新馬 (サ3才) 中山 3R 2009/01/18 のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
第01回 中山 06日目
3 R
ダート・右1800M
晴  
新馬   サ3才(混)[指] / 馬齢
16 頭
11:00発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
image
直線 308 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.58.4
前半5F:
1.04.7
後半3F:
40.6
ペース:平均
39 (57-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 56.0 1.58.4 39.8 -6--7--6--5 10 52.0 ホワイトマズル / ニュイブランシュ 美) 畠山吉宏 498 9 5
02 3/4 福永祐一 56.0 1.58.5 40.4 -2--2--2--2 3 5.7 ゴールドアリュール / フックライン 美) 南田美知 514 16 8
03 31/2 田中勝春 56.0 1.59.1 40.8 -3--3--3--3 4 6.7 ゴールドアリュール / エナジーストーン 美) 久保田貴 494 15 8
04 津村明秀 56.0 2.00.0 41.7 -6--5--3--3 14 238.7 メジロライアン / ヒナゲシ 美) 萱野浩二 452 12 6
05 アタマ 三浦皇成 55.0 2.00.0 42.2 -1--1--1--1 2 3.8 ティンバーカントリー / タックスヘイブン 美) 矢野英一 538 1 1
06 ハナ 江田照男 56.0 2.00.0 40.6 15-15-11--9 6 14.7 ティンバーカントリー / キネレア 美) 平井雄二 492 5 3
07 11/4 吉田隼人 56.0 2.00.2 41.3 10--8--8--7 9 26.8 ジョリーズヘイロー / ハニーウィラブユー 美) 藤原辰雄 492 10 5
08 ハナ 藤田伸二 56.0 2.00.2 40.7 14-13-11-12 8 20.4 ゴールドアリュール / シルクフェニックス 美) 池上昌弘 466 4 2
09 松岡正海 56.0 2.01.0 42.5 -3--3--5--6 1 3.1 フサイチコンコルド / ワールドブラッド 美) 相沢郁  536 2 1
10 クビ 菊沢隆徳 56.0 2.01.1 41.0 16-16-14-13 12 125.2 シルバーチャーム / ウェディングハニー 美) 戸田博文 498 3 2
11 丹内祐次 56.0 2.01.9 42.9 11-11--8--7 16 295.4 エアジハード / テンザンタカネ 美) 清水美波 470 11 6
12 3/4 武士沢友 56.0 2.02.0 41.5 13-14-16-15 13 200.3 スターリングローズ / アサクサメヌエット 美) 水野貴広 494 8 4
13 北村宏司 56.0 2.02.7 43.9 -3--5--7-10 5 12.9 ムーンバラッド / サンライズモーニング 美) 伊藤伸一 480 13 7
14 1/2 勝浦正樹 56.0 2.02.8 43.6 11-11-10-11 7 17.3 ビワシンセイキ / ホクトジョーオー 美) 柴崎勇  516 14 7
15 伊藤工真 53.0 2.04.3 44.6 -8--8-13-13 11 54.3 ワイルドラッシュ / サイレーン 美) 後藤由之 474 6 3
16 大差 中谷雄太 56.0 2.49.9 89.8 -8--8-14-16 15 256.8 ダイタクリーヴァ / ヤマノロザリア 美) 佐々木亜 514 7 4
単勝 9番 (10人) 52.0 枠連 5-8 (10人) 30.1 複勝 9番(10人)
16番(3人)
15番(4人)
12.2
2.3
2.7
ワイド 9-16(35人)
9-15(37人)
15-16(5人)
34.6
38.6
6.3
3連複 9-15-16 (61人) 232.1 馬連 9-16 (27人) 88.9
3連単 9-16-15 (552人) 2,916.5 馬単 9-16 (77人) 415.0
該当なし
レース後のコメント


中山3Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は道中5~6番手を追走した10番人気オウシュウプレイ(蛯名正義騎手)が直線鋭く脚を伸ばし、先に抜けた3番人気カズノロマンをゴール前3/4馬身捉えて優勝。勝ちタイムは1分58秒4(良)。さらに3馬身1/2差で3着に4番人気ドラゴンマウンテンが入り、1番人気クリールラッキーは9着に終わった。
オウシュウプレイは美浦・畠山吉宏厩舎の3歳牡馬で、父ホワイトマズル、母ニュイブランシュ(母の父バブルガムフェロー)。
~レース後のコメント~
1着 オウシュウプレイ(蛯名騎手)
「初めは窮屈なところがあったけど、途中からうまく流れに乗ったね。一生懸命走る馬でダートも合うのかな。正直届くか分からなかったけど、直線半ばで前が止まったのが分かって、これならと思ったね。まだ全体的に緩いし、道中の緩急がつかず、反応よく行かないのでこれからだね」
2着 カズノロマン(福永騎手)
「スローペースなので逃げたアンシャンレジームとのマッチレースになるかと思ったよ。相手が意外なぐらいに急にバテたので、こっちも最後脚が上がってしまった。でもセンスはいいよ」
5着 アンシャンレジーム(三浦騎手)
「道中折り合いもついて、ペースが落ち着いていいかなと思ったんだけど、外に並ばれたらバタッと止まってしまいました。もっとこれから色々試してみたいですね」北村友騎手)
「所々で左にササっていましたし、真剣に走っていません。幼さが残りますね。使ってしっかりしてくれば良くなると思います」スが、このクラスでも通用しますよ」ジャパンカップで2着となったディープスカイが121でトップ。菊花賞が重賞初勝利となったオウケンブルースリが119で2位となり、皐月賞を逃げ切ったキャプテントゥーレが114で3位となっている。
<3歳・ダート>
 ジャパンダートダービーを制し、古馬相手のJBCクラシックで2着だったサクセスブロッケンが114でトップ。アメリカのピーターパンステークス(GII)を制したカジノドライヴが113で2位。3位は110のスマートファルコン
<2歳>
 朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬のセイウンワンダーとラジオNIKKEI杯2歳ステークスの勝ち馬のロジユニヴァースがともに112でトップ。3位は111のフィフスペトル。全日本2歳優駿を制したスーニが110で4位(ダートではトップ)となっている。
(NARのホームページ及びJRA報道室発表のリリースによる)[ト1800m)】
アークビスティー(牡3歳 栗東・矢作)
アースリヴィング(牝3歳 美浦・小

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する