新馬 (サ2才) 中山 5R 2008/12/14 のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
開催
第05回 中山04日目
コース
中山ダート・右1200M
クラス
新馬(馬齢
レースNO
5 R
天候馬場
雨 重
条件
サ2才牝 [指]
頭数
16
発走時刻
12:05
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.11.3
平均ペース
37 (130-93)
前半5F:
58.4
後半3F:
37.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 北村宏司 54.0 1.11.3 37.6 -------2--2 2 4.0 ティンバーカントリー / サクラブーケ 美) 畠山吉宏 468 8 4
02 吉永護 54.0 1.12.4 38.3 -------4--4 5 11.3 イーグルカフェ / エアベリーニ 美) 小島太  466 12 6
03 クビ 小林淳一 54.0 1.12.5 38.2 -------5--5 11 57.8 タヤスツヨシ / コアレスホワイト 美) 星野忍  470 11 6
04 3/4 内田博幸 54.0 1.12.6 38.3 -------5--6 4 5.5 ゴールドアリュール / リッツリーター 美) 藤沢和雄 466 6 3
05 田中博康 53.0 1.13.1 39.4 -------1--1 10 55.1 マンボノテイオー / グラールスイート 美) 清水英克 482 3 2
06 クビ 吉田隼人 54.0 1.13.1 39.3 -------3--3 3 4.4 アサティス / ローズカーニバル 美) 伊藤圭三 468 13 7
07 1/2 梶晃啓 54.0 1.13.2 37.1 ------10-10 13 79.2 マヤノトップガン / スナークエレガント 美) 佐藤吉勝 420 5 3
08 蛯名正義 54.0 1.13.4 38.7 -------9--9 7 14.4 ジャングルポケット / ピクニックムード 美) 小笠倫弘 470 16 8
09 クビ 御神本訓 54.0 1.13.4 39.0 -------8--7 1 4.0 ゴールドアリュール / オージーカンパニー 美) 小島茂之 478 14 7
10 津村明秀 54.0 1.13.9 37.4 ------12-12 12 74.8 ホワイトマズル / グラフティバンダム 美) 伊藤伸一 448 4 2
11 31/2 柴田大知 54.0 1.14.5 37.7 ------13-13 16 248.4 スキャターザゴールド / ビビットダンサー 美) 高松邦男 462 9 5
12 ハナ 小野次郎 54.0 1.14.5 38.4 ------10-11 14 122.8 スキャン / ラブリーグリーン 美) 星野忍  394 1 1
13 11/2 伊藤工真 51.0 1.14.7 37.5 ------15-13 15 238.9 ビークァイエット / キョウエイミニヨン 美) 萱野浩二 406 15 8
14 1/2 藤田伸二 54.0 1.14.8 40.5 -------5--8 6 14.0 バブルガムフェロー / タガノビーム 美) 高木登  468 10 5
15 11/2 勝浦正樹 54.0 1.15.0 37.9 ------15-15 8 48.4 スピードワールド / スズノボヌール 美) 小西一男 450 7 4
16 三浦皇成 53.0 1.15.8 38.9 ------13-16 9 48.9 ヘクタープロテクター / ベルモントライブ 美) 和田正道 468 2 1
~払い戻し~
単勝 8番 (2人) 4.0 枠連 4-6 (9人) 21.3 複勝 8番(2人)
12番(5人)
11番(11人)
1.9
3.1
13.1
ワイド 8-12(11人)
8-11(36人)
11-12(45人)
9.8
37.7
52.3
3連複 8-11-12 (98人) 391.0 馬連 8-12 (8人) 24.6
3連単 8-12-11 (367人) 1,584.4 馬単 8-12 (18人) 44.8
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


中山5Rのメイクデビュー中山(2歳新馬・ダート1200m)は、2番人気サクラミモザ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒3。7馬身差の2着に5番人気ペイントカフェが、クビ差の3着に11番人気コアレスソアラがそれぞれ入線。
サクラミモザは美浦・畠山吉宏厩舎の2歳牝馬で、父ティンバーカントリー、母サクラブーケ(母の父サンデーサイレンス)。
レース後のコメント
1着 サクラミモザ 北村宏司騎手
「ゲートをポンと出て、一頭行かせて落ち着いてレースが出来ました。早目先頭で物見をしていましたが、あれだけ離していましたからね。調教の動きも良く、期待していました。芝も大丈夫です」
2着 ペイントカフェ 吉永護騎手
「スーっと好位につけて、いい競馬ができましたが、今日は勝った馬が強かったですね。でもこの馬もいい馬ですよ」
3着 コアレスソアラ 小林淳一騎手
「攻め馬で気に悪い所を見せていたが、上手に前につけて最後も脚を使っていました。今日みたいに素直に走れればチャンスもあるでしょう」
6着 プリモローズ 吉田隼人騎手
「いい感じでゲートも早く、3番手につけられましたが、追ってからが一本調子でしたね。距離はこれくらいがいいでしょう」
中山6Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は、5番人気ピースオブラック(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒9。3/4馬身差の2着に1番人気ネオレボルーションが、2馬身半差の3着に8番人気トウカイソニックがそれぞれ入線。
ピースオブラックは美浦・石毛善彦厩舎の2歳牝馬で、父ステイゴールド、母タイキフブキ(母の父タイキブリザード)。
レース後のコメント
1着 ピースオブラック 大野拓弥騎手
「調教で乗った時から走る印象がありました。後方からの競馬で道中はフワフワしていましたが、勝負所で仕掛けてからはいい脚を使ってくれました。切れる馬だと思っていましたが、その通りでした。またこれからどんどん良くなる馬ですよ」
石毛善彦調教師
「坂路でしかやっていないので、どうかなと思っていたが、稽古で乗った大野君が『いい馬です』と言っていたんだ。彼が乗せてくれと言って離さないんだよ(笑)まだフワフワして走っているけど、8分の出来だったから今後が楽しみだね。距離はさらに延びてもいいだろう」
2着 ネオレボルーション 北村宏司騎手
「ハナを切ったけど、道中物見をしたりで集中力が途切れ途切れでした。まだ若いところを見せたので、今後はそのあたりが無くなればいいでしょう。それでも一杯一杯のレースでは無かったので、これから良くなると思いますよ。距離はこれくらいがいいようです」はマイナスだったなぁ。今後はオーナーと相談しますが、牝馬限定の交流重賞路線を行くことになるでしょう。年明けのTCK女王盃からエンプレス杯ですかね。それで地方競馬が盛り上がるなら、結構なことですよね。
 安藤騎手は上手に乗ってくれました。スタート直後に寄られたので押して前に行った分が最後に影響したと思いますが、相手は牡馬相手に好走した実力のある馬ですから仕方ないでしょう。
4着 ラピッドオレンジ (内田博幸騎手)
 久々を一度使って、馬は良くなっていましたよ。頑張ってました。次ですね。
5着 ザッハーマイン (戸崎圭太騎手)
 今日は馬が落ち着いていて、状態はよかったです。行きっぷりが良くてハナに立って行きましたが、どうも一生懸命走りすぎてしまうんですよね。
(取材:小林雅巳)

予想動画
関連記事
関連つぶやき