古都ステークス(2008/10/25) のレース情報

基本情報
京都芝・右外2200M
開催
第04回 京都05日目
コース
京都芝・右外2200M
クラス
1600万特別(ハンデ
レースNO
10 R
天候馬場
曇 良
条件
サ3上(混)[指]
頭数
14
発走時刻
15:10
本賞金(万
1,830 - 730 - 460 - 270 - 183
レース名
古都ステークス 
コース・ラップ
スローペース
直線 404 M
勝ちタイム:2.14.1
スローペース
-65 (-113+48)
前半5F:
1.02.3
後半3F:
34.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 57.0 2.14.1 33.3 11-11-10-10 1 3.9 サンデーサイレンス / クイーンモード 美) 藤沢和雄 544 -6 5 4
02 11/4 秋山真一 55.0 2.14.3 34.3 -1--1--1--1 10 22.4 マンハッタンカフェ / ローリエ 美) 小島太  474 -10 13 8
03 3/4 四位洋文 57.0 2.14.4 33.8 -9--9--7--7 7 14.9 スエヒロコマンダー / パールクイン 美) 金成貴史 514 -2 10 6
04 1/2 角田晃一 56.0 2.14.5 33.7 -9--9-10-10 4 6.0 メイショウドトウ / シゲルタカネビケ 栗) 田中章博 468 0 6 4
05 クビ 小牧太 56.0 2.14.6 34.5 -2--2--2--2 11 25.5 タバスコキャット / アセルティンズエンジェルス 栗) 新川恵  498 -6 12 7
06 ハナ 和田竜二 54.0 2.14.6 34.3 -3--3--4--4 2 5.1 ウォーエンブレム / スカーレットレディ 栗) 石坂正  468 +10 2 2
07 ハナ 鮫島良太 55.0 2.14.6 34.2 -4--5--4--4 12 40.0 バブルガムフェロー / ダンシエンヌ 美) 加藤征弘 468 0 3 3
08 1/2 川田将雅 54.0 2.14.7 34.1 -5--6--7--7 3 5.2 ダンスインザダーク / スターズインハーアイズ 栗) 池江泰寿 476 0 4 3
09 アタマ 藤岡佑介 57.0 2.14.7 34.1 -7--6--7--7 8 16.6 アグネスタキオン / ウインドインハーヘア 栗) 吉田直弘 462 +8 1 1
10 3/4 武幸四郎 54.0 2.14.8 33.7 13-13-13-12 5 14.3 フジキセキ / インフェイヴァー 栗) 浅見秀一 466 0 7 5
11 11/4 佐藤哲三 54.0 2.15.0 33.9 11-11-12-12 14 141.9 エアダブリン / モリカイソウ 栗) 境直行  468 -6 9 6
12 3/4 浜中俊 52.0 2.15.1 34.7 -7--8--4--4 9 18.5 サンデーサイレンス / サベージレディ 栗) 鮫島一歩 474 +8 8 5
13 クビ 池添謙一 57.5 2.15.2 35.0 -5--3--3--2 6 14.5 サンデーサイレンス / セトフローリアン2 栗) 池江泰寿 488 0 14 8
14 21/2 石橋守 56.0 2.15.6 34.2 14-14-14-14 13 91.8 フォーティナイナー / エイシンサンサン 栗) 坂口正則 500 -2 11 7
~払い戻し~
単勝 5番 (1人) 3.9 枠連 4-8 (5人) 12.3 複勝 5番(1人)
13番(10人)
10番(9人)
1.7
6.5
5.1
ワイド 5-13(14人)
5-10(8人)
10-13(53人)
15.3
10.4
40.7
3連複 5-10-13 (64人) 178.4 馬連 5-13 (17人) 46.7
3連単 5-13-10 (353人) 1,108.8 馬単 5-13 (25人) 73.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


京都10Rの古都ステークス(3歳以上1600万下・芝2200m)は、1番人気キングアーサー(安藤勝己騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒1。1馬身1/4差の2着に10番人気ハリーアップが、3/4馬身差の3着に7番人気メトロシュタインがそれぞれ入線。
キングアーサーは美浦・藤沢和雄厩舎の5歳牡馬で、父サンデーサイレンス、母クイーンモード(母の父Akarad)。通算成績は20戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 キングアーサー 安藤勝己騎手
「豪快なトビの馬。最後までしっかり伸びて、強い競馬でした」
2着 ハリーアップ 秋山真一郎騎手
「北海道でいつもこの馬は見ていましたし、切れる脚はないと聞いていました。うまくいったかなと思うし、競馬自体は乗りやすい馬でしたよ」
4着 シゲルタック 角田晃一騎手
「内に入れたかったけれど、入れることができませんでした。それにペースも落ち着いてしまいましたね」
6着 キングスエンブレム 和田竜二騎手
「雰囲気は抜群。いい馬ですけど、現時点での力の差が出ましたね」
8着 アインラクス 川田将雅騎手
「いい位置で行けたし、内が開いたので、そこを狙ったんですけど……」イキシャトル、母ポニーガール(母の父Seattle Slew)。通算成績は3戦1勝となった。
※9分の8の確率での抽選となった収得賞金1500万の馬のうちヤマニンリュバンが出走枠に入ることができなかった。に話をしまして、その通り前で競馬してくれてしまいも良く伸びていい競馬をしてくれたと思ってます。
 春先は大型馬なのでなかなか思うような競馬ができなかったので、やっとここにきていい競馬ができるようになったと思ってます。
 その後は菊花賞目標ということでレース後の疲れを取った後は長め、長めの調教のスケジュールを組みまして、うまく今週に向けて調教ができました。先週もひっかかるところのない馬なのでしまい重点ということで、で今週は、先週予定より時計が少し遅い感じだったのでそれなりに追い切りをしましたけど。時計もある程度速かったですからね。予定どおりの調教ができたと思ってます。
 京都のコースは若馬なんでいろいろ心配なところはありますが、3歳馬同士ですし、いろんなコースでレースはしてますんで、そんなに心配はしてません。新潟ではオウケンブル

予想動画
関連記事
関連つぶやき