ブラジルカップ(2008/11/01) のレース情報

基本情報
東京ダート・左2100M
第04回 東京 07日目
11 R
ダート・左2100M
晴  
オープン特別
サ3上(混)(特) / ハンデ
ブラジルカップ
16 頭
15:35発走
本賞金) 2,400 - 960 - 600 - 360 - 240 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 501 M
ペース平均:
5
内枠好走:
0
勝タイム:
2.09.6
前半5F:
59.4
後半3F:
37.9
ペース:平均
55 (41+14)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 松岡正海 56.0 2.09.6 36.8 13-13-12-10 1 3.9 ブライアンズタイム / マイネプリテンダー 美) 上原博之 516 +6 15 8
02 クビ 吉田豊 52.0 2.09.6 36.6 14-14-13-13 8 25.9 ブライアンズタイム / ノーブルドノール 美) 尾形充弘 446 0 2 1
03 アタマ ペリエ 56.0 2.09.6 37.0 10-10-10--8 5 9.6 ブライアンズタイム / バロネッセ 栗) 池江泰郎 480 -6 9 5
04 クビ 菊沢隆徳 57.0 2.09.7 36.6 15-15-13-13 2 3.9 ティンバーカントリー / ホクトブルーバード 美) 武市康男 510 +2 13 7
05 クビ 内田博幸 56.0 2.09.7 36.9 10-10-11-10 9 29.1 マーベラスサンデー / プリンセスエイブル 栗) 増本豊  460 +2 4 2
06 11/4 蛯名正義 56.0 2.09.9 37.5 -7--7--7--5 3 4.9 ブライアンズタイム / マジカルウーマン 美) 久保田貴 468 +6 11 6
07 11/4 ルメール 54.0 2.10.1 38.1 -2--3--3--2 10 39.9 Victory Gallop / Summer Fantasy 栗) 小崎憲  472 -2 14 7
08 戸崎圭太 54.0 2.10.6 37.1 10-12-13-15 15 75.4 エルコンドルパサー / クローズ 栗) 村山明  506 -6 12 6
09 クビ 太宰啓介 56.0 2.10.6 38.9 -1--1--1--1 6 13.3 テイエムオペラオー / グリーンインディ 栗) 目野哲也 468 -11 16 8
10 1/2 勝浦正樹 56.0 2.10.7 38.6 -6--5--5--3 11 43.7 メイショウオウドウ / メイショウエビータ 栗) 高橋成忠 524 -6 7 4
11 31/2 後藤浩輝 57.0 2.11.3 38.7 -7--7--7--8 7 17.0 ジェニュイン / メイショウマキバコ 美) 鈴木伸尋 512 0 5 3
12 クビ 赤木高太 55.0 2.11.4 38.9 -5--6--5--5 4 9.5 ジェリ / シアトルロケット 栗) 音無秀孝 482 -2 1 1
13 11/4 村田一誠 54.0 2.11.6 39.5 -3--4--4--3 12 44.3 Thunder Gulch / ヘヴンリーアドヴァイス 栗) 池添兼雄 476 -8 8 4
14 大差 江田照男 51.0 2.13.3 39.2 16-16-16-16 13 61.6 タヤスツヨシ / ダービーローズ 美) 矢野照正 506 0 3 2
15 小林慎一 51.0 2.14.2 41.5 -9--7--7-10 16 174.5 ダンスインザダーク / バトルハート 栗) 本田優  494 +2 6 3
16 大差 田中勝春 54.0 2.19.3 46.8 -4--2--2--5 14 62.9 アドマイヤベガ / グリーティングス 美) 小島太  498 +24 10 5
単勝 15番 (1人) 3.9 枠連 1-8 (4人) 9.4 複勝 15番(2人)
2番(8人)
9番(5人)
1.8
5.8
3.3
ワイド 2-15(19人)
9-15(10人)
2-9(32人)
17.1
10.5
28.5
3連複 2-9-15 (55人) 180.4 馬連 2-15 (16人) 40.0
3連単 15-2-9 (253人) 912.9 馬単 15-2 (27人) 73.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京11Rのブラジルカップ(3歳以上オープン・ダート2100m)は、1番人気マイネルアワグラス(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分09秒6。クビ差の2着に8番人気ニシノナースコールが、アタマ差の3着に5番人気ゲイルバニヤンがそれぞれ入線。
マイネルアワグラスは美浦・稲葉隆一厩舎の4歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母マイネプリテンダー(母の父Zabeel)。通算成績は18戦6勝となった。
レース後のコメント
1着 マイネルアワグラス 稲葉隆一調教師
「この時期になると本当に具合が良くなるんです。それに東京はゆっくり乗れるので合っていますね。いい競馬でしたね。この後は阪神で2000mのレースがあるので、そこへ行こうかと思っています」
松岡正海騎手
「手前を替えない点はありましたが、このメンバーの中ではだいぶ強かったですね。前回勝ったことで馬が自信をつけたようですね」
2着 ニシノナースコール 吉田豊騎手
「流れが向いて、じっくり脚をためることができました。ハンデも良かったですね。勝った馬がそれ以上に走ったということでしょう。やはりダート向きだと思います」
3着 ゲイルバニヤン O.ペリエ騎手
「スタートはよく出たと思います。道中、中団でいい形でレースを進められました。一つ痛かったのは、4コーナーで寄られて、リズムを崩してしまったことですね。あれさえなければ、もっと上の着順だったと思います」
4着 エスケーカントリー 菊沢隆徳騎手
「この距離は合っていますね。ただ追ってからはジリジリとしか伸びてくれませんでした。斤量も恵まれましたしね」
6着 ドラゴンファイヤー 蛯名正義騎手
「いい感じで来そうな格好をしていたんですが、いまひとつ弾けませんでしたね。復調途上なんでしょうね」発走時刻の概ね70分前に計量しています。
(JRA発表などによる)o走で違う喜びがあります。この1年、力はあるのになかなか勝てなかったけど、斤量が軽くないとダメだとわかりました。今回もいい状態で出走できましたし、自信はなかったですがいいレースはしてくれると思ってました。この勝利で南関東では上位の力を証明できたと思います。この後はまだハッキリはしませんが、クイーン賞を目標にするつもりです。
2着 ダイワオンディーヌ(高野毅騎手)
 いいポジションでレースができました。先生の指示通りに中団の内で完璧に乗れました。うまく外に出せたしイケルと思ったんですけど。悔しい結果になりました。馬は良く頑張ってますが。
4着 ザッハーマイン(戸崎圭太騎手)
 いきなりの重賞でこれだけ走るんだから大したもんです。距離の1800も問題はありませんでした。慣れてこればもっとやれると思うし、根性のある馬ですよ。
6着 シールビーバック(今野忠成騎手)
 好位置に付けてガマンするレース。だけどだんだん頭が上がってしまって。今日は物見もしてたみたいですね。
8着 サイレントエクセル(板垣吉則騎手)
 だいぶ立ち直ってきました。期待はしていたんですが。この結果は現時点でのレベルの差かもしれません。
(取材:舩山陽司)A馬名、性齢、騎乗予定騎手】
1、  グレートステージ   牡6  未定
2、  キングビスケット   牡6  未定
3、  ダイワバンディット  牡7  未定
4、  ケイエスゴーウェイ  牡5  未定
5、

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する