サンタクロースステークス(2008/12/27) のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1400M
第05回 阪神 07日目
10 R
ダート・右1400M
晴  
3勝クラス特別   サ3上(混)(特) / 定量
サンタクロースステークス
16 頭
15:05発走
本賞金) 1,830 - 730 - 460 - 270 - 183 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
image
直線 352.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.23.3
前半5F:
57.4
後半3F:
37.7
ペース:平均
49 (117-68)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 和田竜二 56.0 1.23.3 37.7 -------1--1 5 13.7 War Chant / Taine 栗) 池江泰寿 502 +2 2 1
02 11/4 ペリエ 56.0 1.23.5 37.8 -------2--3 1 1.8 Stravinsky / Counter Cat 栗) 中竹和也 508 +4 1 1
03 ハナ 横山典弘 57.0 1.23.5 37.1 -------8--7 3 8.0 スウェプトオーヴァーボード / アイシーサイレンス 美) 鈴木康弘 482 0 16 8
04 クビ 池添謙一 57.0 1.23.6 36.9 ------10-10 6 18.7 ブライアンズタイム / シルキーグランス 美) 星野忍  454 +8 9 5
05 1/2 福永祐一 57.0 1.23.7 36.7 ------13-11 4 11.3 フォーティナイナー / アラマサブレーヴ 栗) 藤岡範士 474 +4 14 7
06 クビ ルメール 57.0 1.23.7 37.7 -------6--4 2 5.9 タイキシャトル / ドリームスピカ 栗) 高橋隆  494 +12 8 4
07 11/2 浜中俊 57.0 1.23.9 37.7 -------7--5 7 20.1 Sea of Secrets / T. V. Jingles 栗) 宮本博  496 +8 12 6
08 11/2 川田将雅 54.0 1.24.1 37.1 ------12-12 8 21.3 トワイニング / エクシードワン 栗) 吉田直弘 420 -4 6 3
09 11/4 幸英明 57.0 1.24.3 37.9 -------8--7 10 70.1 タイキシャトル / ミスティックライト 栗) 藤沢則雄 452 +2 7 4
10 11/4 武幸四郎 57.0 1.24.5 37.0 ------15-15 12 129.4 Hennessy / Wild Dancing 栗) 須貝尚介 512 +6 15 8
11 藤岡佑介 57.0 1.25.2 37.7 ------15-15 14 234.9 ブライアンズタイム / サワノビンティ 栗) 松元茂樹 490 +2 11 6
12 11/4 小牧太 57.0 1.25.4 39.7 -------3--2 9 37.3 アグネスタキオン / グレイトフルデイ 美) 大久保洋 536 -6 13 7
13 21/2 小林徹弥 57.0 1.25.8 38.7 ------13-14 16 487.5 シャンハイ / アイシンモナリザ 栗) 柴田政見 556 +8 4 2
14 21/2 大下智 55.0 1.26.2 39.4 ------10-12 13 152.5 スズカストリート / サンカンピアレス 栗) 梅内忍  514 +16 3 2
15 大差 四位洋文 57.0 1.28.1 42.2 -------3--5 11 100.7 ジェットアラウンド / シルバープリティ 栗) 鮫島一歩 516 +4 5 3
16 1/2 秋山真一 57.0 1.28.2 42.1 -------3--9 15 250.7 Flying Spur / Raised the Bar 美) 畠山重則 492 -6 10 5
単勝 2番 (5人) 13.7 枠連 1-1 (4人) 9.6 複勝 2番(4人)
1番(1人)
16番(3人)
2.4
1.1
1.8
ワイド 1-2(3人)
2-16(11人)
1-16(1人)
3.5
9.1
2.5
3連複 1-2-16 (4人) 18.9 馬連 1-2 (3人) 9.1
3連単 2-1-16 (46人) 155.0 馬単 2-1 (9人) 30.1
該当なし
レース後のコメント


阪神10Rのサンタクロースステークス(3歳上1600万下・ダート1400m)は先手を奪った5番人気セントラルコースト(和田竜二騎手)が直線もしぶとく伸びてそのまま押し切った。勝ちタイムは1分23秒3(良)。1馬身1/4差2着に1番人気アンダーカウンター、さらにハナ差で3着に3番人気ノーリプライが入った。
セントラルコーストは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父War Chant、母Taine(母の父Sir Ivor)。通算8戦4勝。
~レース後のコメント~
1着 セントラルコースト(和田騎手)
「初めての騎乗で、レース前は揉まれると弱いと聞いていたけど、まったくそんなところもなかったし、落ち着いていた。スタートからスーッと行けたし、いい競馬だったと思う」
2着 アンダーカウンター(ペリエ騎手)
「スタートもよかったけど、2度不利があって後ろへ下げることになってしまった。それが丸々響いてしまったね。スムースだったら勝てていたと思うよ」
6着 マジックボンバー(ルメール騎手)
「体がプラス12キロも問題なかったし、道中の反応も悪くなかったが、直線で最後手応えが怪しくなったね。うまく反応してくれなかった」ワくなくて、ぶつかりながらゲートを出ました。ハナに行かなくても番手でもいいと思い追走しましたが、追ってからは何の反応もなく、まったく抵抗出来ませんでした。ワンペースの馬で、行かないとダメなのかなぁ」い状態に感じました。折り合いを念頭においてレースに臨みます」
(ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイトによる)マイヤモナーク  (水曜・栗東) 470( +8)
<馬体重について>
・美浦、栗東の両トレーニングセンターで馬体重を計測した馬は、この計量のあと中山競馬場へ輸送される。
・馬体重は「調教」「輸送」「飼付」「排糞」などにより、常に大きく変動する。
・この馬体重はあくまで計量時のデータで、競走当日の馬体重とは異なる。
・レース当日発表される馬体重は、発走時刻のおよそ70分前に計量している。
(JRA報道室発表による)烽オれません。4着の馬を交わした段階でもういいやと止めようとしていました。その辺りを

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する