エルムステークス(2008/09/13) のレース情報

基本情報
札幌ダート・右1700M
開催
第02回 札幌01日目
コース
札幌ダート・右1700M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)(指)
頭数
12
発走時刻
15:35
回次
第 13 回
本賞金(万
3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390
レース名
エルムステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 264 M
勝ちタイム:1.42.9
平均ペース
-23 (15-38)
前半5F:
1.00.3
後半3F:
36.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 岩田康誠 57.0 1.42.9 36.2 -3--3--3--3 3 5.0 Touch Gold / Dolly Talbo 栗) 白井寿昭 500 0 10 7
02 11/4 藤岡佑介 56.0 1.43.1 36.0 -8--8--6--4 7 14.1 ブライアンズタイム / アサヒブライト 美) 加藤征弘 490 -3 7 6
03 松田大作 56.0 1.43.4 36.9 -7--7--2--2 8 34.9 エアダブリン / エアジャスミン 美) 伊藤正徳 500 +8 5 5
04 クビ 藤田伸二 58.0 1.43.4 36.0 10-10-10--4 1 2.7 マヤノトップガン / ルナースフィア 栗) 武田博  466 +4 1 1
05 安藤勝己 56.0 1.43.7 37.4 -1--1--1--1 4 9.0 ブライアンズタイム / マコトシュンレイ 栗) 鮫島一歩 520 0 9 7
06 ハナ 福永祐一 57.0 1.43.7 36.8 -4--6--5--4 5 9.4 ブライアンズタイム / マジカルウーマン 美) 久保田貴 470 +6 8 6
07 クビ 村田一誠 56.0 1.43.8 36.5 -9--9--9--8 2 4.9 アドマイヤボス / アドマイヤエール 栗) 中尾秀正 512 -8 2 2
08 横山典弘 54.0 1.44.5 37.7 -2--2--3--7 11 39.2 ブライアンズタイム / ノーブルドノール 美) 尾形充弘 456 +14 12 8
09 11/2 小原義之 57.0 1.44.7 37.0 12-12-12--9 9 37.2 エアジハード / ナナヨーウイング 栗) 小原伊佐 518 -2 3 3
10 武豊 56.0 1.45.0 37.6 10-10-10-12 10 39.2 マーベラスサンデー / プリンセスエイブル 栗) 増本豊  470 +12 6 5
11 アタマ 和田竜二 57.0 1.45.0 38.0 -4--3--6--9 6 13.7 Stravinsky / Principium 栗) 山内研二 516 +10 4 4
12 古川吉洋 56.0 1.45.8 38.8 -4--3--6--9 12 77.2 サクラバクシンオー / コウユーラヴ 栗) 松永幹夫 526 -6 11 8
~払い戻し~
単勝 10番 (3人) 5.0 枠連 6-7 (2人) 7.4 複勝 10番(2人)
7番(6人)
5番(8人)
1.8
3.7
6.8
ワイド 7-10(8人)
5-10(21人)
5-7(39人)
7.4
18.9
37.7
3連複 5-7-10 (57人) 172.4 馬連 7-10 (10人) 21.7
3連単 10-7-5 (210人) 674.9 馬単 10-7 (15人) 39.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


札幌11Rのエルムステークス(3歳上オープン・GⅢ・ダート1700m)は3番人気フェラーリピサ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分42秒9。1馬身1/4差の2着に7番人気トーセンブライトが、2馬身差の3着に8番人気エアアドニスがそれぞれ入線。
フェラーリピサは栗東・白井寿昭厩舎の4歳牡馬で、父Touch Gold、母Dolly Talbo(母の父Capote)。通算成績は18戦6勝となった。
レース後のコメント
1着 フェラーリピサ 白井寿昭調教師
「嵌りましたね。偶数枠の外枠でレースがしやすかったですし、うまく4コーナーで脚も溜められました。作戦通りですね(笑)。ここに来て馬がしっかりしてきました。この後はJCダートを目標にします」
2着 トーセンブライト 藤岡佑介騎手
「馬がまだまだ若いですね。自分から動いていける形ならもっと食い下がれたのでしょうけど、早めに他の馬が動いていったので脚を溜める形になりました。その形で伸びているのですから、レースの幅が広がったとも言えますね」
3着 エアアドニス 松田大作騎手
「ペースが落ち着いた向正面で、ハミを噛んで引っ掛かってしまいました。それでもよく頑張ってくれました」
6着 ドラゴンファイヤー 福永祐一騎手
「馬の状態は良かったんですけど、コーナーが下手で小回りに対応できませんでした。広いコースなら違いますよ」
9着 ナナヨーヒマワリ 小原義之騎手
「久々のレースでしたし、ペースが上がった時についていけませんでした。使って良くなるでしょう」
11着 コンゴウリキシオー 和田竜二騎手
「他の馬が行ったので控える形になりました。途中から動こうかとも思ったのですが、内で包まれて動けませんでした。止まってはいないのですが、ペースが上がった時についていけませんでした。外枠で、他の馬がペースを上げる時に大きなリードをとっておくレースが良いんでしょうね。今日はレースをしていないから、終わってからも元気でしたよ」ェ康太騎手
「いいスピードがあります。他の馬を気にして追っつけ通しでしたけど、一度使って次は楽しみです。現状ダートの方がいいですね」、それに待たされた分、出遅れてしまいました。1800mだからじっくり行こうと思って…最後は伸びているんですけどね。やはりもっと馬場がいい方がいいと思います」
6着 トールポピー(池添騎手)
「ゲートで待たされている時に隣の扉が開けられていて、それを気にしていました。返し馬でもレースでも、今日は集中力がありませんでしたね。体が増えていたのはいいことだし、ひと叩きされて本番で巻き返してくれるでしょう」
7着 エアパスカル(藤岡佑騎手)
「マイペースで行けました。この馬場でも思ったよりノメることもなくて、直線半ばまでよく粘ってくれました。馬に落ち着きも出てきていますし、次よくなってくれば…」
8着 ハートオブクィーン(幸騎手)
「勝ち馬の後ろでスムースに折り合ってレースが出来ました。手応えは十分だったのですが、追ってからサッパリでしたね」
13着 トラストパープル(角田騎手)
「いい位置にはつけられましたが、馬場が合いませんでした」
14着 ダイワスピリット(鮫島騎手)
「馬場を少し気にしていました。もう少し馬場がよければ、体はこれくらいでも大丈夫です」
15着 ブラックエンブレム(岩田騎手)
「トビが綺麗だし、馬場が合いませんでした」キよ」
9着 11番スマイルジャック(小牧太騎手)
「ゲートはうまく出て、すんなりスムーズに行けましたが、結局かかってしまいましたね。3コーナー過ぎまで宥めるためにいろいろと試みましたが、馬がムキになって走っていました。次は巻き返したいですね」
【アラカル

予想動画
関連記事
関連つぶやき