いちょうステークス(2008/10/25) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
開催
第04回 東京05日目
コース
東京芝・左1600M
クラス
オープン特別(別定
レースNO
9 R
天候馬場
曇 良
条件
サ2才(混)(特)
頭数
12
発走時刻
14:30
本賞金(万
1,600 - 640 - 400 - 240 - 160
レース名
いちょうステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.35.0
平均ペース
-28 (-44+16)
前半5F:
1.00.2
後半3F:
34.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 福永祐一 55.0 1.35.0 33.8 -------9-10 4 11.2 シンボリクリスエス / シンコウエンジェル 栗) 池江泰寿 526 +6 6 5
02 1/2 内田博幸 55.0 1.35.1 34.8 -------2--2 3 6.7 Came Home / ポストパレード 美) 尾形充弘 502 +4 12 8
03 1/2 田中勝春 55.0 1.35.2 34.2 -------9--9 5 16.8 キングカメハメハ / ミスティーミス 美) 黒岩陽一 468 +2 10 7
04 クビ 岩田康誠 55.0 1.35.2 34.6 -------4--4 1 1.7 Smart Strike / Queue 美) 戸田博文 440 +12 4 4
05 11/4 後藤浩輝 55.0 1.35.4 35.2 -------1--1 12 105.6 タイキシャトル / ボブズディレンマ 美) 栗田博憲 438 +6 7 6
06 クビ 藤田伸二 55.0 1.35.4 35.0 -------2--2 6 19.1 キングカメハメハ / レディテルライド 美) 岩戸孝樹 462 0 5 5
07 1/2 柴田善臣 55.0 1.35.5 34.2 ------12-12 7 25.5 ブライアンズタイム / ブルックリンハイツ 美) 二ノ宮敬 468 +6 11 8
08 ハナ 幸英明 55.0 1.35.5 34.3 -------9-10 8 27.0 ジャングルポケット / キングスミール 栗) 崎山博樹 444 +6 2 2
09 ハナ 松岡正海 55.0 1.35.5 34.6 -------7--7 9 31.9 Dream Run / Guilty Pleasure 美) 手塚貴久 512 0 1 1
10 11/4 吉田隼人 55.0 1.35.7 34.8 -------7--7 10 48.7 アグネスデジタル / ヒャッカリョウラン 美) 高橋祥泰 460 -2 9 7
11 11/4 武豊 55.0 1.35.9 35.3 -------4--4 2 6.5 シンボリクリスエス / ゲイリーピクシー 美) 鹿戸雄一 492 +6 8 6
12 31/2 吉田豊 55.0 1.36.5 35.8 -------6--4 11 63.4 キングカメハメハ / バブルウイングス 美) 田中剛  448 +8 3 3
~払い戻し~
単勝 6番 (4人) 11.2 枠連 5-8 (4人) 13.4 複勝 6番(4人)
12番(2人)
10番(6人)
3.3
2.2
5.4
ワイド 6-12(10人)
6-10(23人)
10-12(18人)
8.9
21.4
17.0
3連複 6-10-12 (45人) 131.5 馬連 6-12 (11人) 28.3
3連単 6-12-10 (203人) 750.3 馬単 6-12 (21人) 63.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


東京9Rのいちょうステークス(2歳オープン・芝1600m)は、4番人気ダノンカモン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒0。半馬身差の2着に3番人気ケイアイライジンが、半馬身差の3着に5番人気ダブルレインボーがそれぞれ入線。
ダノンカモンは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母シンコウエンジェル(母の父Ogygian)。通算成績は2戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ダノンカモン 福永祐一騎手
「稽古の動きもよく、馬体がしまってきました。体も重くありませんでした。ゲートに課題はありますが、練習すれば大丈夫でしょう。まだまだですが、よくなってくると思います」
2着 ケイアイライジン 内田博幸騎手
「かなら引っ掛かりましたね。抑えているんですがダメでした。それでもあそこまで我慢しているんですから、能力はありますよ。普通なら着外になっているところでした。自在性が出てくるといいですね」
4着 ブレイクランアウト 岩田康誠騎手
「全部中途半端になってしまいました。脚を大きく余してしまいました」
5着 トウカイフィット 後藤浩輝騎手
「スタートを出て、無理に引っ張らずに行きました。あとはうまく粘りこめるように乗りました」Oネスタキオン、母アドマイス(母の父Highest Honor)。通算成績は2戦1勝となった。
[スリの絡んだ6通りがほぼ並んだ人気で続くがいずれも50倍を超えている。
 3連単は1番人気のオウケンブルースリ→マイネルチャールズ→スマイルジャックの14→9→10でも100倍を超えて135.2倍となっている。
 なお、菊花賞の前々日発売の売り上げは7,864万9,500円。昨年との比較では93.4パーセントだった。
 同時に発売された明日の富士ステークスは上位の人気は割れたが、単勝1番人気は3番エイシンドーバーの4.1倍。以下7番マルカシェンク5.3倍、2番レッツゴーキリシマ5.6倍、16番フサイチアソート6.2倍の順。
 3連単は1番人気の7→3→2でも60倍を超えている。
(JRAウェブサイトによる)いでちょうど良くなると思いますよ。
 一連のクラシックを使ってきたからね。ここにきて上り目というのは難しいかもしれないね。下り目の方が多いんで、皐月賞、ダービーの頃の状態を維持しているとは思うけど、今日の感じは物足りないかな?ここに来て馬が硬くな

予想動画
関連記事
関連つぶやき