日経新春杯(2009/01/18) のレース情報

基本情報
京都芝・右外2400M
第01回 京都 06日目
11 R
芝・右外2400M
雨  
GⅡ
サ4上(国)[指] / ハンデ
第56 回 日経新春杯
16 頭
15:45発走
本賞金) 5,800 - 2,300 - 1,500 - 870 - 580 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
ペース平均:
9
内枠好走:
6
勝タイム:
2.26.6
前半5F:
1.01.1
後半3F:
36.6
ペース:平均
58 (-2+60)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 荻野琢真 49.0 2.26.6 36.6 -1--1--1--1 11 34.4 パラダイスクリーク / フェリアード 栗) 五十嵐忠 502 -4 10 5
02 31/2 小牧太 56.0 2.27.2 35.3 12-12-14-14 3 5.4 チーフベアハート / ビストロドゥパリ 栗) 福島信晴 482 +6 8 4
03 1/2 藤岡佑介 52.0 2.27.3 35.8 -8--8--9--6 4 6.3 マヤノトップガン / タガノピアース 栗) 宮徹   432 -4 7 4
04 1/2 秋山真一 53.0 2.27.4 36.1 -8--8--6--3 9 20.2 クロフネ / オーバルカット 栗) 鮫島一歩 456 0 5 3
05 クビ 川田将雅 58.0 2.27.4 35.7 15-15--9--9 2 4.7 ドリームウェル / スプリットザナイト 栗) 松田博資 484 +16 15 8
06 ハナ 岩田康誠 54.0 2.27.4 36.0 -5--5--6--6 8 18.4 マンハッタンカフェ / アンノウンウォーターズ 栗) 西橋豊治 476 +20 2 1
07 クビ 武幸四郎 54.0 2.27.5 35.9 -8--8-13-11 1 4.1 ジャングルポケット / アドマイヤセラヴィ 栗) 岡田稲男 486 +6 1 1
08 3/4 西田雄一 53.0 2.27.6 36.5 -2--3--2--2 6 15.9 フサイチソニック / ドリームストーリー 栗) 鈴木孝志 510 0 12 6
09 31/2 幸英明 55.0 2.28.2 36.9 -7--5--4--5 12 41.5 メジロブライト / シンミスアンサー 栗) 新川恵  506 +8 16 8
10 1/2 和田竜二 54.0 2.28.3 37.1 -4--4--4--3 7 17.9 マヤノトップガン / ネスカベミューズ 栗) 村山明  478 +2 13 7
11 デムーロ 54.0 2.29.0 37.2 16-16-14-11 10 22.7 サンデーサイレンス / アグネスセレーネー 栗) 長浜博之 506 +6 9 5
12 13/4 四位洋文 53.0 2.29.3 37.6 -5--5--9-14 15 107.7 エルコンドルパサー / マクダヴィア 栗) 安田隆行 500 -4 6 3
13 クビ 池添謙一 53.0 2.29.3 37.8 12-13--6--9 13 73.5 ステイゴールド / フェアリーベル 栗) 川村禎彦 456 -2 3 2
14 クビ 渡辺薫彦 54.0 2.29.4 37.4 14-13-14-14 16 191.4 ダンスインザダーク / シスタートウショウ 栗) 鶴留明雄 454 -10 14 7
15 13/4 武豊 54.0 2.29.7 38.0 -8--8--9-11 5 10.2 ステイゴールド / ケイアイベール 栗) 五十嵐忠 414 +2 11 6
16 大差 吉田豊 52.0 2.32.6 41.4 -2--2--2--6 14 83.2 メジロライアン / メジロビユーテイー 美) 大久保洋 490 0 4 2
単勝 10番 (11人) 34.4 枠連 4-5 (10人) 26.9 複勝 10番(11人)
