春菜賞(2009/02/07) のレース情報

基本情報
東京芝・左1400M
開催
第01回 東京03日目
コース
東京芝・左1400M
クラス
500万特別(馬齢
レースNO
9 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才牝 (特)
頭数
16
発走時刻
14:35
本賞金(万
1,000 - 400 - 250 - 150 - 100
レース名
春菜賞 
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.22.5
平均ペース
-1 (8-9)
前半5F:
58.7
後半3F:
35.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小野次郎 54.0 1.22.5 34.7 ------10--8 1 2.3 クロフネ / スルーオール 美) 大久保洋 484 -2 16 8
02 吉田豊 54.0 1.22.7 34.5 ------15-14 2 5.1 アグネスタキオン / パテントリークリア 美) 奥平雅士 402 -2 3 2
03 クビ 内田博幸 54.0 1.22.7 35.0 -------6--8 3 5.6 エアジハード / アグネスチーアフル 美) 畠山吉宏 452 -6 5 3
04 13/4 松岡正海 54.0 1.23.0 35.5 -------5--5 9 45.0 クロフネ / フォーティカラーズ 美) 松山将樹 448 -8 1 1
05 11/4 柴山雄一 54.0 1.23.2 36.2 -------1--2 7 26.3 タイキシャトル / グレートイーリス 美) 高橋義博 474 -8 4 2
06 クビ 武士沢友 54.0 1.23.2 35.9 -------2--3 12 60.0 サウスヴィグラス / マウントモガミ 美) 保田一隆 456 -2 6 3
07 ハナ 左海誠二 54.0 1.23.2 34.4 ------16-16 14 114.1 ミレニアムバイオ / プレミアクロス 地) 岡林光浩 438 -9 15 8
08 1/2 三浦皇成 54.0 1.23.3 35.7 -------9--5 4 7.8 スペシャルウィーク / マイネビクトリア 美) 菅原泰夫 424 -2 11 6
09 1/2 村田一誠 54.0 1.23.4 35.2 ------14-14 16 189.3 マーベラスサンデー / ラシャド 美) 成島英春 402 +2 7 4
10 21/2 後藤浩輝 54.0 1.23.8 36.8 -------2--1 5 11.0 フレンチデピュティ / ココパシオン 美) 田島俊明 440 -2 13 7
11 ハナ 津村明秀 54.0 1.23.8 36.3 -------6--5 6 20.4 マイネルラヴ / ビンゴハナコ 美) 田島俊明 454 -10 14 7
12 1/2 小林淳一 54.0 1.23.9 36.6 -------2--3 10 55.0 バチアー / リスペクトスコール 美) 小桧山悟 438 -8 12 6
13 クビ 大野拓弥 54.0 1.24.0 36.1 ------13-11 13 62.5 マイネルラヴ / リリーアンドローズ 美) 清水英克 434 +6 8 4
14 1/2 石橋脩 54.0 1.24.1 36.1 ------11-11 8 28.0 シンボリクリスエス / アイライクユー 美) 小林常泰 454 0 10 5
15 ハナ 吉田隼人 54.0 1.24.1 36.4 -------6--8 11 55.6 エアジハード / キョウエイマリー 美) 田島俊明 442 +6 2 1
16 13/4 菊池憲太 54.0 1.24.4 36.5 ------11-11 15 181.4 ダージー / ノーブルファニー 美) 尾関知人 468 0 9 5
~払い戻し~
単勝 16番 (1人) 2.3 枠連 2-8 (2人) 6.6 複勝 16番(1人)
3番(3人)
5番(2人)
1.1
1.7
1.5
ワイド 3-16(2人)
5-16(1人)
3-5(4人)
3.3
2.5
4.3
3連複 3-5-16 (1人) 11.3 馬連 3-16 (2人) 7.8
3連単 16-3-5 (4人) 50.6 馬単 16-3 (2人) 13.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント



1着 マイティースルー 大久保洋吉調教師
「体が柔らかく、瞬発力につながっていますね。いつも前目で競馬をする馬が、差して勝ったのは収穫です。今日は縦長の展開になったので、あまり外を回らなくて済んだのも良かったですね。桜花賞は当然意識していますし、牝馬同士ですからオークスも視野に入れています」

2着 フェルミオン 吉田豊騎手
「ゲートはあまり出ていきませんね。それでも掛かっていきそうな雰囲気があるので、ジッとしていました。道中うまく行かせればあれだけの脚が使えますし、スピードのある馬です。体が小さいのでガンガン使えませんが、今の感じなら1600mでも大丈夫ですね」

3着 アンプレショニスト 畠山吉宏調教師
「道中うまく流れに乗っていたんですが、やはり枠順のせいでしょうね。行くところ行くところ前が詰まり、接触したりしていました。最後も一番外に立て直してこなければいけませんでしたしね。今の時期ですから勝っておきたかったんですが・・・」


フ活躍を続けていた。今回の勝利で通算成績は38戦22勝となった。バリー)という血統。通算成績は4戦2勝。日のメインレース11Rには今年初の2歳のオープン競走フサイチコンコルド賞(1着賞金50万円、ダート1000)が10頭で行われることになっている。
(北海道競馬事務所企画化発表資料などによる)
 戦8勝
(JRA報道室発表による)ヲませんでした」

5着 リザーブカード(内田博騎手)
「うまくレースを進められて、直線一瞬前が空いたんです。それで伸びかけたところで両側から寄られてしまいました。前走あたり道悪でバタバタになったことを思いますとよく走ってます。やはり良馬場の方がいい馬なんですね」

6着 マイネルスケルツィ(松岡騎手)
「勝てる手応えでした。でも3回も詰まりましたから…」

8着 ショ

予想動画
関連記事
関連つぶやき