-9 (14人) 47.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 ディアジーナ 内田博幸騎手
「ハナを叩いてもいいと思っていましたが無理はさせませんでした。スタートからいいポジションで直線に入っても楽にレースをすることができました。馬にはまだ子どもっぽいところがありますし、まだ成長途上ですね。今日みたいな競馬ができればベストですが、そう簡単にはいかないと思います。これからは馬がレースの中で対応力をつけていくことが課題だと思います」

2着 ダノンベルベール 後藤浩輝騎手
「これだけスタートで出て行けたのは初めてでした。レース前にハナに行ってもいいと思っていたので、出して行ったんです。レースは思った以上にスローになって、勝つにはあの勝ち馬の位置にいないと苦しいレースで、最後は勝ち馬にずっと抑え込まれてしまいました。もし位置が逆だったらなぁ、とは思いますね。でも、春へ向けての今年初戦という意味では合格点をあげられますね」

3着 エイブルインレース 戸崎圭太騎手
「スタートがよく、道中は『おっ』という感じの手応えでした。芝で走っていたので、楽しみにはしていたんです。久々で引っ掛かるかなと思いましたが、落ち着いて走っていましたね」

4着 ミクロコスモス 武豊騎手
「今日はある程度のポジションにつけて行く競馬をしました。折り合いもついて、最後は前が開いていたんですけど、入りかけたときに勝ち馬に寄られてしまって……。もったいない競馬をしてしまいました」

5着 アンジュアイル 吉田豊騎手
「馬に掛かるところがあるので、うまくなだめて乗りました。馬混みに入っても気にせず、しっかりと伸びてくれました。今日のような競馬ができたことは評価できると思います」

7着 パドブレ 松岡正海騎手
「頑張りましたよ。かなり頑張りましたよね。体はあとプラス20キロあってもいいですね(笑)」

13着 カイテキプリン 三浦皇成騎手
「少し距離が長いかも知れません。1200mなら自分のレースが出来ると思いますが……」

16着 フレンドリードレス 柴山雄一騎手
「(不利を受けて)落ちるかと思ったよー」


/>「スタートはよかったし、手応えも十分だった。ただ、左回りだし、200m距離が延びたことがなぁ…」マレード、今年のコロネーションカップと昨年のアイルランドダービーの勝ち馬ソルジャーオブフォーチュン、アーリントンミリオンを制したフランスのスピリットワン、今年ドバイデューティーフリーとシンガポール航空国際カップを勝った南アフリカのジェイペグなどが登録してきている。ノ馬場が悪くて切れ味をそがれていましました。体つき気性が大人になってきています。この後は中山記念を挟むかもしれませんが、大阪杯の予定です」br />メルシーエイタイム    1
該当馬なし        4
(JRA報道室発表による)橋田満調教師も昨年に続き中山金杯2連覇。96年、97年の松山康久調教師以来、史上3人目の快挙。
■7歳馬
7歳馬の中山金杯優勝は94年のヒダカハヤト以来で、これが2回目。
■トップハンデ
トップハンデ馬の勝利は06年のヴィータローザ以来で、これが7回目。
■タイレコード
勝ちタイム1分58秒5は、中山芝2000mのタイレコードである。かないよ」
8着 9番メイショウサムソン(武豊騎手)
「本当にキツい競馬だった。残念です。ピークの頃の魅力は薄れてしまったよ……」
9着 5番フローテーション(C.ルメール騎手)
「最初、かかる感じがあったが、4コーナーでは手応えがあった。しかし最後の直線は力不足だったね。来年以降が楽しみだよ」
12着 10番マツリダゴッホ(蛯名正義騎手)
「コースの内を走らせたかったが、外に出る厳しい展開となってしまった。あの位置に下げさせられてしまい、それを取り返す流れもありませんでした。本当に申し訳ない……」
(国枝栄調教師)
「内に入れたかったんですが、内から弾かれて、入ることができませんでしたね。ま

予想動画
関連記事
関連つぶやき