朝日杯フューチュリティステークス(2008/12/21) のレース情報

基本情報
中山芝・右外1600M
開催
第05回 中山06日目
コース
中山芝・右外1600M
クラス
オープンGⅠ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才(混) 牡・牝 (指)
頭数
16
発走時刻
15:25
回次
第 60 回
本賞金(万
6,300 - 2,500 - 1,600 - 950 - 630
レース名
朝日杯フューチュリティステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:1.35.1
平均ペース
50 (34+16)
前半5F:
58.8
後半3F:
36.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 岩田康誠 55.0 1.35.1 35.0 ----7--9--9 2 5.4 グラスワンダー / セイウンクノイチ 栗) 領家政蔵 514 +10 3 2
02 アタマ ルメール 55.0 1.35.1 35.2 ----7--8--8 5 6.2 キングカメハメハ / ライラックレーン 美) 加藤征弘 450 +6 11 6
03 1/2 武豊 55.0 1.35.2 35.1 ---14--9--6 1 4.3 Smart Strike / Queue 美) 戸田博文 446 +10 5 3
04 クビ 飯田祐史 55.0 1.35.2 36.1 ----4--4--3 6 12.7 アグネスタキオン / ホッコーソレイユ 栗) 飯田明弘 498 +2 15 8
05 吉田隼人 55.0 1.35.5 35.1 ---13-13-12 14 79.1 マリエンバード / ベルヴェデーレ 美) 和田雄二 444 -6 13 7
06 11/4 ペリエ 55.0 1.35.7 36.7 ----4--2--3 3 5.8 ダンスインザダーク / エスユーエフシー 栗) 牧田和弥 450 +4 1 1
07 クビ 北村友一 55.0 1.35.8 35.4 ---11-13-12 4 5.9 ジャングルポケット / シェーンクライト 栗) 岡田稲男 470 -2 2 1
08 クビ 内田博幸 55.0 1.35.8 36.3 ----4--5--3 7 16.0 コロナドズクエスト / タイフウジョオー 栗) 西園正都 480 0 9 5
09 21/2 北村宏司 55.0 1.36.2 35.7 ---15-15-15 11 45.3 アドマイヤコジーン / スズランストーリー 美) 坂本勝美 476 +10 7 4
10 11/4 横山典弘 55.0 1.36.4 36.1 ----7-12-12 8 19.8 ホワイトマズル / マルスフラウ 美) 伊藤正徳 486 +2 6 3
11 ハナ 田中勝春 55.0 1.36.4 36.6 ----7--7--9 15 105.7 タイキシャトル / ボブズディレンマ 美) 栗田博憲 440 0 4 2
12 クビ 勝浦正樹 55.0 1.36.5 36.4 ---11--9--9 16 124.2 エイシンサンディ / プラチナレディー 美) 岩戸孝樹 474 +6 10 5
13 11/4 江田照男 55.0 1.36.7 35.9 ---16-16-16 12 66.2 キングカメハメハ / レディテルライド 美) 岩戸孝樹 468 0 14 7
14 3/4 松岡正海 55.0 1.36.8 38.0 ----2--1--1 10 33.5 マンハッタンカフェ / メモリーズオブロニー 栗) 坂口正則 490 -2 8 4
15 クビ 三浦皇成 55.0 1.36.9 37.4 ----3--5--6 13 66.3 エイシンプレストン / セイントセーラ 栗) 山内研二 462 -2 16 8
16 蛯名正義 55.0 1.37.4 38.5 ----1--2--2 9 26.2 マイネルラヴ / グラブ 美) 戸田博文 486 +6 12 6
~払い戻し~
単勝 3番 (2人) 5.4 枠連 2-6 (8人) 16.7 複勝 3番(5人)
11番(3人)
5番(1人)
2.1
1.9
1.6
ワイド 3-11(10人)
3-5(3人)
5-11(2人)
7.5
5.0
4.7
3連複 3-5-11 (7人) 25.8 馬連 3-11 (10人) 19.6
3連単 3-11-5 (51人) 172.3 馬単 3-11 (19人) 36.8
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


