未勝利 (サ2才) 阪神 3R 2008/12/07 のレース情報

基本情報
阪神芝・右1200M
第05回 阪神 02日目
3 R
芝・右1200M
晴  
未勝利   サ2才(混)[指] / 馬齢
16 頭
11:00発走
本賞金) 500 - 200 - 130 - 75 - 50 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 356.5 M
image
直線 356.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.10.5
前半5F:
57.9
後半3F:
36.5
ペース:平均
31 (83-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 幸英明 55.0 1.10.5 35.6 -------6--5 5 15.5 シルバーチャーム / ベネットクィーン 栗) 境直行  466 -2 8 4
02 鮫島良太 55.0 1.10.8 36.1 -------3--3 3 5.6 キングカメハメハ / サマニベッピン 美) 伊藤大士 434 +4 1 1
03 11/4 池添謙一 55.0 1.11.0 37.0 -------2--1 1 2.3 サクラバクシンオー / エイユーヴィーナス 栗) 服部利之 444 0 15 8
04 1/2 上野翔 54.0 1.11.1 36.1 -------7--5 9 32.7 サクラバクシンオー / ラブリーカラー 栗) 飯田雄三 422 -12 12 6
05 戸崎圭太 55.0 1.11.3 35.6 ------12-13 11 84.8 アグネスデジタル / ヨシトップジーン 美) 嶋田潤  464 +4 6 3
06 クビ プラード 55.0 1.11.3 37.2 -------1--2 7 24.1 タイキファイヤー / ミナミノエレガンス 美) 和田正道 466 +24 2 1
07 ハナ 内田博幸 55.0 1.11.3 35.8 ------12-11 2 4.2 フサイチソニック / シュペリーヌ 美) 星野忍  472 +6 11 6
08 21/2 長谷川浩 54.0 1.11.7 36.3 ------11-11 10 60.9 スウェプトオーヴァーボード / ヴェネジア 栗) 北出成人 458 +8 4 2
09 13/4 福永祐一 55.0 1.12.0 36.7 -------9--8 4 7.6 フジキセキ / マリアキャロッタ 栗) 岡田稲男 478 +2 5 3
10 13/4 北村友一 55.0 1.12.3 36.3 ------14-14 13 167.2 ジェニュイン / ヴァンコリーヌ 栗) 飯田雄三 458 +4 9 5
11 1/2 安部幸夫 54.0 1.12.4 37.8 -------3--3 14 184.6 グランデラ / ユノクリスピー 栗) 田中章博 446 0 16 8
12 11/2 藤田伸二 54.0 1.12.6 37.3 -------9--8 12 95.4 マーベラスサンデー / ノーザンセレナード 栗) 梅内忍  450 -2 13 7
13 酒井学 54.0 1.13.3 38.2 -------7--8 6 19.6 ネオユニヴァース / シクレノンジュエル 栗) 西園正都 410 -2 3 2
14 1/2 武英智 54.0 1.13.4 37.2 ------15-15 15 242.0 マンハッタンカフェ / コンゴウピリカ 栗) 山内研二 414 -10 14 7
15 1/2 野元昭嘉 55.0 1.13.5 37.3 ------15-15 16 441.1 タヤスツヨシ / シルバープライス 栗) 野元昭  488 +8 10 5
16 13/4 ガルシア 55.0 1.13.8 39.0 -------3--7 8 29.6 サクラバクシンオー / キョウエイコロナ 栗) 小崎憲  480 -2 7 4
単勝 8番 (5人) 15.5 枠連 1-4 (12人) 26.9 複勝 8番(5人)
1番(3人)
15番(1人)
3.0
1.9
1.2
ワイド 1-8(17人)
8-15(5人)
1-15(2人)
15.4
5.5
3.3
3連複 1-8-15 (6人) 28.4 馬連 1-8 (17人) 57.7
3連単 8-1-15 (98人) 356.3 馬単 8-1 (36人) 134.5
該当なし
レース後のコメント

