ベゴニア賞(2008/11/30) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
開催
第05回 東京08日目
コース
東京芝・左1600M
クラス
500万特別(馬齢
レースNO
7 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才(混)(特)
頭数
13
発走時刻
13:25
本賞金(万
1,000 - 400 - 250 - 150 - 100
レース名
ベゴニア賞 
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.35.2
平均ペース
5 (-11+16)
前半5F:
59.7
後半3F:
35.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 54.0 1.35.2 35.5 -------1--1 1 3.2 クロフネ / ピュアティー 美) 手塚貴久 442 0 11 7
02 11/2 ルメール 55.0 1.35.4 34.3 ------11-12 2 3.4 キングカメハメハ / ラクシャリーラス 栗) 領家政蔵 466 0 5 4
03 クビ 藤田伸二 55.0 1.35.5 35.1 -------7--6 5 9.7 ダンスインザダーク / ハリウッドレビュー 美) 加藤征弘 480 -8 7 5
04 ハナ 吉田隼人 54.0 1.35.5 35.2 -------5--4 7 13.9 ネオユニヴァース / マジカルウーマン 美) 久保田貴 486 +6 10 7
05 クビ 横山典弘 55.0 1.35.5 34.7 ------10--9 3 7.0 キングカメハメハ / ホクトペンダント 美) 堀宣行  474 -4 8 6
06 柴山雄一 55.0 1.35.8 34.8 ------11-10 9 32.9 ジェニュイン / リーチマイハーバー 美) 柴崎勇  498 +4 2 2
07 ハナ 岩田康誠 55.0 1.35.8 34.6 ------13-13 6 11.2 キングカメハメハ / レディテルライド 美) 岩戸孝樹 468 +6 1 1
08 1/2 三浦皇成 55.0 1.35.9 35.6 -------4--4 12 66.7 アグネスデジタル / ヒャッカリョウラン 美) 高橋祥泰 466 +6 3 3
09 内田博幸 55.0 1.36.2 35.8 -------7--6 4 9.2 ゴールドアリュール / マチカネレイロウ 美) 菊沢隆徳 470 -2 4 4
10 11/2 田中勝春 55.0 1.36.4 35.9 -------5--8 11 64.6 キングヘイロー / キョウエイハンター 美) 清水美波 442 0 12 8
11 1/2 川田将雅 55.0 1.36.5 36.5 -------2--3 8 27.8 ワイルドラッシュ / ノルデンフリマー 栗) 音無秀孝 476 -4 13 8
12 13/4 村田一誠 55.0 1.36.8 36.9 -------2--2 10 41.6 Forestry / Goldendale 美) 萱野浩二 484 0 6 5
13 ペリエ 55.0 1.37.6 36.7 -------9-10 13 112.8 タイキシャトル / タイキセレーネ 美) 古賀慎明 470 +2 9 6
~払い戻し~
単勝 11番 (1人) 3.2 枠連 4-7 (1人) 3.1 複勝 11番(1人)
5番(2人)
7番(4人)
1.3
1.4
2.4
ワイド 5-11(1人)
7-11(7人)
5-7(4人)
2.3
6.2
5.0
3連複 5-7-11 (2人) 15.1 馬連 5-11 (1人) 5.3
3連単 11-5-7 (7人) 65.2 馬単 11-5 (2人) 11.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京7Rのベゴニア賞(2歳500万下・芝1600m)は1番人気パールシャドウ(蛯名正義騎手)が人気に応えて優勝。スタート後2ハロンあたりで主導権を握り、直線後続を寄せ付けずにそのまま逃げ切った。勝ちタイムは1分35秒2(良)。1馬身1/2差2着に2番人気ナンヨーアイドル、さらにクビ差で3着に5番人気ダノンヒデキが入った。
パールシャドウは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母ピュアティー(母の父Woodman)。通算2戦2勝。
~レース後のコメント~
1着 パールシャドウ(蛯名騎手)
「ペースが遅くて折り合いを欠きそうだったので自分からハナに行きました。折り合えばこれくらいは走れます。テンションが高いのでもっと落ち着いてくれればいいですね。その辺りが課題です」
2着 ナンヨーアイドル(ルメール騎手)
「ゲートの中で尻餅をつきそうになった時に開いたので、飛び上がるようなスタートで出遅れてしまいました。直線、内にモタれるところもありますが、落ち着いて走れればいいですね」
4着 マジックシアター(吉田隼騎手)
「スタートがよくなっていますね。ペースが遅かったですが、向正面、馬の後ろで折り合いました。追い出してからの反応がそれほどよくないので、早め早めに動いて行きました。最後もしぶとく伸びているんですけどね。上がり勝負でもよく頑張っています」塔nッタンカフェ、母メイショウオッチモ(母の父フォーティナイナー)。
~冾ヘ追い切りを実施する予定です。
(JRA発表による)
 につけて、遅いペースの中で流れに乗っていいレースができたと思います。本番では5~6番手につけたいので、京成杯のようなレースでは行きっぷりが悪くなってしまいますから、あえて2番手に行ったという形です。中山の2000mを得意としている馬ですから、混戦とは言われていますが、うまく走ってくれるのではと思います。
この馬の癖も十分わかっていますし、呼吸も合いますからね。手応えは掴んでいますよ。馬体も大分フックラしてきた印象がありますし、精神的にもだいぶ安定して、大人になったかな、という感じはしますね。
先週、今週の動きも申し分ないですし、いい仕上がりだと思います。今週はレースですから、追い切りでは最後にステッキを入れて、気合をつけました。あまり単走では動かないタイプなのですが、反応もしっかりしていましたし、まじめに走っていましたよ。
あまりぬかるんだ馬場は得意ではないのですが、少し渋るぐらいならこなしてくれると思います。僕としては負けられないと思っていますので頑張ります」

予想動画
関連記事
関連つぶやき