新馬 (サ2才) 中京 6R 2008/12/28 のレース情報

基本情報
中京ダート・左1700M
第03回 中京 06日目
6 R
ダート・左1700M
晴  
新馬   サ2才(混)[指] / 馬齢
15 頭
12:30発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
スローペース
直線 410.7 M
image
直線 410.7 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.49.8
前半5F:
1.05.9
後半3F:
37.3
ペース:スロー
-113 (-75-38)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 上村洋行 55.0 1.49.8 37.1 -2--3--2--2 1 1.8 フォーティナイナー / エリモシンフォニー 栗) 橋口弘次 494 14 8
02 11/2 柴山雄一 55.0 1.50.0 37.5 -1--1--1--1 14 84.1 バトルライン / マチブセ 栗) 田中章博 478 4 3
03 太宰啓介 54.0 1.50.7 38.0 -9--8--2--2 15 107.3 ナリタトップロード / ユキノフェアリー 栗) 羽月友彦 422 10 6
04 小野次郎 55.0 1.51.8 38.7 15-15--6--4 10 30.4 トーホウエンペラー / トーホウフェリシア 栗) 本田優  478 2 2
05 ハナ 熊沢重文 55.0 1.51.8 38.7 -6--5--6--6 6 18.7 ジャングルポケット / ミスベイブリッジ 栗) 田島良保 480 9 5
06 13/4 中舘英二 55.0 1.52.1 39.3 -7--7--4--4 5 16.2 Include / Patty Keene 美) 武藤善則 482 11 6
07 1/2 長谷川浩 55.0 1.52.2 38.9 -5--5--9--7 13 63.7 ボストンハーバー / シーパティシエール 栗) 梅内忍  526 1 1
08 ハナ 木幡初広 54.0 1.52.2 38.7 -7--8-10-10 12 42.4 ホワイトマズル / チャーミングベル 美) 境征勝  514 7 4
09 11/4 和田竜二 55.0 1.52.4 38.8 -9--8-12-11 2 7.6 テイエムオペラオー / トップジョリー 栗) 岩元市三 490 3 2
10 アタマ 荻野琢真 52.0 1.52.4 38.9 11-11-10-11 4 13.5 ラムタラ / リザーブシート 栗) 角居勝彦 506 15 8
11 11/2 藤岡康太 54.0 1.52.6 38.9 13-13-13-13 9 25.1 ヘクタープロテクター / エピーメロン 栗) 平田修  486 13 7
12 古川吉洋 55.0 1.53.5 40.3 -2--3--6--7 7 19.4 コマンダーインチーフ / レインボードリーム 栗) 藤岡範士 486 8 5
13 クビ 丸田恭介 53.0 1.53.5 39.5 14-14-15-15 3 8.9 アフリート / ファビュラスカラー 栗) 加用正  508 5 3
14 津村明秀 55.0 1.54.0 40.2 11-11-14-13 11 37.0 ダンスインザダーク / プリンセスシラオキ 栗) 加用正  512 6 4
15 21/2 宮崎北斗 51.0 1.54.4 41.4 -2--2--5--7 8 22.2 タイキシャトル / アイリーンズハート 美) 武藤善則 458 12 7
単勝 14番 (1人) 1.8 枠連 3-8 (3人) 7.8 複勝 14番(1人)
4番(14人)
10番(15人)
1.1
20.0
25.1
ワイド 4-14(29人)
10-14(63人)
4-10(105人)
25.9
58.0
299.7
3連複 4-10-14 (255人) 1,178.6 馬連 4-14 (35人) 87.3
3連単 14-4-10 (1129人) 4,712.9 馬単 14-4 (31人) 107.8
該当なし
レース後のコメント


中京6Rのメイクデビュー中京(ダート1700m)は、道中先団を進んだ1番人気ワールドワイド(上村洋行騎手)が直線で抜け出し優勝した。勝ちタイム1分49秒8。2着には14番人気ダスタップ 、3着には15番人気ユキノマジックが入線している。
ワールドワイドは栗東・橋口弘次郎厩舎の2歳牡馬で、父フォーティナイナー、母エリモシンフォニー(母の父Blushing Groom)。半兄に98年京都4歳特別2着のエリモソルジャーがいる。
【レース後のコメント】
1着 14番ワールドワイド(上村洋行騎手)
「体にまだ余裕があるのに、これだけ走るんですからね。物見をするところもありましたが、しっかりと終い伸びています。これからもっと良くなると思いますよ。道中の手応えが悪いように見えるかもしれませんが、余裕がありました」
2着 4番ダスタップ(柴山雄一騎手)
「スタートがいいし、うまく息も入れられましたね。ゆったり進めました。切れる脚がないので、早めに動いていきましたが、センスも良く、すぐにチャンスがあると思います」ワしたし、道中ついていけませんでした。最後は伸びてくれましたけどね。ゆったりした広いコースの方がいいかもしれません」ヲましたが、惑わされずこの馬のリズムだけを守って行きました。道中フワッとするところを見せて僕がダメかなと思っても、最後の直線でもうひと踏ん張りしてくれるので、それを信じて追いました。初のJGI勝ちで本当に嬉しいです」 
2着 メルシーエイタイム(横山義騎手)
「早めにマルカラスカルを捕まえに行った分、最後交わされてしまいました。仕方ないですね。この馬の競馬は出来たと思うし、やはり力がありますね。今日は勝った馬が強かったということでしょう」
3着 テイエムトッパズレ(佐久間騎手)
「この錚々たるメンバーの中で3着なんだから胸を張っていいでしょう。この馬は外に馬が来てしまうとハミを噛んでしまうので、今日は外め外めを行って外に他の馬が来ないようにして気分よく行かせたんです。スピードはあるし、無駄にスタミナを

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する