レース後のコメント~
1着 ウインザモチ(幸騎手)
「うまく前が空いてくれました。展開も向きましたが、この馬自身徐々に良くなっていて、今日は終いしっかり伸びていました」
2着 ジャグラーキング(鮫島騎手)
「1回使ってテンションが上がっていたし、1200mは合いましたね。馬も良くなっています。最後は狭くなってしまいました」
9着 メイショウフレアー(福永騎手)
「引っ掛かりました。難しい馬です」
13着 アメジストオブレイ(酒井学騎手)
「非力な馬でもっと軽い馬場の方がいいですね。スピードに乗れませんでした。今回は他馬を気にしていました。前回はそんなことなかったのですが、調教でも気にする面を見せていましたね。ラチ沿いにいたのですが、外からどんどん来られ、行き場がなくなってしまいました」
阪神4Rの2歳未勝利戦(芝1800m)は3番人気ケイアイドウソジン(O・ペリエ騎手)が優勝。勝ちタイムは1分48秒6(良)。1馬身1/4差2着に12番人気ローズバンク、さらにクビ差で3着に7番人気トレジャーハントが入った。
ケイアイドウソジンは栗東・池江泰郎厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ブリーダーズフライト(母の父Cutlass)。通算2戦1勝。
~レース後のコメント~
1着 ケイアイドウソジン(ペリエ騎手)
「前走は4コーナーで物見をして下がってしまいながら、そこからもう一度脚を使ってくれたんです。ですから、同じようなことがなければ今日は勝てると思っていました。能力のある馬ですよ」
3着 トレジャーハント(藤岡康騎手)
「積極的に乗ってくれと言われていました。3コーナーまではずっと他馬に来られていましたが、その後はハミが抜けてうまく逃げられました。いい馬だと思います」
5着 カネトシタフガイ(北村騎手)
「前回はそこそこの位置について行ってそのままの競馬。今日は下げて行きましたが、ジリジリとは来ていたもののスパッとは来ませんでした。気持ちも体もまだ子供。もっと前向きさが出ればいいですね」
7着 ゴールデンチケット(ウィリアムズ騎手)
「スタートがよく、いい位置でレースをすることが出来たが、最後の直線では勝ち馬について行くことが出来なかった。柔らかい馬場が合っていそうなのでダート向きかもしれない」
14着 キンショーノボス(安藤勝騎手)
「スタートで滑ってしまい、その後は変な跳びで走っていました。スタートが影響したのでしょうか」
18着 シルククレヴァー(ホワイト騎手)
「馬がまだ幼い。コーナーワークはよかったが、直線ではフラフラしていた。でも幼い分、次回の成長に期待したい」ンピロリビエラ 川島信二騎手
「手応えよく行って、内を突こうか馬群を捌こうか、という風に考えていたのですが、モタついてしまいました。最後はもう脚が残っていませんでした。マイルぐらいがちょうどいいのかも知れません」
11着 ホッコーパドゥシャ 渡辺薫彦騎手
「最後100mぐらいまで、全然追えませんでした。そこまでは理想的だったんですけどね。内枠に泣かされました」フ反応も悪くなく、ここから伸びるだろうと思っていた。追ったのは1ハロン半くらいだが、そこからギアが入ってビューッと行くと思った。
 今思えば、少しおとなしかった。でも落ち着いているのだと思った。1日延びたことと、少し牝馬みたいな馬なのでそのあたりもあったのかな。それにしても、自分にとってもショックです」
6着 ホッカイカンティ (石橋脩騎手)
「勝ち馬の後ろにいていい感じで行ったが、坂を上って追い出したら案外だった。仕上がりは良かったのでもう少し力をつけないと厳しいですね」
7着 スマートファルコン (横山典弘騎手)
「前回のレースもあったので、しまいを生かす競馬をしたかったが…敗因は分かりません。距離?それも分からないね」驍セけに残念。」た馬も後ろの方にいたんだしね。勝った馬は強かったよ」
14着 エリモファイナル(内田博騎手)
「阪神JFに乗せてもらった時はかなり引っ掛かっていたので、今日は折り合いに気をつけていったんですが、伸びませんでした。ペースが遅かったし、なだめるのが難しかったです。折り合いが今後の課題ですね」
15着 アスピリンスノー(小野騎手)
「出遅れて前に取り付こうとしたら引っ掛かってしまった」r />「よく頑張りました。ノメる馬場のぶん、逆に引っかからずに折り合いがついたけど、距離が長かった。秋に短い距離を使うときにまた期待します」
17着 16番ナイアガラ(小牧太騎手)
「道中ずっと追っつけ通しだった」せんし、これから中距離路線で戦うことになると思いますけど、良馬場ならチャンスはあるでしょう」
9着 ダイワメジャー(安藤勝己騎手)
「5-6番手から早めに動けばいいと思っていましたが……。4コーナーからスッと伸びだして、そこで弾かれてしまいました。バランスを崩して馬が斜めになるくらい

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する