中山大障害(2008/12/27) のレース情報

基本情報
中山芝4100M
第05回 中山 07日目
10 R
芝4100M
J・GⅠ
障3上(混) / 定量
第131 回 中山大障害
16 頭
14:40発走
本賞金) 8,000 - 3,200 - 2,000 - 1,200 - 800 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 高田潤 63.0 4.45.0 - -5--5--5--5 2 6.6 マーベラスサンデー / プリンセスエイブル 栗) 増本豊  514 +2 8 4
02 1/2 横山義行 63.0 4.45.1 - -4--4--3--2 3 7.0 チーフベアハート / マチカネカルメン 栗) 武宏平  470 -4 13 7
03 21/2 佐久間寛 63.0 4.45.5 - -3--2--2--3 11 145.8 テイエムオペラオー / テイエムシャルマン 栗) 鹿戸明  450 -10 14 7
04 クビ 白浜雄造 63.0 4.45.5 - -2--2--3--3 4 16.3 オペラハウス / スプリングマドンナ 栗) 野村彰彦 526 -6 10 5
05 11/4 西谷誠 63.0 4.45.7 - -1--1--1--1 1 1.4 グラスワンダー / トレアンサンブル 栗) 増本豊  494 0 2 1
06 江田勇亮 63.0 4.47.1 - -9--9--8--7 10 142.2 ゴーカイ / ダンスフォンテン 美) 菊沢隆徳 488 0 12 6
07 菊地昇吾 63.0 4.47.4 - 11-10-10--8 6 19.7 テイエムオペラオー / テイエムシーズン 栗) 鹿戸明  478 -10 15 8
08 金子光希 63.0 4.47.9 - -8--7--6--6 7 54.7 オペラハウス / アルページ 美) 伊藤伸一 486 -4 7 4
09 金折知則 63.0 4.48.4 - -9-10-12-10 9 111.5 ナグルスキー / グランソブリン 栗) 大根田裕 476 +2 4 2
10 穂苅寿彦 63.0 4.48.7 - 12-12--9--8 8 76.2 タマモクロス / タケノパンジー 栗) 作田誠二 472 +8 9 5
11 大差 宗像徹 63.0 4.50.9 - -6--7-11-10 15 229.6 マーベラスサンデー / クリプトコンデッサ 美) 高橋義博 486 +4 16 8
12 31/2 五十嵐雄 63.0 4.51.5 - 14-13-13-12 12 165.2 スキャターザゴールド / マルスフラウ 美) 伊藤正徳 470 -2 1 1
13 大差 熊沢重文 63.0 4.53.9 - 12-13-14-13 5 17.1 フォーティナイナー / エイシンサンサン 栗) 坂口正則 502 -4 5 3
蓑島靖典 63.0 - - ----------- 14 - エイシンサンディ / ダイヤターン 美) 南田美知 496 -2 3 2
平沢健治 63.0 - - -7--6--7--- 16 - オペラハウス / ジュピターガール 美) 高橋裕  522 -10 6 3
柴田未崎 63.0 - - ----------- 13 - エンドスウィープ / ベリーローズ 美) 小西一男 472 +2 11 6
単勝 8番 (2人) 6.6 枠連 4-7 (6人) 12.2 複勝 8番(3人)
13番(2人)
14番(11人)
2.2
2.1
33.2
ワイド 8-13(3人)
8-14(44人)
13-14(42人)
4.2
81.6
78.7
3連複 8-13-14 (78人) 514.1 馬連 8-13 (6人) 12.8
3連単 8-13-14 (287人) 2,059.5 馬単 8-13 (8人) 26.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