8番(3人)
7番(4人)
6.2
2.1
2.3
ワイド 8-10(39人)
7-10(38人)
7-8(4人)
30.0
29.8
6.3
3連複 7-8-10 (75人) 224.6 馬連 8-10 (47人) 151.9
3連単 10-8-7 (637人) 2,135.7 馬単 10-8 (109人) 413.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都11Rの第56回日経新春杯(GIIハンデ・芝2400m)は軽量49キロの11番人気テイエムプリキュア(荻野琢真騎手)が優勝、05年阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)以来久々の勝利を重賞勝ちで飾った。スタートから先手を奪い、道中は一人旅。後続に5馬身以上の差をつけて直線に向くと最後まで逃げ脚衰えず、後方から追い込んだ3番人気ナムラマースに3馬身1/2差をつけた。勝ちタイムは2分26秒6(良)。さらに1/2馬身差で3着に4番人気タガノエルシコが入った。1番人気ヒカルカザブエは7着、2番人気アドマイヤモナークは5着にそれぞれ敗れた。
テイエムプリキュアは栗東・五十嵐忠厩舎の6歳牝馬で、父パラダイスクリーク、母フェリアード(母の父ステートリードン)。通算28戦4勝。
~レース後のコメント~
1着 テイエムプリキュア(荻野騎手)
「調教師からは、3コーナーの頂上から早めにスパートしていけ、と言われていた。長くいい脚を使える馬ですが、最後は必死に追いました。同期の宮崎君も愛知杯を勝っていたし、僕もと思っていました」
2着 ナムラマース(小牧騎手)
「走るわ、ホントこの馬。この前は後ろから行って何もしなかったけど、今日は気持ち動かして行った。でも何もしない方がいいね。中途半端はダメ。何も小細工をしない方がいいよ。次は京都記念になると思うけど、次は決められるよ…」
5着 アドマイヤモナーク(川田騎手)
「もっと流れてくれるとよかったけど、これだけ落ち着いてしまうと苦しいね。終い伸びているんだけどね」
7着 ヒカルカザブエ(武幸騎手)
「馬は大分幅も出てきて男馬らしくなってきたね。ただ1枠がアダになったね。前が動かないし、内に入り込んでまったく自分の馬も動くことが出来なかった」
15着 マイネレーツェル(武豊騎手)
「距離が長いね。3コーナーで一気に手応えが悪くなってしまったね」闕№「ました。距離も問題ありませんでしたね。ただ、伸びそうでじれったいところはあります」r />※15日(木)までに選定された馬が辞退した場合は、それぞれの地方の区分ごとに繰り上がる。
※16日(金)以降に辞退馬が出た場合は、南関東の補欠馬が繰り上がる。
(TCK特別区競馬組合発表などによる)、んですけど、気ムラな面があるかもしれません。ちょっと分かりませんね」まいました。展開のアヤもありますし、仕方ありません」
14着 カイテキプリン(後藤騎手)
「不利が大きく、レースになりませんでした」
15着 ダイワバーガンディ(北村宏騎手)
「状態はよさそうで、馬は落ち着いていたし、折り合いもついていたのですが、他馬にぶつけられてゴチャつき、競馬になりませんでした」
~アラカルト~
●福永騎手、13年連続JRA重賞制覇
福永祐一騎手のJRA重賞勝利は、昨年の阪神カップ(マルカフェニックス)以来で通算66勝目。デビュー翌年(97年)から13年連続でのJRA重賞勝利となった。
●藤原英昭調教師、重賞19勝目
藤原英昭調教師のJRA重賞勝利は、昨年のステイヤーズS(エアジパング)以来で通算19勝目。
●アグネスタキオン産駒
アグネスタキオン産駒のJRA重賞勝利は、昨年の有馬記念(ダイワスカーレット)以来で通算25勝目。カるペースでした。前について行けなかったね。無理して行きたくなかったし、位置取りも難しかった。あの位置からでは勝った馬には届かないよ」
8着 9番メイショウサムソン(武豊騎手)
「本当にキツ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する