新馬 (サ3才) 京都 5R 2009/02/01 のレース情報

基本情報
京都芝・右2000M
第02回 京都 02日目
5 R
芝・右2000M
曇   稍重
新馬   サ3才(混)[指] / 馬齢
11 頭
12:20発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
スローペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 328 M
ペース平均:
-12
内枠好走:
-2
勝タイム:
2.06.7
前半5F:
1.04.7
後半3F:
35.3
ペース:スロー
-100 (-129+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 北村友一 54.0 2.06.7 34.8 -5--4--4--4 2 3.4 アグネスデジタル / タンザナイト 栗) 音無秀孝 468 1 1
02 クビ デムーロ 56.0 2.06.7 34.9 -3--3--3--3 3 5.4 キングカメハメハ / ヒットザスポット 栗) 大久保龍 500 6 6
03 13/4 和田竜二 54.0 2.07.0 35.1 -4--4--4--4 7 19.8 マリエンバード / トロピカルナイト 栗) 佐藤正雄 494 11 8
04 21/2 小牧太 54.0 2.07.4 36.0 -1--1--1--1 6 12.7 サクラプレジデント / サクラジャスパー 栗) 庄野靖志 440 3 3
05 3/4 安藤勝己 56.0 2.07.5 35.4 -8--7--6--6 1 3.0 アグネスタキオン / グレースアドマイヤ 美) 大竹正博 456 9 7
06 クビ 藤岡佑介 56.0 2.07.6 35.4 -7--8--8--6 4 6.0 ダンスインザダーク / ゴールドプライシズライジング 栗) 矢作芳人 468 8 7
07 池添謙一 56.0 2.07.9 36.4 -2--2--2--2 5 12.3 サクラプレジデント / エスプレッシーヴォ 栗) 清水出美 476 4 4
08 武幸四郎 56.0 2.08.4 36.1 -9--9--8--9 8 37.1 ブライアンズタイム / ロスケイ 栗) 岡田稲男 450 2 2
09 13/4 柴原央明 54.0 2.08.7 36.3 -9--9-10-10 11 127.0 フジキセキ / ジェニーソング 栗) 田中章博 410 10 8
10 浜中俊 53.0 2.09.2 37.1 -5--6--6--6 10 107.6 シンボリクリスエス / ワイプザアイ 栗) 鮫島一歩 408 7 6
11 クビ 小林徹弥 56.0 2.09.3 36.8 11-11-11-11 9 83.6 ダンスインザダーク / ビクトリアノニジ 栗) 目野哲也 518 5 5
単勝 1番 (2人) 3.4 枠連 1-6 (3人) 7.9 複勝 1番(1人)
6番(4人)
11番(7人)
1.5
2.0
3.3
ワイド 1-6(3人)
1-11(9人)
6-11(17人)
3.3
7.0
11.9
3連複 1-6-11 (12人) 32.3 馬連 1-6 (3人) 8.8
3連単 1-6-11 (35人) 115.1 馬単 1-6 (4人) 15.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都5Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は2番人気モルガナイト(北村友一騎手)が好位追走から直線抜け出し、3番人気ミッキースポットの追い上げをクビ差抑えて優勝。勝ちタイムは2分6秒7(稍重)。さらに1馬身3/4差で3着に7番人気ルージュバンブーが入った。1番人気に推された良血タクティクスは5着に敗退。
モルガナイトは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牝馬で、父アグネスデジタル、母タンザナイト(母の父サンデーサイレンス)。
~レース後のコメント~
1着 モルガナイト(北村友騎手)
「ゲートの出が悪いのは分かっていました。馬任せで流れに乗れたし、切れると思っていた。完成度はまだまだの馬だし、ここで勝てたのは大きい。この先楽しみです」
(音無師)
「今日はスローな流れで参考にならないね。スタートが悪かったし、これからのことを考えると直していかないとね。前を追いかけずに行けたのは評価出来るよ」
2着 ミッキースポット(デムーロ騎手)
「もう少しハイペースならよかったね。力は感じたよ。次は楽しみだね」
6着 アルスフリーゲン(藤岡佑騎手)
「芝の距離の長いところが合っている。馬込みも我慢出来たし、収穫はあった」ャgニービン)。通算5戦1勝。
~レース後のコメント~
1着 ダノニー(宮崎騎手)
「スタートもよく、道中も折り合いをつけて運べました。少し臆病な面のある馬なので、逃げて後ろからつつかれると最後にもう一度粘ってくれました。この距離で逃げ切ったんですから次が楽しみですよ」
5着 アタゴオーラ(御神本騎手)
「この距離は少し長いですね。2000mくらいがちょうどいいようです。この馬場も少し気にしていました」
7着 ブラストタリスマン(蛯名騎手)
「最後も伸びかけてはいるんだけど、ちょっと引っ掛かってしまいました。途中下も気にしていましたね。距離はこのくらいでも大丈夫です」 />6着 タマモサポート 津村明秀騎手
「手応えが良さそうに見えたかも知れないが、実はダメダメだった。前が開いても出て行こうとしなかった。今日のような走りづらい馬場も影響したのかも」
8着 タケミカヅチ 武豊騎手
「絶好位で流れに乗れたよ。でも、追ってまったく反応が

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する