招福ステークス(2009/01/11) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
開催
第01回 中山04日目
コース
中山ダート・右1800M
クラス
1600万特別(ハンデ
レースNO
10 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(混)[指]
頭数
16
発走時刻
14:50
本賞金(万
1,780 - 710 - 450 - 270 - 178
レース名
招福ステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.53.9
平均ペース
-41 (-23-18)
前半5F:
1.03.5
後半3F:
37.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 池添謙一 56.0 1.53.9 37.2 -8--8--7--7 1 3.9 ティンバーカントリー / ブライダルスイート 地) 山崎尋美 528 -1 9 5
02 1/2 小林久晃 54.0 1.54.0 37.4 -6--6--4--2 15 98.5 クロフネ / ロイヤルクロス 美) 杉浦宏昭 536 -4 16 8
03 ハナ 三浦皇成 57.0 1.54.0 37.4 -4--4--4--6 2 5.2 チーフベアハート / エジンバラシチー 美) 相沢郁  438 0 6 3
04 江田照男 57.0 1.54.2 37.5 -6--6--7--7 5 8.2 ジャングルポケット / コクトビューティー 美) 矢野英一 498 0 13 7
05 11/4 後藤浩輝 55.0 1.54.4 37.4 12-12-11-11 3 5.5 アグネスタキオン / ヒットザスポット 美) 勢司和浩 458 +4 7 4
06 ハナ 福永祐一 54.0 1.54.4 37.9 -4--4--4--2 12 49.3 Crafty Prospector / Silky Melody 栗) 小崎憲  490 0 15 8
07 ハナ 北村宏司 54.0 1.54.4 37.4 13-13-11-11 6 8.5 クロフネ / フラワーフェア 美) 鈴木伸尋 466 +2 1 1
08 3/4 大庭和弥 54.0 1.54.5 37.6 -9-10-11-11 14 79.9 ブラックタイアフェアー / タイキハニー 美) 清水美波 516 +2 10 5
09 ハナ 伊藤工真 51.0 1.54.5 37.2 13-13-16-16 11 48.8 ビワタケヒデ / ワンセイコー 美) 鈴木勝美 490 +8 2 1
10 11/4 勝浦正樹 55.0 1.54.7 38.3 -2--2--2--2 10 33.0 グラスワンダー / ワコーチカコ 美) 高木登  526 -2 4 2
11 クビ 吉田豊 55.0 1.54.7 37.7 15-13-11-14 13 64.3 Stormin Fever / Roses n Silks 美) 戸田博文 510 -2 11 6
12 ハナ 木幡初広 53.0 1.54.7 37.9 -9--8--7--9 16 103.6 ダンスインザダーク / スーア 地) 桜田浩三 506 +6 12 6
13 13/4 蛯名正義 55.0 1.55.0 38.1 16-16-11-14 8 28.9 アグネスタキオン / ブライアンマリア 美) 中川公成 544 +2 5 3
14 ハナ 柴山雄一 53.0 1.55.0 38.6 -1--1--1--1 7 25.2 マジックマイルズ / リーディングクイン 美) 松山将樹 494 +2 3 2
15 31/2 内田博幸 52.0 1.55.6 39.2 -3--3--2--2 4 6.2 キャプテンスティーヴ / タニウインドタイム 美) 古賀慎明 468 +4 8 4
16 3/4 藤田伸二 55.0 1.55.7 39.0 11-10--7--9 9 31.9 バブルガムフェロー / ダンシエンヌ 美) 加藤征弘 482 +14 14 7
~払い戻し~
単勝 9番 (1人) 3.9 枠連 5-8 (18人) 54.9 複勝 9番(2人)
16番(15人)
6番(1人)
1.7
17.4
1.7
ワイド 9-16(51人)
6-9(1人)
6-16(42人)
46.4
3.4
38.2
3連複 6-9-16 (59人) 206.5 馬連 9-16 (51人) 199.5
3連単 9-16-6 (404人) 1,522.2 馬単 9-16 (74人) 272.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


中山10Rの招福ステークス(4歳上1600万下ハンデ・ダート1800m)は中団を進んだ1番人気ボランタス(池添謙一騎手)が直線外から脚を伸ばし、ゴール前の追い比べから際どく抜け出して勝利を飾った。勝ちタイムは1分53秒9(良)。1/2馬身差2着に15番人気マルブツクロス、さらにハナ差で3着に2番人気パピヨンシチーが入った。
ボランタスは栗東・角居勝彦厩舎の5歳牡馬で、父ティンバーカントリー、母ブライダルスイート(母の父サンデーサイレンス)。通算12戦5勝。
~レース後のコメント~
1着 ボランタス(池添騎手)
「レース序盤はエンジンが掛からずに1コーナーまで追っつけ通しでしたし、直線までは窮屈な馬群の中に入っていましたが、それでも怯まず走ってくれました。届かないかもしれない、と思ったところから、エンジンが掛かってからの伸びで差し切ってくれましたね。時計は遅くても厳しい競馬でしたし、いい勝ち方だったと思います。勝負どころでちゃんとついて行けるようになれば上でもやれそうな手応えがありますよ」
2着 マルブツクロス(小林久騎手)
「外枠でスムースなレースが出来ました。道中で気を抜かなければこれくらいは走りますよ」
3着 パピヨンシチー(三浦騎手)
「ロスなく内を回り、直線でも内が空いたところを狙って行きましたが、最後は決め手の差ですね」
4着 レオエンペラー(江田照騎手)
「弾けそうで弾けませんでした」
5着 ミンティエアー(後藤騎手)
「最後は詰まって全然追えませんでした。手応えもあって脚は使えそうだったのですが…」のかかった馬なんですが、今日も嫌がらせてしまいました。その影響なのか、一完歩目で躓いてしまって、それで位置取りが悪くなってしまいました。あの流れでは後ろすぎましたね。もう一度、白紙に戻してゲート練習からやり直しします」ました」
3着 6番エアシェイディ(後藤浩輝騎手)
「悔しい結果になってしまいました。距離は大丈夫だし、スタートしてからもいい感じはあった。レース前は不安もあったけどねぇ。結果が出せるようになったので、今後は楽しみなんじゃないでしょうか」
(伊藤正徳調教師)
「今日も緊張感が強く、レース前におしっこが出ていないんです。それでもしっかり力を出してくれました。馬の具合が昨年の秋から確実に良くなって、進歩しています。ですから大事なところで頑張れるようになってきたんですね。まぁ、このクラスの戦いは精神力によるところが大きいんですが、もう少し強くしたいですね。内容的には満足していますが、来年はもう少し進化したエアシェイディをお見せしたいですね」
5着 8番スクリーンヒーロー(M.デムーロ騎手)
「馬は勝ちにいったが、勝った馬が強かった。坂を嫌ったことも敗因です」
(鹿戸雄一調教師)
「勝った馬は強いですね。今日は自分から動いて負かしに行って、その結果の5着です。勝ち馬には完全に力負けですが、結果には悲観していません。来年はもっと良くなる

予想動画
関連記事
関連つぶやき