新馬 (サ2才) 札幌 4R 2008/08/31 のレース情報

基本情報
札幌芝・右1800M
開催
第01回 札幌06日目
コース
札幌芝・右1800M
クラス
新馬(馬齢
レースNO
4 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才[指]
頭数
11
発走時刻
12:30
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 266 M
勝ちタイム:1.51.0
平均ペース
-35 (-65+30)
前半5F:
1.02.7
後半3F:
35.7
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 54.0 1.51.0 35.6 -2--2--2--2 2 4.4 ネオユニヴァース / シマリングゲージ 栗) 橋田満  456 4 4
02 3/4 北村友一 53.0 1.51.1 35.8 -1--1--1--1 4 7.9 クロフネ / オカノスピカ 栗) 飯田雄三 486 3 3
03 13/4 三浦皇成 53.0 1.51.4 35.8 -3--5--4--4 3 4.5 シンボリクリスエス / クライウィズジョイ 美) 尾形充弘 466 2 2
04 11/2 岩田康誠 54.0 1.51.6 36.0 -3--3--4--4 1 2.2 ダンスインザダーク / リトルハーモニー 栗) 池江泰郎 510 1 1
05 21/2 松岡正海 54.0 1.52.0 36.3 -6--6--6--4 5 16.3 アグネスデジタル / リンクシェーマ 美) 稲葉隆一 478 9 7
06 秋山真一 54.0 1.52.7 36.7 -6--7--8--7 6 20.8 トワイニング / マストシーストップ 美) 清水英克 478 11 8
07 1/2 池添謙一 54.0 1.52.8 37.4 -3--3--2--3 10 53.2 ブライアンズタイム / ユーワマユミ 栗) 浅見秀一 484 8 7
08 13/4 幸英明 54.0 1.53.1 36.3 11-11-10-10 9 40.6 マヤノトップガン / アンブレラ 栗) 清水久詞 496 5 5
09 11/4 藤田伸二 54.0 1.53.3 37.4 -9--7--7--9 7 23.4 タニノギムレット / タップダンス 美) 小笠倫弘 454 7 6
10 13/4 古川吉洋 54.0 1.53.6 37.5 10--9--8--7 11 109.4 グラスワンダー / スイートイノセント 栗) 梅田康雄 444 6 6
11 大差 長谷川浩 54.0 1.55.5 37.8 -8-10-11-11 8 35.8 サクラプレジデント / オークショット 栗) 田島良保 474 10 8
~払い戻し~
単勝 4番 (2人) 4.4 枠連 3-4 (8人) 17.0 複勝 4番(3人)
3番(4人)
2番(2人)
1.6
1.9
1.6
ワイド 3-4(5人)
2-4(3人)
2-3(6人)
4.4
3.3
4.7
3連複 2-3-4 (4人) 16.3 馬連 3-4 (6人) 16.6
3連単 4-3-2 (24人) 86.5 馬単 4-3 (11人) 29.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


札幌4Rのメイクデビュー札幌(芝1800m)は2番手を進んだ2番人気アドマイヤサムライ(安藤勝己騎手)が、逃げる4番人気マイネルプリマスを直線の追い比べから3/4馬身捉えて優勝。勝ちタイムは1分51秒0(良)。さらに1馬身3/4差で3着に3番人気メジロスプレンダーが入り、1番人気イネオレオは4着に終わった。
アドマイヤサムライは栗東・橋田満厩舎の2歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母シマリングゲージ(母の父Green Desert)。
~レース後のコメント~
1着 アドマイヤサムライ(安藤勝騎手)
「切れる感じの馬ではありませんが、背中のいい馬で、柔らかいし、いいリズムで走りますね。距離も大丈夫ですし、これからよくなってきそうです」
2着 マイネルプリマス(北村友騎手)
「道中うまく息を入れてマイペースで行けました。終いも止まらずにいい脚を使ってくれています。素直で乗りやすい馬ですよ。次は体も絞れてくるだろうし、使ってよくなると思います」ネ馬だね」
3着 ドリームサンセール(柴山騎手)
「まだ余裕のある体で、これから芯が入ってくるところ。でも初戦でこういう競馬が出来れば、この先楽しみです」oすまで時間が掛かってしまいました。勝った馬は道営でもかなり強い馬なので、これには敵わなくても2着はあったと思うんですけどね。大事に乗り過ぎました。この馬には芝の方がいいタイプだと思います」
4着 アドマイヤランサム(安藤勝騎手)
「このクラスでもいいレースはしています。器用な馬で、最後もひと脚使ってくれています。ただ、器用だけど爆発力がもう一つというところもありますね」、流れにも乗れたし、勝てなくて残念です。でもこの馬の成長も感じられました」
3着 トウショウシロッコ(大久保洋師)
「やはり抑えて行くと伸びるということですね。折り合

予想動画
関連記事
関連つぶやき