東京新聞杯(2009/01/31) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
第01回 東京 01日目
11 R
芝・左1600M
曇   不良
GⅢ
サ4上(国)[指] / 別定
第59 回 東京新聞杯
16 頭
15:45発走
本賞金) 4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 525 M
ペース平均:
6
内枠好走:
-2
勝タイム:
1.36.9
前半5F:
59.4
後半3F:
37.5
ペース:ハイ
78 (62+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田中勝春 56.0 1.36.9 36.7 ------11-10 5 11.7 タニノギムレット / プライムステージ 美) 宗像義忠 470 +4 6 3
02 吉田豊 56.0 1.37.1 36.7 ------12-12 15 50.1 サンデーサイレンス / ベガ 栗) 松田博資 448 +2 14 7
03 岩田康誠 56.0 1.37.4 37.2 ------10-10 9 17.0 タニノギムレット / シーセモア 美) 小桧山悟 478 +2 2 1
04 11/4 内田博幸 56.0 1.37.6 37.2 ------12-12 7 15.2 サクラバクシンオー / ディナータイム 美) 栗田博憲 496 +6 4 2
05 クビ 後藤浩輝 56.0 1.37.6 37.6 -------9--7 13 30.7 サクラバクシンオー / フェイムオブラス 美) 古賀慎明 504 +2 7 4
06 クビ 津村明秀 57.0 1.37.7 38.0 -------5--4 1 4.0 タマモクロス / アンサーミー 栗) 藤岡健一 484 +2 12 6
07 11/2 石橋脩 56.0 1.37.9 37.2 ------15-14 14 45.8 エルコンドルパサー / ホワイトウォーターレディ 美) 二ノ宮敬 520 0 10 5
08 3/4 武豊 55.0 1.38.0 38.0 -------7--7 8 15.5 ゴールドアリュール / カズミハルコマ 美) 大江原哲 514 -4 15 8
09 1/2 勝浦正樹 56.0 1.38.1 38.2 -------7--7 6 12.2 エアジハード / ユメシバイ 美) 杉浦宏昭 528 0 3 2
10 クビ 藤田伸二 55.0 1.38.2 38.4 -------6--6 11 26.9 アドマイヤベガ / ロングバージン 美) 戸田博文 438 +8 16 8
11 21/2 福永祐一 57.0 1.38.6 38.0 ------15-14 4 8.8 サンデーサイレンス / シェンク 栗) 河内洋  496 -8 9 5
12 1/2 柴山雄一 56.0 1.38.7 38.1 ------14-14 16 141.0 マヤノトップガン / ゴールデンノヴァ 美) 和田正道 516 +10 8 4
13 アタマ 四位洋文 57.0 1.38.7 39.3 -------1--1 2 4.4 キングヘイロー / ビッグテンビー 栗) 昆貢   468 -2 5 3
14 1/2 ペリエ 56.0 1.38.8 39.2 -------2--2 10 24.6 Rock of Gibraltar / Alisidora 美) 尾関知人 500 0 13 7
15 横山典弘 58.0 1.40.1 40.5 -------2--2 3 8.4 フレンチデピュティ / サイレントプレアー 美) 国枝栄  498 +6 11 6
16 1/2 松岡正海 55.0 1.40.2 40.5 -------4--4 12 28.1 ウォーエンブレム / シャンラン 美) 二ノ宮敬 494 +8 1 1
単勝 6番 (5人) 11.7 枠連 3-7 (14人) 28.3 複勝 6番(6人)
14番(15人)
2番(9人)
4.6
15.3
5.9
ワイド 6-14(88人)
2-6(42人)
2-14(93人)
76.8
31.0
88.0
3連複 2-6-14 (361人) 1,398.3 馬連 6-14 (82人) 271.0
3連単 6-14-2 (2082人) 8,889.6 馬単 6-14 (146人) 430.7
