シンガポールターフクラブ賞(2008/11/09) のレース情報

基本情報
東京ダート・左1600M
開催
第05回 東京02日目
コース
東京ダート・左1600M
クラス
1000万特別(定量
レースNO
9 R
天候馬場
雨 良
条件
サ3上(混)(特)
頭数
16
発走時刻
14:25
本賞金(万
1,480 - 590 - 370 - 220 - 148
レース名
シンガポールターフクラブ賞 
コース・ラップ
平均ペース
直線 501 M
勝ちタイム:1.36.2
平均ペース
16 (55-39)
前半5F:
59.1
後半3F:
37.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 内田博幸 57.0 1.36.2 36.0 ------10-10 5 13.2 フォーティナイナー / アラマサブレーヴ 栗) 藤岡範士 460 -4 9 5
02 松岡正海 57.0 1.36.7 37.0 -------4--4 4 8.6 ジェニュイン / ドリーミーアイ 栗) 中竹和也 514 +2 7 4
03 後藤浩輝 57.0 1.37.0 36.2 ------15-15 2 4.9 ブライアンズタイム / フアーストラブ 美) 木村哲也 468 0 8 4
04 11/4 ペリエ 56.0 1.37.2 38.1 -------1--1 1 2.5 クロフネ / ヘアデイズ 栗) 高野友和 536 +2 4 2
05 吉田隼人 56.0 1.37.4 37.4 -------6--6 3 6.3 タヤスツヨシ / ラストキッス 美) 藤原辰雄 476 0 11 6
06 クビ 石橋脩 57.0 1.37.4 37.7 -------4--4 13 79.8 Honour and Glory / La Lupe 栗) 大久保龍 476 -14 5 3
07 クビ 幸英明 55.0 1.37.5 37.2 ------10-11 8 17.6 フジキセキ / マハーブ 美) 栗田博憲 506 +4 3 2
08 田中博康 57.0 1.38.3 37.7 ------14-13 6 15.5 ミシル / フェアサクセス 美) 田中剛  472 -6 16 8
09 13/4 鈴来直人 55.0 1.38.6 37.5 ------16-16 16 249.7 ブライアンズタイム / ウエルシュクイーン 美) 尾形充弘 422 +2 10 5
10 1/2 吉田稔 56.0 1.38.7 38.7 -------6--6 15 141.2 サウスヴィグラス / スノーガール 地) 藤田正治 508 -15 6 3
11 アタマ 佐藤哲三 56.0 1.38.7 39.3 -------3--3 12 62.7 アグネスタキオン / ワディア 美) 堀井雅広 466 0 12 6
12 1/2 小野次郎 55.0 1.38.8 38.8 -------6--6 14 100.7 アフリート / リアルファンシー 美) 中野隆良 484 -10 2 1
13 蛯名正義 55.0 1.39.3 39.2 -------6--9 11 56.0 バチアー / ミュゲルージュ 美) 伊藤正徳 484 0 15 8
14 田中勝春 57.0 1.39.6 39.0 ------10-13 10 53.8 Jade Robbery / バロットボックス 栗) 森秀行  518 -2 14 7
15 北村宏司 57.0 1.39.9 39.5 ------10-11 9 26.5 バブルガムフェロー / バラライカ 美) 古賀慎明 472 0 13 7
16 13/4 藤田伸二 57.0 1.40.2 41.0 -------2--2 7 16.3 ブライアンズタイム / マルブツローヤル 美) 中島敏文 502 +8 1 1
~払い戻し~
単勝 9番 (5人) 13.2 枠連 4-5 (12人) 28.1 複勝 9番(7人)
7番(4人)
8番(2人)
4.5
3.1
1.7
ワイド 7-9(26人)
8-9(11人)
7-8(6人)
22.8
9.3
7.0
3連複 7-8-9 (32人) 99.6 馬連 7-9 (25人) 73.4
3連単 9-7-8 (251人) 805.6 馬単 9-7 (49人) 144.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


東京9Rのシンガポールターフクラブ賞(3歳以上1000万下・ダート1600m)は、5番人気ワンダーポデリオ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒2。3馬身差の2着に4番人気タマモグレアーが、2馬身差の3着に2番人気トーセントゥルーがそれぞれ入線。
ワンダーポデリオは栗東・藤岡範士厩舎の4歳牡馬で、父フォーティナイナー、母アラマサブレーヴ(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は15戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 ワンダーポデリオ 内田博幸騎手
「位置取りは意識せずに、出たなりで自由に競馬をさせました。馬なりでいい感じで行けました。距離もこの位がちょうど良さそうで、長いという感じはしませんでしたよ。あれこれ考えずに乗ったのが良かったんでしょうか。いい伸び脚で楽しみな馬ですね」
2着 タマモグレアー 松岡正海騎手
「キレの無い馬なので早目に行きました。いい競馬で頑張っているんですが、勝った馬が強いですね。並ぶ間もなく交わされてしまいました。でもチャンスは近いですね」
3着 トーセントゥルー 後藤浩輝騎手
「後ろから行くつもりではいたんですが、あそこまで下がるとさすがにキツいですね。とにかく今回は後ろから行ってどこまで伸びるか試してみたかったんですが、これだけ走ればなんとかなりそうですね。前のように気分よく行かせると、手応えのわりに伸びないところがありましたからね・・・」
4着 クリストフォルス O.ペリエ騎手
「スタートもよくスピードもありますが、あと一息最後までもたなかったですね。1400メートルがベストではないでしょうか」で5着でしたが、今日はペースが速かったし、ごちゃごちゃしていたので無理に行かせずに自分からハミを取ったところで動こうと思っていました。直線ではうまく前が空きましたね。こういう競馬が合っていそうですし、平坦コースもいいですね」
3着 エーシンウォーマン 藤岡康太騎手
「馬場のいいところを選んで走らせました。うまく前に壁を作れたし、よく伸びてくれましたが、前の2頭が強かったです」
4着 マッドマックス 的場勇人騎手
「エンジンのかかりが遅いですね。3~4コーナーでの反応がよくなってくるといいですね。大型馬なので外枠でスムーズなレースができれば」
6着 カシノブシドー 西田雄一郎騎手
「もう少し抑えるつもりが、気持ちが入りすぎていました。勝てる馬だと思うのですが」ナすよ」
4着 スマートギア(武豊騎手)
「惜しかったね。いい感じで行けて、直線に向くまで本当にいいレースが出来たんだけど、そこから手応えほど伸びませんでした。距離なのか、メンバーなのか…でも、レース自体はいいレースが出来ました」
5着 マイネルチャールズ(松岡騎手)
「いい感じで運べたんだけど、手応えの割に頑張り切れませんでした。やはり距離が長かったようです」
6着 ベンチャーナイン(武士沢騎手)
「最後の4コーナーで乗っかりそうになってしまいました。そこからまた盛り返しているだけにもったいなかったです。それ以外はすべてうまく行きましたが…」

予想動画
関連記事
関連つぶやき