毎日王冠(2008/10/12) のレース情報

基本情報
東京芝・左1800M
第04回 東京 02日目
11 R
芝・左1800M
晴  
GⅡ   サ3上(国)(指) / 別定
第59 回 毎日王冠
16 頭
15:35発走
本賞金) 6,500 - 2,600 - 1,600 - 980 - 650 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.44.6
前半5F:
59.3
後半3F:
33.8
ペース:平均
-23 (-53+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤岡佑介 58.0 1.44.6 33.3 ----5--5--5 2 10.7 ロドリゴデトリアーノ / ユウサンポリッシュ 栗) 矢作芳人 464 -2 2 1
02 アタマ 武豊 57.0 1.44.6 33.8 ----1--1--1 1 1.5 タニノギムレット / タニノシスター 栗) 角居勝彦 490 +4 3 2
03 川田将雅 57.0 1.44.9 33.8 ----2--3--3 10 33.9 アドマイヤベガ / アドマイヤラピス 栗) 橋田満  530 +8 5 3
04 3/4 福永祐一 57.0 1.45.1 33.4 ----7--7--7 7 23.7 グラスワンダー / サクラメガ 栗) 友道康夫 484 +2 1 1
05 アタマ 横山典弘 58.0 1.45.1 33.2 ----9--9--9 4 14.5 ミラクルアドマイヤ / ブリリアントベリー 栗) 音無秀孝 450 -16 9 5
06 13/4 蛯名正義 57.0 1.45.4 33.3 ---11-12-11 5 16.2 グラスワンダー / ホッコーオウカ 栗) 荒川義之 526 -16 7 4
07 クビ 柴田善臣 57.0 1.45.4 33.1 ---14-14-14 14 69.6 サンデーサイレンス / ファンジカ 美) 大久保洋 520 -6 8 4
08 クビ 池添謙一 57.0 1.45.5 34.4 ----2--4--3 9 31.2 ジャングルポケット / サンデーピクニック 美) 中島敏文 494 -4 15 8
09 ハナ 北村宏司 58.0 1.45.5 34.1 ----5--6--5 12 50.7 ダンスインザダーク / ステイヤング 美) 清水利章 490 -12 14 7
10 クビ 秋山真一 57.0 1.45.6 34.7 ----2--2--2 6 23.3 フジキセキ / シュガーキャンディ 栗) 野村彰彦 488 -10 12 6
11 ハナ 三浦皇成 57.0 1.45.6 34.0 ----7--7--7 3 11.5 フジキセキ / グレースランド 美) 稲葉隆一 476 0 13 7
12 1/2 後藤浩輝 57.0 1.45.7 33.5 ---13-13-13 13 55.7 エルコンドルパサー / ホワイトウォーターレディ 美) 二ノ宮敬 508 -10 10 5
13 3/4 村田一誠 57.0 1.45.8 33.7 ---11-10-11 11 35.6 サンデーサイレンス / ベガ 栗) 松田博資 444 +4 4 2
14 藤田伸二 57.0 1.46.0 34.0 ----9-10--9 8 30.3 ステイゴールド / グリーンヒルマック 栗) 増本豊  436 -8 16 8
15 3/4 吉田隼人 57.0 1.46.1 33.7 ---15-15-14 15 142.7 サンデーサイレンス / アグネスセレーネー 栗) 長浜博之 502 +6 6 3
16 吉田豊 57.0 1.46.4 34.0 ---15-15-14 16 199.3 ジェネラス / エリモハスラー 栗) 田所秀孝 450 +4 11 6
単勝 2番 (2人) 10.7 枠連 1-2 (1人) 5.1 複勝 2番(2人)
3番(1人)
5番(8人)
2.5
1.1
4.1
ワイド 2-3(1人)
2-5(33人)
3-5(7人)
3.7
29.6
7.4
3連複 2-3-5 (22人) 65.7 馬連 2-3 (1人) 8.0
3連単 2-3-5 (124人) 375.7 馬単 2-3 (8人) 24.6
該当なし
レース後のコメント