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京11Rの東京新聞杯(4歳以上GIII・芝1600m)は、5番人気アブソリュート(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒9。1馬身差の2着に15番人気キャプテンベガが、2馬身差の3着に9番人気スマイルジャックがそれぞれ入線。
アブソリュートは美浦・宗像義忠厩舎の5歳牡馬で、父タニノギムレット、母プライムステージ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦6勝となった。
レース後のコメント
1着 アブソリュート 田中勝春騎手
「この馬は折り合えば終いは切れてくれるんだ。ただ、最後の直線では手応えが良すぎて、抜け出すのが早すぎるぐらいでした。これまでこの馬の全レースに乗ってきたので、他の人には乗って欲しくないですね。この先も力をつけていってもらいたいと思います」
2着 キャプテンベガ 吉田豊騎手
「ゲートから出して行くと、引っかかってしまうので控えて脚をためて行きました。この道悪の馬場を苦にせず、道中いい感じで行けましたよ。最後いい脚で伸びてくれて交わせるかなぁ、と思いながら追いました。いやぁ、惜しかったなぁ……」
3着 スマイルジャック 岩田康誠騎手
「前走で引っかかったので、今日はフワッと出して行きました。しかし、折り合いに専念しすぎて4コーナーでの仕掛けがワンテンポ遅れてしまいました。力のあるところを見せてくれて、最後差を詰めていただけに悔しいレースでした」
4着 リザーブカード 内田博幸騎手
「行きたがるのを引っ張って抑えるくらい脚をためた方がいい馬のようです。いい脚が一瞬しかないので、気持ちよく行かせてしまうとダメですね。それに今日は馬場も合いませんでした。ノメっていたし、上手ではありませんでした」
5着 ゲイルスパーキー 後藤浩輝騎手
「ジリジリと伸びてはいるけど、左回りは内にササってしまい、伸びが半減してしまいます」
6着 タマモサポート 津村明秀騎手
「手応えが良さそうに見えたかも知れないが、実はダメダメだった。前が開いても出て行こうとしなかった。今日のような走りづらい馬場も影響したのかも」
8着 タケミカヅチ 武豊騎手
「絶好位で流れに乗れたよ。でも、追ってまったく反応がなかったね。頭が低い馬なので、こういう馬場は得意じゃないみたい」
11着 マルカシェンク 福永祐一騎手
「たまに出遅れるんだよなぁ。イヤんなるわ。具合は良かったけど、切れ味で勝負する馬だから外に出しても最後伸びることはなかったよ」
14着 ファストロック O.ペリエ騎手
「前に行ったが直線に向いてからの手応えがなかった。クラスの壁なのでしょうか。オープンならもっと可能性はあると思います」
15着 サイレントプライド 横山典弘騎手
「今日のような重い馬場ではどうしようもないよ。本当にひどい馬場でした」
国枝栄調教師
「この馬場で58キロですから、馬が嫌がっているようでした。この馬は暖かくなってからの方が良いのかも知れません」
16着 ショウナンアルバ 松岡正海騎手
「全然ダメ。追ってからはサッパリでした。トモが踏ん張れないのが原因かも知れません」・藤沢)
ガブリン(牡7歳 栗東・森)
キクノサリーレ(牡4歳 栗東・吉田直)
ゴールデンルーヴェ(牡4歳 栗東・森)
ステキシンスケクン(牡6歳 栗東・森)
タケミカヅチ(牡4歳 美浦・大江原)
ナンヨーヒルトップ(牡4歳 美浦・小笠)
ビクトリーテツニー(牡5歳 栗東・森)
ブラックエンブレム(牝4歳 美浦・小島茂)
ロールオブザダイス(牡4歳 栗東・角居)
ローレルゲレイロ(牡5歳 栗東・昆)
(JRA報道室発表)キ」
(JRA報道室発表)ありましたが、最後まで続きませんでした」
※天皇賞・秋の表彰式でプレゼンターを務めた2008年JRAナビゲーター、蒼井優さんのコメント
「白い誘導馬や緑の芝生などが美しく、すごく高貴な雰囲気のある場所で、多くの人が1つのレースに向けて感情を思いっ切り表現出来る競馬は、最近感じることのなかった興奮があって感動的でした。また、(ウオッカの単勝とダイワスカーレットとの馬連を購入していたので)レースのスタート前からレースが確定するまでの間、ドキドキしっぱなしでしたし、馬券も的中して嬉しかったです」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する