ひいらぎ賞(2008/12/20) のレース情報

基本情報
中山芝・右外1600M
芝・右外1600M
晴  
1勝クラス特別   サ2才(混)(特) / 馬齢
ひいらぎ賞
16 頭
14:15発走
本賞金) 1,000 - 400 - 250 - 150 - 100 (万
予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
image
直線 310 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.35.3
前半5F:
59.9
後半3F:
35.4
ペース:平均
-2 (-18+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 吉田隼人 55.0 1.35.3 35.4 ----1--1--1 7 23.6 メジロライアン / パシフィックベル 美) 伊藤圭三 500 +4 8 4
02 内田博幸 54.0 1.35.5 35.5 ----2--3--6 8 24.5 メジロマックイーン / アイネスターキン 美) 田村康仁 478 +6 6 3
03 11/4 吉田豊 55.0 1.35.7 35.3 ---14--8--7 1 2.0 シンボリクリスエス / ディーバ 美) 大久保洋 490 +8 15 8
04 13/4 松岡正海 55.0 1.36.0 35.9 ----6--5--2 2 4.3 ホワイトマズル / クイーンブルー 栗) 領家政蔵 468 -4 12 6
05 11/2 横山典弘 55.0 1.36.2 34.9 ---14-16-13 5 14.8 タイキシャトル / バービキャット 美) 藤沢和雄 516 0 9 5
06 1/2 勝浦正樹 55.0 1.36.3 35.4 ---14-13-12 11 63.1 アッミラーレ / エアレジェーロ 美) 尾形充弘 500 +4 5 3
07 クビ 柴田善臣 54.0 1.36.3 36.0 ----8--7--7 6 22.8 トワイニング / ラフィカ 美) 池上昌弘 432 0 3 2
08 クビ 木幡初広 55.0 1.36.4 36.0 ----8--8--9 15 157.3 マヤノトップガン / ニシノファンシー 美) 南田美知 494 +4 1 1
09 ハナ 田中勝春 54.0 1.36.4 35.4 ---11-13-13 14 154.3 エアジハード / メジロチャイブ 美) 萱野浩二 446 -12 7 4
10 武士沢友 55.0 1.36.6 36.7 ----2--2--2 16 178.1 アグネスデジタル / ヒャッカリョウラン 美) 高橋祥泰 464 -2 11 6
11 11/4 柴山雄一 54.0 1.36.8 35.8 ---11-13-13 9 53.6 エアジハード / アグネスチーアフル 美) 畠山吉宏 458 +6 16 8
12 クビ 小野次郎 54.0 1.36.8 36.2 ----6-10-10 12 77.7 ナリタトップロード / ゴフクインバウンド 美) 星野忍  440 +2 10 5
13 11/2 丹内祐次 54.0 1.37.0 36.9 ----2--5--4 13 123.0 チーフベアハート / ミユキハルカゼ 美) 阿部新生 422 -6 2 1
14 ハナ 三浦皇成 55.0 1.37.0 37.0 ----2--3--4 10 60.6 ジェニュイン / リーチマイハーバー 美) 柴崎勇  500 +2 13 7
15 11/4 後藤浩輝 54.0 1.37.2 36.5 ----8-10-10 3 6.0 キングカメハメハ / エグジジェ 美) 国枝栄  478 -4 4 2
16 11/2 ペリエ 55.0 1.37.4 36.8 ---11-10-13 4 13.1 キングカメハメハ / ホクトペンダント 美) 堀宣行  476 +2 14 7
単勝 8番 (7人) 23.6 枠連 3-4 (25人) 103.8 複勝 8番(8人)
6番(6人)
15番(1人)
5.8
4.4
1.3
ワイド 6-8(40人)
8-15(10人)
6-15(11人)
47.6
11.0
11.1
3連複 6-8-15 (39人) 146.1 馬連 6-8 (40人) 175.8
3連単 8-6-15 (396人) 1,739.0 馬単 8-6 (86人) 454.7
該当なし
レース後のコメント


中山9Rのひいらぎ賞(2歳500万下・芝1600m)は、7番人気メジロチャンプ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒3。1馬身差の2着に8番人気ディアジーナが、1馬身1/4差の3着に1番人気サンカルロがそれぞれ入線。
メジロチャンプは美浦・伊藤圭三厩舎の2歳牡馬で、父メジロライアン、母パシフィックベル(母の父アフリート)。通算成績は4戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 メジロチャンプ 吉田隼人騎手
「行く馬がいなかったのでハナへ。マイペースだったし、折り合いだけに気をつけて乗りました。最後までしっかりしていましたよ」
2着 ディアジーナ 内田博幸騎手
「うまく逃げ馬に逃げられちゃいましたね。この馬も上手にレースはしているんですが」
3着 サンカルロ 大久保洋吉調教師
「外枠で行きたがっていたし、ペースが遅いからね。力は上のものを持っているとは思うけど、今日は仕方ないね」
4着 カイシュウボナンザ 松岡正海騎手
「最初のコーナーでゴチャついて、引っ張るような形。まだ力が全体につき切っていない状態で、あの不利は苦しかったですね」ンス)。通算成績は5戦1勝となった。
>・今週は散水を実施していない。
(JRA発表による)リ・栗東) 452(プラス6)
※開催場以外で計量した競走馬については、計量後に開催場へ輸送をする。
※馬体重は「調教」・「輸送」・「餌付」・「排糞」等により、常に大きく変動する。
※発表された数字はあくまでも計量した時点でのもの。レース当日のものとは異なる。
※競走当日の馬体重は概ねレースの70分前に計測する。
(JRA報道室発表)うことになるでしょうけど、それでもいい競馬をしてくれると思ってます。
(取材:佐藤泉)。
 
 今朝の調教は前の馬を追走する形でリキミのない道中の走りも好感が持てましたし、最後少し仕掛けてからの反応も素晴らしかったんで、騎乗したジョッキー(柴田善臣騎手)も満足してましたけど、新馬の内容と決め脚はもう上位と互角だと思ってますんで、本来のマッハの競馬さえしてくれれば全然差の無い競馬ができると思ってます。

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する