黒竹賞(2009/01/10) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
ダート・右1800M
晴  
1勝クラス特別   サ3才(混)(特) / 馬齢
黒竹賞
16 頭
14:15発走
本賞金) 1,000 - 400 - 250 - 150 - 100 (万
予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
image
直線 308 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.55.7
前半5F:
1.03.8
後半3F:
39.0
ペース:平均
4 (22-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 後藤浩輝 56.0 1.55.7 38.6 -5--6--7--7 1 2.2 シンボリクリスエス / ソニンク 美) 萩原清  464 -4 8 4
02 11/4 横山典弘 56.0 1.55.9 39.2 -1--1--1--1 3 6.1 ゴールドヘイロー / リンガスフラワー 美) 岩戸孝樹 528 +10 6 3
03 クビ 三浦皇成 56.0 1.55.9 38.4 16-15-14-11 2 5.5 クロフネ / フサイチエアデール 美) 堀宣行  490 -8 2 1
04 11/4 木幡初広 54.0 1.56.1 39.1 -3--3--6--3 7 26.5 ゴールドアリュール / キミモール 美) 清水利章 468 -2 10 5
05 吉田豊 56.0 1.56.4 39.2 -9-10--7--6 10 41.6 バトルライン / ラムールバンブー 美) 高橋裕  508 0 14 7
06 11/4 内田博幸 56.0 1.56.6 39.3 13-12-10-14 5 14.6 ニューイングランド / サストワンダー 美) 斎藤誠  482 -4 5 3
07 13/4 田中勝春 56.0 1.56.9 39.6 -5--6-10--7 8 33.0 Dream Run / Guilty Pleasure 美) 手塚貴久 508 -2 7 4
08 11/4 北村宏司 56.0 1.57.1 39.5 -9-10-14-14 13 104.9 クロフネ / エリモダリア 栗) 森秀行  440 -6 4 2
09 1/2 蛯名正義 56.0 1.57.2 39.8 13-15-12--7 6 19.5 サウスヴィグラス / キョウテキ 美) 伊藤圭三 478 -6 3 2
10 クビ 松岡正海 54.0 1.57.3 40.5 -2--2--2--2 4 7.2 ウォーエンブレム / ヴァンドノワール 美) 小島茂之 484 +2 12 6
11 13/4 柴山雄一 54.0 1.57.6 39.2 13-14-16-16 11 51.4 ティンバーカントリー / ダンシングサンデー 美) 畠山吉宏 478 0 1 1
12 ハナ 武士沢友 56.0 1.57.6 40.4 -9--9--7--7 16 221.3 ニューイングランド / オースミブラッシー 美) 堀井雅広 434 +8 9 5
13 クビ 吉田隼人 56.0 1.57.7 40.8 -5--5--3--3 9 35.1 コマンダーインチーフ / スタールビー 美) 杉浦宏昭 502 -4 16 8
14 21/2 田中博康 56.0 1.58.1 40.7 12-12-12-11 15 160.7 ゴールドヘイロー / フラワーデビュー 美) 高木登  518 +9 11 6
15 1/2 江田照男 56.0 1.58.2 41.3 -8--6--3--3 12 56.2 タニノギムレット / ユニオンワラダー 美) 菅原泰夫 454 -6 15 8
16 大差 津村明秀 56.0 2.01.5 44.6 -3--3--3-11 14 129.2 ジョウテンブレーヴ / ジョウテンセレブ 美) 相沢郁  426 +4 13 7
単勝 8番 (1人) 2.2 枠連 3-4 (1人) 5.1 複勝 8番(1人)
6番(2人)
2番(3人)
1.2
1.5
1.7
ワイド 6-8(2人)
2-8(1人)
2-6(5人)
2.7
2.6
5.4
3連複 2-6-8 (2人) 11.5 馬連 6-8 (3人) 6.8
3連単 8-6-2 (6人) 41.2 馬単 8-6 (1人) 9.9
該当なし
レース後のコメント


中山9Rの黒竹賞(3歳500万下・ダート1800m)は、1番人気ランフォルセ(後藤浩輝騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒7。1馬身1/4差の2着に3番人気シーフォーアイが、クビ差の3着に2番人気サイオンがそれぞれ入線。
ランフォルセは美浦・萩原清厩舎の3歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母ソニンク(母の父Machiavellian)。通算成績は3戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ランフォルセ 後藤浩輝騎手
「前回乗った三浦くんにも話を聞いていましたが、今日は自信を持って乗りました。先のある馬なので、馬群に入れて変な癖をつけないよう気をつけました。ただ、流れが遅くなって包まれてしまい、ヒヤッとしたことはありましたが、うまく抜けてくれました。デビュー前から芝だとワンペースになるのでダートの方がいいと思っていました」
2着 シーフォーアイ 岩戸孝樹調教師
「馬場に出てちょっと妙な格好をしたりして、『どうかな?』と思っていましたが、レースではいいリズムで走っていましたね。交わされてもバタッと止まらなかったし、いい内容のレースでした。ただ、詰めて使うと気持ちの面でどうかと思いますので、番組を選んで使っていきたいと思います」
3着 サイオン 三浦皇成騎手
「前走よりもレース内容はよくなっています。今日の課題としてはゲートの中で気を抜いてスタートが遅くなってしまったことですね。今日はその分の負けです」・ワれても嫌気を差さずに最後まで頑張ってくれましたし、このぶんなら来年も頑張ってくれそうです」直、今日は力で押し切ったというレースでしたね」
2着 14番アドマイヤモナーク(川田将雅騎手)
「いい感じで外に出して、仕掛けながらの追走になった。馬は本当によく頑張って走ってくれたよ。ただ、着差以上に勝ち馬は強かったと感じました」
3着 6番エアシェイディ(後藤浩輝騎手)
「悔しい結果になってしまいました。距離は大丈夫だし、スタートしてからもいい感じはあった。レース前は不安もあったけどねぇ。結果が出せるようになったので、今後は楽しみなんじゃないでしょうか」
(伊藤正徳調教師)
「今日も緊張感が強く、レース前におしっこが出ていないんです。それでもしっかり力を出してくれました。馬の具合が昨年の秋から確実に良くなって、進歩しています。ですから大事なところで頑張れるようになってきたんですね。まぁ、このクラスの戦いは精神力によるところが大きいんですが、もう少し強くしたいですね。内容的には満足していますが、来年はもう少し進化したエアシェイディをお見せしたいですね」
5着 8番スクリーンヒーロー(M.デムーロ騎手)
「馬は勝ちにいったが、勝った馬が強かった。坂を嫌ったことも敗因です」
(鹿戸

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する