東京11Rの第59回毎日王冠(GII・芝1800m)は2番人気スーパーホーネット(藤岡佑介騎手)が優勝、重賞3勝目を挙げた。好スタートからハナに立ったウオッカを見る形で道中は5番手を追走。直線に入って徐々に仕掛け、残り200mで単独2番手に上がったところで逃げるウオッカを射程に捉え、最後はねじ伏せるようにゴール前アタマ差競り落とした。勝ちタイムは1分44秒6(良)。2着に1番人気ウオッカ、さらに2馬身差で3着に10番人気アドマイヤフジが入った。
スーパーホーネットは栗東・矢作芳人厩舎の5歳牡馬で、父ロドリゴデトリアーノ、母ユウサンポリッシュ(母の父エルセニョール)。通算23戦9勝で、重賞は07年スワンS(GII)、08年京王杯スプリングC(GII)に続いて3勝目。
~レース後のコメント~
1着 スーパーホーネット(藤岡佑騎手)
「枠が決まった時点でウオッカだけ見てレースをしようと決めていました。ウオッカが逃げる形でもその考えは変わりませんでしたし、いい手応えでレースを運ぶことが出来ました。ウオッカにライバルと認めてもらえる馬に成長していると思うので、この秋も応援お願いします」

 
2着 ウオッカ(武豊騎手)
「今日はスタートもよかったが、ハナに行くつもりはなく、馬のリズムで行きました。折り合いもペースもよく、直線半ばまでは手応えもよかった。最後ちょっと鈍ったが、今日は勝ち馬が異常に走りましたね」


3着 アドマイヤフジ(川田騎手)
「1800m~2000mは走りますね。今日は1コーナーで外から他馬に擦られて馬が怖がってしまい、直線も内にササって追えませんでした。気分よく走れば結果は違っていたと思います」


4着 サクラメガワンダー(福永騎手)
「正直、春の休み明けと比べて物足りない。パドックでは落ち着いていたが、仕掛けどころでスーッと離されてしまった」


6着 オースミグラスワン(蛯名騎手)
「ペースが遅いので早めに動いて行った。マイナス体重も馬の状態はよかったし、終いもよく伸びています」


7着 ハイアーゲーム(柴田善騎手)
「ゲートでちゃんと立っていたがポコっと出たね。中団くらいにはつけて行かないと…最後脚を使っているだけに残念」


8着 トーセンキャプテン(池添騎手)
「スタートも出て、4コーナーまで手応えもよかったが、こういう瞬発力勝負では分が悪いね」


11着 ドリームパスポート(三浦騎手)
「雰囲気もよく、折り合いもついて競馬もスムースでしたが、弾けませんでしたね」

ト上昇しそうです」


10着 6番ダービーレグノ(幸英明騎手)
「終いも伸びてはいるのですが……。現時点での力は出せました」


13着 5番ローエングリン(後藤浩輝騎手)
「体調は良かったのですが、ああいう競馬では苦しい。最後まで頑張っていました」


15着 14番トレジャー(五十嵐冬樹騎手)
「もうちょっと前で競馬をしたかった。ついていけませんでした。直線に向いたときはもう手応えがありませんでした」


17着 11番アグネスデジタル(四位洋文騎手)
「スタートは出たが、ズブくて向正面で追っつけ通しでした」


18着 13番ゴーステディ(吉田豊騎手)
「前回の毎日王冠で抑えて行っていい結果が出せなかったので、今日は何が何でもハナに行けとの調教師からの指示があった。ペースが速いのはわかっていたが、ああなっては引けないし、この結果は仕方ない」

ツンとかかってしまって、暴走に近いペースになってしまいましたね。コスモバルクには皐月賞でもダービーでも悪い事をしてしまいました。距離的には2000mまででしょうか?自分のペースで行けたとき、きっと穴をあけると思いますよ。」


中止 3番マイネルブルック(藤田伸二騎手)
「球節の所からポッキリ。今日は返し馬の時も脚が出ていかなかったし、馬もゴトゴトしていて堅かった。力はあるだけに残念。」

た馬も後ろの方にいたんだしね。勝った馬は強かったよ」


14着 エリモファイナル(内田博騎手)
「阪神JFに乗せてもらった時はかなり引っ掛かっていたので、今日は折り合いに気をつけていったんですが、伸びませんでした。ペースが遅かったし、なだめるのが難しかったです。折り合いが今後の課題ですね」


15着 アスピリンスノー(小野騎手)
「出遅れて前に取り付こうとしたら引っ掛かってしまった」

r />「よく頑張りました。ノメる馬場のぶん、逆に引っかからずに折り合いがついたけど、距離が長かった。秋に短い距離を使うときにまた期待します」


17着 16番ナイアガラ(小牧太騎手)
「道中ずっと追っつけ通しだった」

せんし、これから中距離路

予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
当ページを共有する