未勝利 (サ3才) 中山 2R 2009/01/17 のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
開催
第01回 中山05日目
コース
中山ダート・右1800M
クラス
未勝利(馬齢
レースNO
2 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才[指]
頭数
12
発走時刻
10:40
本賞金(万
500 - 200 - 130 - 75 - 50
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.56.9
平均ペース
29 (47-18)
前半5F:
1.04.2
後半3F:
39.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 56.0 1.56.9 39.9 -3--3--2--1 1 1.1 ゴールドアリュール / ドルスクダンサー 美) 奥平雅士 518 +4 12 8
02 宮崎北斗 53.0 1.58.0 40.7 -6--5--4--4 3 11.7 スキャン / グレースグロリアス 美) 和田正一 490 0 6 5
03 北村宏司 56.0 1.58.7 41.7 -1--1--1--2 4 15.0 ネオユニヴァース / ウェスタースケルド 美) 田中清隆 492 -6 1 1
04 アタマ 松岡正海 56.0 1.58.7 41.0 -7--7--6--6 5 52.7 ニューイングランド / メジロカンナ 美) 河野通文 470 0 8 6
05 21/2 大庭和弥 56.0 1.59.1 40.6 -9--9--9--9 6 77.1 アフリート / シルキーティアラ 美) 加藤和宏 470 0 2 2
06 11/4 蛯名正義 56.0 1.59.3 42.0 -4--5--4--4 2 9.3 シンボリクリスエス / ミスティックアイズ 美) 戸田博文 488 +4 10 7
07 木幡初広 56.0 1.59.8 42.8 -2--2--2--2 8 160.2 ゼンノエルシド / サファイアビコー 美) 根本康広 428 -2 11 8
08 高橋智大 56.0 2.00.5 42.3 -7--8--8--7 7 108.5 ミラクルアドマイヤ / デルマエッセンス 美) 中野渡清 434 -2 9 7
09 丹内祐次 56.0 2.01.2 43.5 -4--4--6--7 10 264.5 アドマイヤボス / シロヤマジェザベル 美) 浅野洋一 470 0 3 3
10 3/4 鷹野宏史 56.0 2.01.3 41.0 12-12-12-12 9 165.5 チーフベアハート / ティーボール 美) 菊川正達 464 -2 5 5
11 土谷智紀 54.0 2.02.0 43.3 -9--9-10-10 11 314.1 コマンダーインチーフ / オンワードトキワ 美) 古賀慎明 414 -2 4 4
12 31/2 村田一誠 56.0 2.02.6 44.0 11-11-10-10 12 378.5 ジョリーズヘイロー / ダンシングバラード 美) 岩城博俊 446 +2 7 6
~払い戻し~
単勝 12番 (1人) 1.1 枠連 5-8 (1人) 2.6 複勝 12番(1人)
6番(2人)
1番(4人)
1.0
1.3
1.9
ワイド 6-12(1人)
1-12(3人)
1-6(7人)
1.4
2.1
4.4
3連複 1-6-12 (2人) 5.4 馬連 6-12 (1人) 2.9
3連単 12-6-1 (3人) 11.6 馬単 12-6 (1人) 3.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント

レース後のコメント
1着 ヒゼンリバイバル 奥平雅士調教師
「妙な格好で走るところがありましたね。まだ手前の変え方などがぎこちないんですが、それで勝ってしまうんですから大したものです。脚が少し曲がっていて、もともと夏にはデビューさせるはずが、10月にずれこんでしまいました。まだトモに力がつききっていないので、そのあたりも影響しているのでしょう。これで少し間をあけて、じっくりと鍛えていきたいですね」
2着 ステルススキャン 宮崎北斗騎手
「エンジンのかかりが遅いんですね。勝った馬に前々で競馬をされてしまうと苦しいですね。それでも乗りやすい馬ですし、一戦ごとに良くなっていますよ」
6着 アイズオブゾロ 蛯名正義騎手
「向正面あたりまではいい感じで走っていたのですが、その割に直線に入ってからは伸びきれませんでした」
中山3Rの3歳未勝利(ダート1800m)は、1番人気ユニヴァースガイ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒1。4馬身差の2着に3番人気エアイグアスが、1馬身3/4差の3着に2番人気ナパがそれぞれ入線。
ユニヴァースガイは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母タヤスロマンス(母の父カーネギー)。通算成績は5戦1勝となった。
なる場合がある。
(JRA報道室発表による)る。
(JRA発表による)を挙げた昨年トップのヴァーミリアンで118。3位は116のメイショウトウコン。
<3歳・芝>
 NHKマイルカップとダービーの変則2冠馬であり、古馬を相手にジャパンカップで2着となったディープスカイが121でトップ。菊花賞が重賞初勝利となったオウケンブルースリが119で2位となり、皐月賞を逃げ切ったキャプテントゥーレが114で3位となっている。
<3歳・ダート>
 ジャパンダートダービーを制し、古馬相手のJBCクラシックで2着だったサクセスブロッケンが114でトップ。アメリカのピーターパンステークス(GII)を制したカジノドライヴが113で2位。3位は110のスマートファルコン
<2歳>
 朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬のセイウンワンダーとラジオNIKKEI杯2歳ステークスの勝ち馬のロジユニヴァースがともに112でトップ。3位は111のフィフスペトル。全日本2歳優駿を制したスーニが110で4位(ダートではトップ)となっている。
(NARのホームページ及びJRA報道室発表

予想動画
関連記事
関連つぶやき