中山11Rの第60回朝日杯フューチュリティステークス(GI・芝1600m)は2番人気セイウンワンダー(岩田康誠騎手)が優勝、GI初制覇を飾った。中団追走から直線馬群を捌いて内ラチ沿いに持ち出すと一気の伸び脚で抜け出し、ゴール前外から急追したフィフスペトルをアタマ差振り切ってゴールに飛び込んだ。勝ちタイムは1分35秒1(良)。2着に5番人気フィフスペトル。後方から早めに動いた1番人気ブレイクランアウトはゴール前脚色が鈍り、さらに1/2馬身差の3着に終わった。
セイウンワンダーは栗東・領家政蔵厩舎の2歳牡馬で、父グラスワンダー、母セイウンクノイチ(母の父サンデーサイレンス)。通算4戦3勝で、重賞は08年新潟2歳S(GIII)に次ぐ2勝目。
~レース後のコメント~
1着 セイウンワンダー(岩田騎手)
「休み明けで心配でしたが、馬がうまく仕上げてあったので勝てました。馬がレースを上手に出来ていて、道中はいい手応えがありましたね。内に突っ込んで行くようにしました。最後にフィフスペトルが迫ってきて少し焦りましたが、勝ててよかった。今後も楽しみな馬ですね」
(領家師)
「強いのは分かっているんですが、間隔が開いていたのでそれだけが心配でした。スタートをきちんと切れたので半分安心していました。ただ、3~4コーナーで少し反応が悪かったのはそのせいでしょうね。それでもそこから伸びて来て凌ぎ切ってくれたのは根性でしょう。掛かって行く馬ではないので距離も心配していません」
2着 フィフスペトル(ルメール騎手)
「道中はリラックスしていていい感じでした。最後内に持ち出してからは勝てると思いました」
3着 ブレイクランアウト(武豊騎手)
「大事に行き過ぎましたね。少し仕掛けも早かったです。馬自体は勝つ資格のある馬です。人間(騎手)が休み明けだったので、来週はひと叩きして期待できるんじゃないかな(笑)」
(戸田師)
「武騎手は『仕掛けが早かった…』というふうにフォローしてくれましたが、馬の方がもうワンパンチ欲しいというか、お勉強が必要かもしれません。4着の馬を交わした段階でもういいやと止めようとしていました。その辺りをもう一度やり直して教えていく必要がありますね」
14着 ツルマルジャパン(松岡騎手)
「ブリンカーの効果はあったんですが、馬が引っ掛かってしまった。1度うまくいかなくなると走らなくなってしまう…。能力のある馬なので後は気持ちの問題じゃないかな。距離もこの馬には1200m、1400mの方が合っている」v
12着 レジネッタ(小牧騎手)
「あまり前へは行かずに前を眺めながら行けました。本来なら直線でグイッと来る手応えがあるんですが、今日はそれがありませんでした」
14着 ビエンナーレ(三浦騎手)
「直線に入った時は一瞬オッと思いましたけどね。切れ味では勝負にならないので早めに勝負に行ったんですが…。でも馬は反応もよくなって折り合いもつくようになっています」
16着 フェアブリーズ(A・ヘルフェンバイン騎手)
「いい位置取りが出来たが、ちょっとペースが速かったのと、馬場が少し硬かった。最後の直線では力が残っていなかった」
17着 コスモプラチナ(石橋脩騎手)
「自分のペースで逃げられました。GIでいい経験を僕がさせてもらって馬に感謝したい」
※落馬したポルトフィーノの角居師(レース直後)
「詳しいことはパトロールビデオを見ないと分かりませんが…残念と言うしかありません」宴Xワン(蛯名騎手)
「凄い脚で来てオッと思ったんですが、坂でモタついて急にペースダウンしてしまいました。やはり平坦の方がいいんですかね」
9着 アサクサキングス(藤岡佑騎手)
「半馬身ほど出遅れたので二の脚をつけて行きました。追ってからも手応えはありましたが、最後まで続きませんでした」
※天皇賞・秋の表彰式でプレゼンターを務めた2008年JRAナビゲーター、蒼井優さんのコメント
「白い誘導馬や緑の芝生などが美しく、すごく高貴な雰囲気のある場所で、多くの人が1つのレースに向けて感情を思いっ切り表現出来る競馬は、最近感じることのなかった興奮があって感動的でした。また、(ウオッカの単勝とダイワスカーレットとの馬連を購入していたので)レースのスタート前からレースが確定するまでの間、ドキドキしっぱなしでしたし、馬券も的中して嬉しかったです」

予想動画
関連記事
関連つぶやき