未勝利 (サ3才) 中山 1R 2009/01/18 のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
第01回 中山 06日目
1 R
ダート・右1200M
曇  
未勝利
サ3才(混)[指] / 馬齢
16 頭
10:00発走
本賞金) 500 - 200 - 130 - 75 - 50 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
ペース平均:
32
内枠好走:
-7
勝タイム:
1.12.9
前半5F:
59.1
後半3F:
38.3
ペース:平均
30 (123-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 三浦皇成 55.0 1.12.9 38.3 -------1--1 1 1.4 スマートボーイ / ディアグランド 美) 伊藤圭三 462 0 2 1
02 武士沢友 54.0 1.14.2 39.5 -------2--2 3 11.3 アグネスワールド / ダイアントウショウ 美) 戸田博文 468 -2 13 7
03 木幡初広 54.0 1.14.4 39.7 -------2--2 13 119.6 マイネルラヴ / ユメノラッキー 美) 杉浦宏昭 410 -4 11 6
04 3/4 松岡正海 56.0 1.14.5 39.5 -------6--6 6 34.3 アドマイヤボス / ビガートウショウ 美) 土田稔  474 -10 16 8
05 21/2 小林淳一 56.0 1.14.9 39.7 -------9--8 11 90.9 Tiznow / イッツクリス 美) 尾形充弘 466 +6 7 4
06 クビ 江田照男 54.0 1.15.0 39.4 ------10-10 10 70.7 スウェプトオーヴァーボード / ヘリオトロープ 美) 中川公成 392 0 10 5
07 アタマ 小野次郎 54.0 1.15.0 39.1 ------12-11 16 371.2 アサティス / レーシングハート 美) 保田一隆 452 -8 4 2
08 クビ 北村宏司 56.0 1.15.1 38.9 ------13-14 15 324.3 トウカイテイオー / テンビーエース 美) 菅原泰夫 432 +2 15 8
09 13/4 伊藤工真 53.0 1.15.4 40.3 -------8--9 8 53.2 キャプテンスティーヴ / オルガナイザー 美) 岩戸孝樹 452 -4 12 6
10 1/2 吉田隼人 54.0 1.15.5 40.8 -------2--2 5 17.8 コロナドズクエスト / ドクターベローナ 美) 小野次郎 460 +4 8 4
11 クビ 福永祐一 56.0 1.15.6 39.4 ------13-11 9 65.1 トワイニング / キスミーキャンドル 美) 畠山吉宏 442 +4 9 5
12 蛯名正義 54.0 1.16.3 41.3 -------6--6 7 53.0 シルバーチャーム / コウウン 美) 松永康利 472 -8 6 3
13 クビ 村田一誠 54.0 1.16.3 40.7 ------10-11 12 116.4 マリエンバード / エメラルドグラス 美) 田子冬樹 478 +4 1 1
14 クビ 内田博幸 54.0 1.16.4 41.5 -------5--5 2 5.7 Fusaichi Pegasus / Tap Your Heels 栗) 森秀行  462 -2 3 2
15 3/4 宮崎北斗 51.0 1.16.5 40.0 ------15-15 14 300.7 カリズマティック / ロンドンチェルシー 美) 中島敏文 426 0 14 7
16 11/2 郷原洋司 56.0 1.16.7 39.6 ------16-16 4 12.4 デヒア / エンジェルライト 美) 菊沢隆徳 528 -2 5 3
単勝 2番 (1人) 1.4 枠連 1-7 (3人) 6.3 複勝 2番(1人)
13番(3人)
11番(9人)
1.1
2.1
9.6
ワイド 2-13(2人)
2-11(12人)
11-13(39人)
3.1
12.5
55.2
3連複 2-11-13 (29人) 97.6 馬連 2-13 (3人) 6.2
3連単 2-13-11 (63人) 232.3 馬単 2-13 (3人) 8.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

レース後のコメント~
1着 アクセルボーイ(三浦騎手)
「楽にハナに行けて外から他の馬に競られても集中力を切らせることなく走っていました。1頭抜けて気を抜いてしまうことだけ気をつけました。後はカリカリして難しいところのある馬ですが、厩舎の人がしっかりと調整してくれましたね」
2着 ブリッジトウショウ(武士沢騎手)
「今日はスタートがスムースで好位につけられました。勝ち馬とは離されましたが、力通りの堅実なレースをしてくれました。近いうちにチャンスは来ますよ」
4着 トウショウクロノス(松岡騎手)
「初めて乗りましたがセンスのいい馬ですよ。でも芝の方がいいかもしれませんね」 
中山2Rの3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1800m)は先行した2番人気マチカネセキガハラ(横山典弘騎手)が1番人気テクニカルランの追い上げをハナ差退けて優勝。勝ちタイムは1分58秒5(良)。
マチカネセキガハラは美浦・伊藤正徳厩舎の3歳牝馬で、父フジキセキ、母マチカネチコウヨレ(母の父Deputy Minister)。通算4戦1勝。
~/>4着 カノヤトップレディ 北村友一騎手
「ゲートを五分に出て、馬場のいいところを通れたのですが、勝ち馬が強かったですね。ただ、ゲートを五分に出られたのは収穫でしたし、ブリンカーも効いたようで行きっぷりもよく、スムーズなレースができました。内容的には良かったと思います」
5着 エリモサリュート 田嶋翔騎手
「久々の1200m戦でやや戸惑っていましたが、この距離の方が乗りやすいですね。馬群について行けましたからね」ワールドワイド 上村洋行騎手
「2戦目で行きっぷりが一変しました。道中もずっと手応えがよかったですし。近いうちにこのクラスでも勝ち負けになりそうですよ」勝浦正樹騎手
「1200mでは忙しい感じでした。マイルの方が競馬はしやすいですね。道中も折り合いました。距離も問題ありませんでしたね。ただ、伸びそうでじれったいところはあります」r />※15日(木)までに選

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する