花見小路特別(2009/01/17) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1600M
第01回 京都 05日目
9 R
芝・右外1600M
曇  
2勝クラス特別   サ4上(混)[指] / 定量
花見小路特別
13 頭
14:40発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
image
直線 404 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.34.7
前半5F:
58.9
後半3F:
35.8
ペース:平均
31 (15+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 四位洋文 57.0 1.34.7 34.8 -------7--5 2 3.5 マーベラスサンデー / ユーワオトメ 栗) 昆貢   490 0 9 6
02 3/4 藤田伸二 56.0 1.34.8 35.1 -------5--5 1 2.4 マンハッタンカフェ / グランスオークス 栗) 本田優  464 +4 2 2
03 13/4 小牧太 57.0 1.35.1 34.7 ------13-12 12 154.2 High Yield / See You 栗) 沖芳夫  520 +16 6 5
04 アタマ 福永祐一 57.0 1.35.1 35.2 -------7--8 5 9.2 エルコンドルパサー / ゴッドインチーフ 栗) 坂口正大 464 -2 10 7
05 岩田康誠 57.0 1.35.3 35.1 ------10-10 8 28.5 サンデーサイレンス / ガゼルロワイヤル 栗) 友道康夫 498 0 12 8
06 クビ 池添謙一 55.0 1.35.3 36.4 -------1--1 6 16.3 タイキシャトル / ソルトレイクブルー 栗) 西浦勝一 490 -6 13 8
07 3/4 藤岡佑介 57.0 1.35.5 35.3 ------10-10 3 7.4 アグネスタキオン / アグネスチーアフル 栗) 藤岡健一 476 +4 11 7
08 アタマ 武幸四郎 55.0 1.35.5 35.2 ------10-12 10 112.4 フジキセキ / ビアンキ 栗) 中尾正  450 0 3 3
09 1/2 幸英明 56.0 1.35.6 35.7 -------7--8 7 19.2 メイショウドトウ / メイショウマロニエ 栗) 高橋義忠 490 +6 1 1
10 13/4 秋山真一 54.0 1.35.9 36.3 -------3--2 4 8.8 Cryptoclearance / Fickle Friends 栗) 大久保龍 420 +6 7 5
11 13/4 川田将雅 55.0 1.36.2 36.5 -------5--5 11 132.8 アフリート / ローズオブスズカ 栗) 橋田満  440 +4 5 4
12 3/4 熊沢重文 57.0 1.36.3 36.8 -------3--2 9 63.7 マイネルラヴ / スイートアレキサンドラ 栗) 鈴木孝志 472 +6 8 6
13 11/2 小林徹弥 57.0 1.36.5 37.2 -------2--2 13 213.1 エリシオ / シゲルマジックロンプ 栗) 小原伊佐 492 +4 4 4
単勝 9番 (2人) 3.5 枠連 2-6 (1人) 3.6 複勝 9番(2人)
2番(1人)
6番(11人)
1.4
1.2
17.2
ワイド 2-9(1人)
6-9(40人)
2-6(36人)
1.9
55.1
40.1
3連複 2-6-9 (46人) 160.8 馬連 2-9 (1人) 3.7
3連単 9-2-6 (175人) 605.5 馬単 9-2 (2人) 8.8
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都9Rの花見小路特別(4歳以上1000万下・芝1600m)は、2番人気ノープロブレム(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒7。3/4馬身差の2着に1番人気ダンツホウテイが、1馬身3/4差の3着に12番人気エイシンインパールがそれぞれ入線。
ノープロブレムは栗東・昆貢厩舎の6歳牡馬で、父マーベラスサンデー、母ユーワオトメ(母の父ナリタブライアン)。通算成績は18戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 ノープロブレム 四位洋文騎手
「全くの初めてでしたが、藤田騎手から乗りやすい馬と聞いていました。スタートがあまり良くなかったのですが、それがかえってよく、うまくインコースに潜り込めました。直線でもよく弾けてくれました」
2着 ダンツホウテイ 藤田伸二騎手
「これぐらいの距離がレースしやすいですね。すぐにチャンスは巡ってくるでしょう」
3着 エイシンインパール 小牧太騎手
「この馬、いつも最後はやめてしまうんですよね。力はあるんですが……。気持ちひとつだと思います」
4着 ゴッドスマイルユー 福永祐一騎手
「いいスタートでしたが、外々に回らされて、その差でしょうか。あと頭を上げてモタれていましたね……」
6着 トシザユカ 池添謙一騎手
「先手を取り切るまでに脚を使っちゃいました。もう少し内なら違っていたと思います」れたと思ったら、こわがってしまって。まだ若いというか、こわがりですね。一度使って変わってくれるとは思うんですけどね」の変則2冠馬であり、古馬を相手にジャパンカップで2着となったディープスカイが121でトップ。菊花賞が重賞初勝利となったオウケンブルースリが119で2位となり、皐月賞を逃げ切ったキャプテントゥーレが114で3位となっている。
<3歳・ダート>
 ジャパンダートダービーを制し、古馬相手のJBCクラシックで2着だったサクセスブロッケンが114でトップ。アメリカのピーターパンステークス(GII)を制したカジノドライヴが113で2位。3位は110のスマートファルコン
<2歳>
 朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬のセイウンワンダーとラジオNIKKEI杯2歳ステークスの勝ち馬のロジユニヴァースがともに112でトップ。3位は111のフィフスペトル。全日本2歳優駿を制したスーニが110で4位(ダートではトップ)となっている。
(NARのホームページ及びJRA報道室発表のリリースによる)[ト1800m)】
アークビスティー(牡3歳 栗東・矢作)
アースリヴィング(牝3歳 美浦・小笠)
オセアニアボス(牡4歳 栗東・矢作)

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する