未勝利 (サ3才) 中京 2R 2009/01/25 のレース情報

基本情報
中京ダート・左1700M
第01回 中京 06日目
2 R
ダート・左1700M
晴   稍重
未勝利   サ3才(混) / 馬齢
14 頭
10:20発走
本賞金) 500 - 200 - 130 - 75 - 50 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 410.7 M
image
直線 410.7 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.46.2
前半5F:
1.00.5
後半3F:
39.2
ペース:平均
50 (88-38)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 飯田祐史 56.0 1.46.2 37.4 14-13-12-10 4 18.5 トワイニング / カタリスト 栗) 小野幸治 436 +2 7 5
02 ハナ 田辺裕信 56.0 1.46.2 38.9 -5--3--3--3 1 1.6 アジュディケーティング / パイナップルスター 美) 小西一男 474 0 1 1
03 1/2 橋本美純 56.0 1.46.3 39.2 -2--2--2--2 6 35.1 スペシャルウィーク / マッキーハピネス 栗) 梅田康雄 460 0 4 3
04 21/2 古川吉洋 54.0 1.46.7 39.1 -6--6--4--4 10 133.3 マヤノトップガン / アンファテュエ 美) 高市圭二 472 0 2 2
05 アタマ 千葉直人 53.0 1.46.7 38.5 -8--8--8--8 8 65.4 アドマイヤボス / ジョウノエルニド 栗) 中村均  466 +2 3 3
06 1/2 北村友一 56.0 1.46.8 38.9 -8--8--6--5 5 34.4 クロフネ / トラストトゲピー 栗) 清水出美 454 +2 10 6
07 21/2 中舘英二 56.0 1.47.2 40.2 -1--1--1--1 2 3.5 Canadian Frontier / Glamour Bar 栗) 中竹和也 518 0 12 7
08 13/4 浜中俊 55.0 1.47.5 39.6 -6--6--6--7 7 49.4 キングヘイロー / アヤトリ 栗) 武田博  488 0 5 4
09 1/2 田中健 54.0 1.47.6 39.2 11-11--9--9 14 627.6 ジェニュイン / ボンフェム 栗) 福島信晴 486 -6 9 6
10 10 石橋脩 56.0 1.49.2 41.5 -3--3--4--5 3 7.0 アグネスデジタル / ホッポウマリア 美) 畠山重則 532 0 13 8
11 1/2 芹沢純一 56.0 1.49.3 40.7 11-11-10-11 11 300.8 サクラローレル / ビビッドアイ 栗) 田所秀孝 482 -2 11 7
12 丹内祐次 56.0 1.50.0 41.1 -3--3-13-13 13 464.3 ホワイトマズル / フォースエネミー 美) 柴崎勇  484 -4 6 4
13 1/2 川島信二 56.0 1.50.1 41.5 10-10-10-12 9 91.6 コロナドズクエスト / ダイモンジ 栗) 西園正都 496 -4 14 8
14 大差 安藤光彰 56.0 1.52.2 41.7 13-13-14-14 12 364.4 フサイチコンコルド / カルストンジェンヌ 栗) 大根田裕 522 +2 8 5
単勝 7番 (4人) 18.5 枠連 1-5 (5人) 9.4 複勝 7番(4人)
1番(1人)
4番(6人)
3.1
1.1
5.4
ワイド 1-7(4人)
4-7(16人)
1-4(5人)
4.6
18.8
6.6
3連複 1-4-7 (13人) 36.4 馬連 1-7 (3人) 9.9
3連単 7-1-4 (87人) 330.2 馬単 7-1 (12人) 36.0
該当なし
レース後のコメント

レース後のコメント
1着 クオリティタイム 飯田祐史騎手
「いくらかでもゲートで我慢できるようになってきました。集中力が続かないタイプなので、その集中力を終いに生かす競馬を心掛けました。自分の脚は必ず使ってくれますし、スタイルは出来てきましたね」
2着 ローレルセラヴィ 田辺裕信騎手
「勝ったと思ったんですが・・・。直線で2頭の間を狙ったら狭くなってしまって、外に切り返すロス。その差でしょうね」
3着 マッキーガリウム 橋本美純騎手
「これだけ時計を詰めて走れたのですから、ようやく本物になってきましたね」
4着 クリノマックス 古川吉洋騎手
「ペースが速くなるそうだったので控えましたが、この時計でよく頑張っていますよ」
中京3Rの3歳未勝利戦(芝2000m)は、1番人気ナリタプラチナ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒2。半馬身差の2着に6番人気ラムタムタガーが、半馬身差の3着に3番人気ティアップノブレスがそれぞれ入線。
ナリタプラチナは栗東・中尾秀正厩舎の3歳牡馬で、父ダンスインザダーク、母ダイヤモンドジェム(母の父ドクターデヴィアス)。通算成績は4戦1勝となった。
賞、オークスとも2着だったので、何とか今度こそと思っています。」
(取材:小林雅巳)ノニューヨーク郊外のベルモントパーク競馬場のダート2400メートルで行われる。 />シングライクバード
スペルバインド
ポルトフィーノ
マルティンスターク
ヤサシイキモチ
ライムキャンディ
(JRA発表による)で楽について行ければ良かったのですが……」た。本番も頑張ってくれると思います。
取材:檜川彰人です」優先出走権が与えられている。
(JRA報道室発表、地方競馬全国協会ウェブサイトによる)張りましょう。」
3着 パノラマビューティ (御神本騎手)
「前走は不利があって実力ではなかったからね。今日は前回よりも出応えを感じていると関係者から言われてもいたんだよ。このメンバーを相手にこれだけ走って、今日は実力を証明できたからこの後が楽しみになったよ。」
(取材:小林雅巳)合がよく、良い反応を見せてくれました。3回勝ったなかで今回が最も楽でしたね。声援ありがとうござ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する