赤松賞(2008/11/16) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
開催
第05回 東京04日目
コース
東京芝・左1600M
クラス
500万特別(馬齢
レースNO
9 R
天候馬場
曇 良
条件
サ2才(混) 牝 (特)
頭数
11
発走時刻
14:15
本賞金(万
1,000 - 400 - 250 - 150 - 100
レース名
赤松賞 
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.36.1
平均ペース
-45 (-61+16)
前半5F:
1.01.2
後半3F:
34.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 後藤浩輝 54.0 1.36.1 33.9 -------8--8 1 1.5 アグネスタキオン / ミスベルベール 美) 国枝栄  456 -4 7 6
02 吉田隼人 54.0 1.36.3 34.8 -------3--2 2 5.8 ネオユニヴァース / マジカルウーマン 美) 久保田貴 480 +2 1 1
03 クビ 内田博幸 54.0 1.36.3 34.5 -------3--4 6 18.0 メジロマックイーン / アイネスターキン 美) 田村康仁 472 0 4 4
04 11/4 柴山雄一 54.0 1.36.5 34.4 -------5--6 3 6.2 エアジハード / アグネスチーアフル 美) 畠山吉宏 452 -2 5 5
05 11/2 宮崎光行 54.0 1.36.7 34.3 -------8-10 5 17.7 ゴールドヘイロー / イブキピンクレディ 地) 堂山芳則 432 -8 8 7
06 クビ 勝浦正樹 54.0 1.36.8 34.3 ------11-11 7 33.9 ネオユニヴァース / ヤナビ 美) 杉浦宏昭 450 -6 6 6
07 21/2 松岡正海 54.0 1.37.2 35.2 -------5--6 4 14.9 ネオユニヴァース / コスモリバー 美) 藤原辰雄 406 -8 10 8
08 上村洋行 54.0 1.37.5 35.6 -------5--5 11 223.9 グランデラ / ジャストドゥイット 栗) 高橋隆  430 -4 2 2
09 北村宏司 54.0 1.38.0 35.8 ------10--8 8 59.5 マイネルラヴ / リリーアンドローズ 美) 清水英克 428 -2 3 3
10 丹内祐次 54.0 1.38.3 37.1 -------1--1 10 214.1 ザカリヤ / アデライーデ 美) 高松邦男 460 -6 9 7
11 江田照男 54.0 1.39.4 37.9 -------2--2 9 154.6 ヴィクトリースピーチ / サンマルドリーム 美) 菅原泰夫 476 +14 11 8
~払い戻し~
単勝 7番 (1人) 1.5 枠連 1-6 (2人) 3.6 複勝 7番(1人)
1番(3人)
4番(5人)
1.1
1.5
2.6
ワイド 1-7(2人)
4-7(5人)
1-4(10人)
2.0
4.4
7.4
3連複 1-4-7 (5人) 14.2 馬連 1-7 (2人) 4.0
3連単 7-1-4 (6人) 30.9 馬単 7-1 (2人) 5.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


東京9Rの赤松賞(2歳500万下・牝馬限定・芝1600m)は1番人気ダノンベルベール(後藤浩輝騎手)が優勝。後方追走から直線大外に回し、追い比べからゴール前抜け出した。勝ちタイムは1分36秒1(良)。1馬身差2着に2番人気マジックシアター、さらにクビ差で3着に6番人気ディアジーナが入った。
ダノンベルベールは美浦・国枝栄厩舎の2歳牝馬で、父アグネスタキオン、母ミスベルベール(母の父Bering)。通算3戦2勝。
~レース後のコメント~
1着 ダノンベルベール(後藤騎手)
「ゲートはゆっくり出しました。ペースが遅くなるのは分かっていましたが、競馬の形にこだわってレースをしました。大した馬ですよ」
2着 マジックシアター(吉田隼騎手)
「ゲートはポンと出て、ジッと2番手で我慢出来ました。脚は使っていますが、切れ味で相手が強かった。でも差し返しているし、テンションが上がらなければいい競馬が出来ると思います」
3着 ディアジーナ(内田博騎手)
「流れに乗っていい感じで行けました。一瞬勝てるかと夢を見ましたよ」
5着 モエレピンクレディ(宮崎騎手)
「ペースが遅く詰まってしまいました。馬が掛かってしまい、もう少し折り合いがつけばよかったです。でも芝は走りますね」でしょうが、新馬ですからね。これで追っての味が出てくれば楽しみですね」Oに行ってレースが出来ればと思います」
7着 ワールドプレミア(武豊騎手)
「まだ幼い面がありますが、いずれ走ってきます。能力は高いですよ」ナ、ゲートで少し前に行かせることにしました。3コーナーで前が詰まってしまって、スムーズだったらもっとやれたかも知れません」したかったんですけど……」いる」
(JRA報道室発表) 武豊騎手
「少し乗り難しい面はありますが、この血統は安定して走りますね。攻め馬や返し馬より実戦に行って良いタイプの馬です。今日は外枠からスムーズな競馬ができたのも良かったと思います」
2着 スプリングアウェク 藤岡佑介騎手
「返し馬の感覚は勝てるんじゃないかと思うくらいでしたが、追走に少し手間取っていました。1400メートルぐらいの方がいいかもしれません。でも追ってからしっかり伸びていますし、素質はありますよ」 />3着 ピサノエグゼ O.ペリエ騎手
「ゲートが悪くて、いい位置を取るのに脚を使ってしまいました。まだ

予想動画
関連記事
関連つぶやき