中山10Rの第131回中山大障害(JGI・芝4100m)は2番人気キングジョイ(高田潤騎手)が昨年2着の雪辱を果たしてGI初制覇を飾った。序盤は後方に控え、2周目で5~6番手に進出。そのまま5番手で最後の直線に向くと外から一気の末脚で追い込み、2連覇を狙ったメルシーエイタイムをゴール寸前差し切った。勝ちタイムは4分45秒0(良)。1/2馬身差2着に3番人気メルシーエイタイム、さらに2馬身1/2差で3着に11番人気テイエムトッパズレが入った。主導権を握ってレースを進めた1番人気マルカラスカルは途中でコーナーを曲がり切れずに逸走するなどロスの多い競馬で、その後再び先頭を奪い返したものの直線で力尽き、5着に終わった。
キングジョイは栗東・増本豊厩舎の6歳牡馬で、父マーベラスサンデー、母プリンセスエイブル(母の父ジェイドロバリー)。通算32戦4勝(内障害14戦4勝)。
~レース後のコメント~
1着 キングジョイ(高田騎手)
「最高です。去年このレースで悔しい負け方をして増本調教師から『また来年頑張ればええやろ』と言われたんです。この馬は思った通りに乗れる馬で、とにかく展開を考えずに馬の邪魔をしないように乗りました。マルカラスカルが飛んで行ってしまったのは見えましたが、惑わされずこの馬のリズムだけを守って行きました。道中フワッとするところを見せて僕がダメかなと思っても、最後の直線でもうひと踏ん張りしてくれるので、それを信じて追いました。初のJGI勝ちで本当に嬉しいです」

 
2着 メルシーエイタイム(横山義騎手)
「早めにマルカラスカルを捕まえに行った分、最後交わされてしまいました。仕方ないですね。この馬の競馬は出来たと思うし、やはり力がありますね。今日は勝った馬が強かったということでしょう」


3着 テイエムトッパズレ(佐久間騎手)
「この錚々たるメンバーの中で3着なんだから胸を張っていいでしょう。この馬は外に馬が来てしまうとハミを噛んでしまうので、今日は外め外めを行って外に他の馬が来ないようにして気分よく行かせたんです。スピードはあるし、無駄にスタミナを使わなければこの距離でもやれますね。飛越は抜群だし、来年また頑張ります」


5着 マルカラスカル(西谷騎手)
「バカついてしまいました…。元々右に逃げようとする馬で、今日は返し馬で嫌な予感がしたんです。スタートして楽に行けたけど、大竹柵を飛んだ後、急にグワーッと行ってどうにもならなかったんです。そのあと後ろの馬が来てからはまたレースに集中して、最後の障害を飛んだ時も何とか押し切れると思ったのですが…。あのロスがなければ勝っていたでしょう。障害を見ると真っ直ぐ飛ぶんだけど、どうも今日は気性の悪いところが出てしまいました。なだめなだめ走っていたんですけどね。申し訳ありません」

 入った時は一瞬オッと思いましたけどね。切れ味では勝負にならないので早めに勝負に行ったんですが…。でも馬は反応もよくなって折り合いもつくようになっています」


16着 フェアブリーズ(A・ヘルフェンバイン騎手)
「いい位置取りが出来たが、ちょっとペースが速かったのと、馬場が少し硬かった。最後の直線では力が残っていなかった」


17着 コスモプラチナ(石橋脩騎手)
「自分のペースで逃げられました。GIでいい経験を僕がさせてもらって馬に感謝したい」


※落馬したポルトフィーノの角居師(レース直後)
「詳しいことはパトロールビデオを見ないと分かりませんが…残念と言うしかありません」

宴Xワン(蛯名騎手)
「凄い脚で来てオッと思ったんですが、坂でモタついて急にペースダウンしてしまいました。やはり平坦の方がいいんですかね」


9着 アサクサキングス(藤岡佑騎手)
「半馬身ほど出遅れたので二の脚をつけて行きました。追ってからも手応えはありましたが、最後まで続きませんでした」


※天皇賞・秋の表彰式でプレゼンターを務めた2008年JRAナビゲーター、蒼井優さんのコメント
「白い誘導馬や緑の芝生などが美しく、すごく高貴な雰囲気のある場所で、多くの人が1つのレースに向けて感情を思いっ切り表現出来る競馬は、最近感じることのなかった興奮があって感動的でした。また、(ウオッカの単勝とダイワスカーレットとの馬連を購入していたので)レースのスタート前からレースが確定するまでの間、ドキドキしっぱなしでしたし、馬券も的中して嬉しかったです」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する