アレキサンドライトステークス(2009/01/24) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
開催
第01回 中山07日目
コース
中山ダート・右1800M
クラス
1600万特別(定量
レースNO
11 R
天候馬場
晴 不
条件
サ4上(混)[指]
頭数
11
発走時刻
15:35
本賞金(万
1,780 - 710 - 450 - 270 - 178
レース名
アレキサンドライトステークス 
コース・ラップ
スローペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.49.9
スローペース
-85 (-67-18)
前半5F:
1.02.2
後半3F:
35.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 56.0 1.49.9 35.3 -2--2--2--2 1 1.2 Mineshaft / Better Than Honour 美) 藤沢和雄 508 -22 10 8
02 31/2 後藤浩輝 57.0 1.50.5 35.6 -4--4--4--3 3 12.6 クロフネ / ルビア 地) 堂山芳則 526 -4 8 7
03 1/2 内田博幸 57.0 1.50.6 35.8 -4--4--4--3 2 6.5 Fusaichi Pegasus / Antique Auction 美) 松山康久 528 -2 2 2
04 松岡正海 57.0 1.50.9 36.2 -2--3--3--3 4 15.1 チーフベアハート / エジンバラシチー 美) 相沢郁  438 0 11 8
05 クビ 横山典弘 57.0 1.50.9 36.1 -6--6--4--6 5 26.6 クロフネ / フラワーフェア 美) 鈴木伸尋 470 +4 4 4
06 11/2 木幡初広 57.0 1.51.1 36.5 -1--1--1--1 11 201.9 グラスワンダー / プリティーサンサン 美) 宗像義忠 506 +16 7 6
07 11/4 勝浦正樹 57.0 1.51.3 36.2 -8--9--7--7 10 162.8 ダンスインザダーク / スーア 地) 桜田浩三 500 -6 5 5
08 11/4 田中勝春 54.0 1.51.5 35.8 10-10-10-10 9 90.4 デヒア / コパノオマモリ 美) 古賀慎明 488 0 3 3
09 蛯名正義 55.0 1.51.8 36.8 -7--7--7--7 6 50.0 ステイゴールド / キョウエイセオリー 栗) 佐山優  500 +2 1 1
10 クビ 吉田豊 56.0 1.51.9 36.1 11-11-10-11 7 52.9 フレンチデピュティ / メジロビクトリア 美) 大久保洋 510 +2 9 7
11 クビ 三浦皇成 57.0 1.51.9 36.9 -8--7--7--7 8 64.7 タヤスツヨシ / ジェラート 美) 奥平雅士 498 -12 6 6
~払い戻し~
単勝 10番 (1人) 1.2 枠連 7-8 (2人) 3.9 複勝 10番(1人)
8番(4人)
2番(2人)
1.1
1.7
1.2
ワイド 8-10(3人)
2-10(1人)
2-8(6人)
2.4
1.5
3.6
3連複 2-8-10 (2人) 5.6 馬連 8-10 (3人) 5.9
3連単 10-8-2 (4人) 18.4 馬単 10-8 (3人) 6.9
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


中山11Rのアレキサンドライトステークス(4歳以上1600万下・ダート1800m)は、1番人気カジノドライヴ(安藤勝己騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒9。3馬身半差の2着に3番人気ダイワルビアが、半馬身差の3着に2番人気ドリーミーペガサスがそれぞれ入線。
カジノドライヴは美浦・藤沢和雄厩舎の4歳牡馬で、父Mineshaft、母Better Than Honour(母の父Deputy Minister)。通算成績は6戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 カジノドライヴ 安藤勝己騎手
「4コーナーでスピードを出して滑っちゃったけど、その後は楽な感じで行けた。この馬は力が違うね。右回りも慣れれば大丈夫だと思いますが、左回りのコースの方が合っているかも知れません」
2着 ダイワルビア 後藤浩輝騎手
「道中、思ったよりも流れが落ち着いてしまいましたね。競馬のしやすい馬ですが、クラスが上がってさらに競馬がしやすくなりました」
3着 ドリーミーペガサス 内田博幸騎手
「今日はスタートも良かったし、いいところにつけられました。競馬のしやすい馬ですね。走りますよ」
4着 パピヨンシチー 松岡正海騎手
「早めに勝ち馬をマークして行って、苦しい展開になりながらもよく頑張っています」ュり行きたかったのですが、折り合いを欠いてしまって……。その分、終い伸びませんでした」bデーを実現すべく努力してまいる所存ですので、ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
(JBC実行委員会の発表による)馬では7戦して未勝利)となった。うに、力をつけてきているよ」
3着 12番ミヤビランベリ(吉田豊騎手)
「右回りは走るね。本当はもう少し後ろが牽制してくれると良かったけど、いいペースで流れていたし、後ろから早めについて来られたからね……。ま、この時計でよく頑張っていたと思う」
4着 4番マイネルキッツ(松岡正海騎手)
「もう少し前に行きたかったが、行けなかった。最後伸びているだけに残念です」
6着 2番オペラブラーボ(蛯名正義騎手)
「道中はスムーズに運べたのですが、4コーナーの出口でちょっとモタついて、そこで前と離されてしまいました。直線の短い中山で、ああして離されたのは痛かったですね。でも、そんなに大きく負けたわけではないですし、重賞で強い馬とモマれれば変わってくると思います。まだまだ良くなる

予想動画
関連記事
関連つぶやき