相模湖特別(2008/10/12) のレース情報

基本情報
東京芝・左1400M
開催
第04回 東京02日目
コース
東京芝・左1400M
クラス
1000万特別(定量
レースNO
9 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)[指]
頭数
17
発走時刻
14:25
本賞金(万
1,480 - 590 - 370 - 220 - 148
レース名
相模湖特別 
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.20.9
平均ペース
-31 (-22-9)
前半5F:
57.5
後半3F:
34.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 北村宏司 57.0 1.20.9 33.8 -------5--5 1 1.7 マンハッタンカフェ / レガシーオブストレングス 美) 古賀慎明 498 +2 14 7
02 3/4 田中博康 57.0 1.21.0 33.9 -------7--5 5 19.1 ザカリヤ / レパーティー 美) 本間忍  460 +6 2 1
03 クビ 木幡初広 57.0 1.21.0 33.5 ------10-11 6 21.1 シャーディー / スイートアスペン 美) 古賀慎明 446 -4 5 3
04 11/4 横山典弘 53.0 1.21.2 34.4 -------3--3 3 9.1 ファルブラヴ / アズサユミ 美) 和田正道 484 +22 3 2
05 1/2 藤田伸二 55.0 1.21.3 33.5 ------14-15 2 6.7 ダンスインザダーク / ミスワキジャパン 栗) 昆貢   498 -4 8 4
06 クビ 吉田豊 55.0 1.21.3 33.9 ------10--8 7 23.7 ダンスインザダーク / バブルウイングス 美) 大久保洋 480 +4 16 8
07 クビ 柴田善臣 57.0 1.21.4 34.7 -------2--2 15 96.3 バブルガムフェロー / コリーナデルナ 美) 坂本勝美 488 0 13 7
08 1/2 津村明秀 55.0 1.21.5 34.7 -------4--3 14 70.5 パラダイスクリーク / ホウヨウマリン 美) 稗田研二 444 -2 11 6
09 ハナ 福永祐一 57.0 1.21.5 34.9 -------1--1 10 36.7 タイキシャトル / ミスティックライト 栗) 藤沢則雄 450 -6 12 6
10 3/4 大庭和弥 55.0 1.21.6 34.0 ------12-12 12 48.3 カーネギー / ノーザンハマナス 美) 石栗龍彦 488 +8 4 2
11 クビ 安藤光彰 55.0 1.21.6 34.2 -------8--8 13 60.0 アドマイヤベガ / ファンドリオボッコ 栗) 岩元市三 478 -4 15 8
12 中舘英二 53.0 1.21.9 33.8 ------17-17 11 42.8 マンハッタンカフェ / フォーティース 美) 武藤善則 474 +22 1 1
13 クビ 後藤浩輝 55.0 1.22.0 34.7 -------8--8 4 16.8 グラスワンダー / ラッキーソング2 栗) 領家政蔵 476 +8 6 3
14 クビ 柴山雄一 57.0 1.22.0 34.4 ------14-12 16 327.0 ラムタラ / エッコ 美) 和田正道 438 -10 10 5
15 3/4 武豊 53.0 1.22.1 34.5 ------12-12 9 33.7 Belong to Me / Primequest 美) 堀井雅広 474 0 9 5
16 3/4 大野拓弥 57.0 1.22.2 35.0 -------5--7 17 336.5 スターオブコジーン / ラベンダーノート 美) 清水英克 502 -12 17 8
17 11/2 藤岡佑介 57.0 1.22.4 34.6 ------14-15 8 24.4 サンデーサイレンス / ガゼルロワイヤル 栗) 友道康夫 492 0 7 4
~払い戻し~
単勝 14番 (1人) 1.7 枠連 1-7 (4人) 8.4 複勝 14番(1人)
2番(5人)
5番(6人)
1.1
3.4
3.4
ワイド 2-14(5人)
5-14(4人)
2-5(27人)
5.6
5.3
25.2
3連複 2-5-14 (13人) 52.4 馬連 2-14 (4人) 11.3
3連単 14-2-5 (24人) 138.6 馬単 14-2 (4人) 14.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


東京9Rの相模湖特別(3歳上1000万下・芝1400m)は1番人気アーバニティ(北村宏司騎手)が道中5~6番手追走から直線残り200mで抜け出し、外から追い上げた5番人気アロマンシェスに3/4馬身差をつけて優勝。勝ちタイムは1分20秒9(良)。さらにクビ差で3着に6番人気シンボリハレーが入った。
アーバニティは美浦・古賀慎明厩舎の4歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母レガシーオブストレングス(母の父Affirmed)。通算11戦7勝。
~レース後のコメント~
1着 アーバニティ(北村宏騎手)
「折り合いもつくようになり、好位でいい手応えで追走出来ました。直線も来ればまた伸びる感じでした。強くなりましたね」
2着 アロマンシェス(田中博騎手)
「前回よりも折り合いがついてスムースにレースが運べました。このクラスのペースにもついて行けましたね」
4着 ラルケット(横山典騎手)
「スタートもポンと出たし、馬が落ち着いていたね。使っての反動がなければ次はもっと良くなるでしょう」
6着 ショウナンアクロス(吉田豊騎手)
「ゲートが今ひとつで、ちょっと出したら掛かってしまった。でも馬は良くなってきましたよ」マーズガール(武豊騎手)
「スタートして、全然馬が前に行かなかった。ちょっと気の悪いところはデビュー当時にあったけど、久しぶりにそれが出てしまったようですね。馬自身元気で状態も良かったので、(敗因は)気の悪さが出たとしか考えられません。本当はこんな馬じゃないですから」
5着 ラヴァリーフリッグ(石崎騎手)
「やっぱり、少し距離が長いね……」
(取材:小林雅巳)B前から下がってくる馬を捌くのに苦労したし、外々を周らなくてはならず、最後は止まってしまった。血統的に脆さがあるんでしょう。でもその脆さがわかっているわけだから、自分の展開になれば強いレースをするはず」だと厳しいです。頑張っているし、直線に向いたときはイケるかもと思ったけど、勝ちきるまではキツイ。香港では2分2、3秒で走っている馬ですから」
5着 12番カンファーベスト(安藤勝己騎手)
「もっと接戦になれば耳を絞って根性を出すのですが、直線でバラけてしまいましたから。気性

予想動画
関連記事
関連つぶやき