新馬 (サ3才) 中山 4R 2009/01/05 のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
第01回 中山 02日目
4 R
ダート・右1200M
晴  
新馬   サ3才牝 / 馬齢
13 頭
11:20発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 308 M
ペース平均:
32
内枠好走:
-8
勝タイム:
1.15.1
前半5F:
1.01.4
後半3F:
39.5
ペース:平均
37 (130-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 吉田隼人 54.0 1.15.1 39.0 -------7--7 6 24.3 タイキシャトル / トウカイパートナー 美) 高木登  458 13 8
02 1/2 武士沢友 54.0 1.15.2 39.4 -------4--4 4 10.8 アグネスワールド / ダイアントウショウ 美) 戸田博文 470 2 2
03 クビ 大野拓弥 54.0 1.15.3 38.4 -------9--9 8 37.5 キングカメハメハ / リビエラシチー 美) 平井雄二 496 6 5
04 クビ 三浦皇成 53.0 1.15.3 38.3 ------10-12 1 1.5 アグネスタキオン / クランチーカ 美) 武藤善則 492 4 4
05 1/2 田中博康 53.0 1.15.4 39.8 -------2--2 11 148.1 バトルライン / フェアウイナー 美) 浅野洋一 448 8 6
06 3/4 的場勇人 53.0 1.15.6 39.8 -------4--5 5 13.1 ヘクタープロテクター / ジプシーダンサー 美) 小島茂之 408 12 8
07 21/2 蛯名正義 54.0 1.16.0 40.2 -------4--5 3 10.3 コロナドズクエスト / ルクールドラメール 美) 柄崎孝  452 3 3
08 ハナ 丸田恭介 52.0 1.16.0 40.4 -------2--2 12 150.8 バトルライン / ラブビューティー 美) 成島英春 438 10 7
09 1/2 内田博幸 54.0 1.16.1 39.1 ------10-10 7 31.3 マーベラスサンデー / ジンミスカオリ 美) 堀井雅広 410 1 1
10 3/4 勝浦正樹 54.0 1.16.2 40.6 -------1--1 2 6.5 アドマイヤコジーン / ジャスミンリーフ 美) 菊川正達 468 5 4
11 13/4 北村宏司 54.0 1.16.5 38.1 ------13-13 10 135.3 メジロライアン / マジックオナー 美) 高橋義博 466 11 7
12 ハナ 田辺裕信 54.0 1.16.5 39.1 ------12-11 13 160.6 スクワートルスクワート / トーアヴィクトリア 美) 浅野洋一 402 9 6
13 西田雄一 54.0 1.17.4 40.8 -------8--8 9 128.7 ショウナンカンプ / カボシャード 美) 中島敏文 438 7 5
単勝 13番 (6人) 24.3 枠連 2-8 (9人) 27.7 複勝 13番(6人)
2番(3人)
6番(7人)
7.2
3.8
10.2
ワイド 2-13(18人)
6-13(27人)
2-6(19人)
16.4
31.8
18.8
3連複 2-6-13 (68人) 345.1 馬連 2-13 (19人) 64.8
3連単 13-2-6 (395人) 3,034.8 馬単 13-2 (43人) 195.0
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


 中山4Rに行われた3歳新馬戦(牝馬限定、ダート1200、13頭)は、圧倒的人気のニシノシルエットが3コーナー手前で後退して後半の600メートルのタイムが39秒5という大乱戦となり中団から抜けてきた6番人気のパートナーシップ(美浦・高木登厩舎、吉田隼人騎乗)が2着に半馬身の差を付けて勝った。
 レース後の関係者のコメントは以下の通り。
1着 パートナーシップ(高木登調教師)
 道中もスムーズでした。終いがしっかりしてましたからね。1回使ってさらに良くなりそうですから楽しみなんですが、テンションが上がり始めているのがちょっと心配です。今日のような形でレースができれば上に行っても行けそうですね。牝馬限定ですのでここを使いましたが、芝のほうが良さそうです。距離もマイルまでは大丈夫だと思います。
2着 ブリッジトウショウ(武士沢騎手)
 スタートが良くないと聞いていましたが、まずまずでした。芝を走ってからダートに入るところで加速してました。位置取りも良く、落ち着いて走ってましたし、まじめでいい競馬をしてくれました。
3着 シンシアシチー(大野騎手)
 背中の感触のいい馬ですね。調教で時計を出してなかったので心配はしていたんですが、コレだけ走ればいいですね。これで息ができたでしょうから、この後、楽しみです。
4着 ニシノシルエット(武藤調教師)=1番人気
 全く訳がわからないですよ。道中は走るというより飛んでるんですよね。こんなの初めて見ました。普通に付いて行ってくれれば良かったので、う~ん、困りましたね。/>取材:檜川彰人もメイショウサムソンと共に成長できました」
【生産者:林孝輝氏のコメント】
「この場に立てるのもメイショウサムソンのおかげです」後ろから早めについて来られたからね……。ま、この時計でよく頑張っていたと思う」
4着 4番マイネルキッツ(松岡正海騎手)
「もう少し前に行きたかったが、行けなかった。最後伸びているだけに残念です」
6着 2番オペラブラーボ(蛯名正義騎手)
「道中はスムーズに運べたのですが、4コーナーの出口でちょっとモタついて、そこで前と離されてしまいました。直線の短い中山で、ああして離されたのは痛かったですね。でも、そんなに大きく負けたわけではないですし、重賞で強い馬とモマれれば変わってくると思います。まだまだ良くなる馬ですし、決して悲観する内容じゃないですよ」
7着 6番キングストレイル(田中勝春騎手)
「4コーナーまでは問題なかったけど、そこから馬群に入って行けなかった」
【アラカルト】
■連覇
アドマイヤフジが昨年に続き2連覇を達成。中山金杯の連覇は96年、97年のベストタイアップ以来、史上2頭目。
■騎手も連覇
川田将雅騎手も昨年に続き中山金杯2連覇。97年、98年の岡部幸雄騎手以来、史上4人目の快挙。
■調教師も連覇
橋田満調教師も昨年に続き中山金杯2連覇。96年、97年の松山康久調教師以来、史

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する