羊ヶ丘特別(2008/08/17) のレース情報

基本情報
札幌芝・右1200M
第01回 札幌 02日目
12 R
芝・右1200M
晴  
2勝クラス特別
サ3上(混)[指] / 定量
羊ヶ丘特別
13 頭
17:10発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 266 M
ペース平均:
-3
内枠好走:
4
勝タイム:
1.09.1
前半5F:
56.7
後半3F:
35.8
ペース:平均
31 (83-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 古川吉洋 55.0 1.09.1 34.8 -------6--4 1 4.1 フジキセキ / オープニングタイトル 栗) 南井克巳 462 -2 10 7
02 アタマ 小牧太 57.0 1.09.1 35.4 -------3--3 7 13.8 エイシンダンカーク / ハウンドトゥース 栗) 宮本博  528 -2 5 4
03 11/2 安藤勝己 55.0 1.09.3 35.1 -------4--4 2 5.1 タイキシャトル / ゴールデンカラーズ 栗) 鮫島一歩 450 -12 7 5
04 11/4 青木芳之 55.0 1.09.5 34.6 ------11--9 3 5.2 サクラバクシンオー / バリアシオンバレイ 美) 藤沢和雄 486 +4 12 8
05 1/2 津村明秀 57.0 1.09.6 34.9 -------9--9 11 31.9 Unbridled / Obtain 地) 田中守  498 -2 6 5
06 1/2 大野拓弥 55.0 1.09.7 34.7 ------12-12 8 24.8 ブラックタイアフェアー / スムーチ 美) 鈴木勝美 466 -6 8 6
07 クビ 小原義之 57.0 1.09.8 35.1 -------9--7 6 12.1 リキアイワカタカ / オステリア 栗) 小原伊佐 496 +18 9 6
08 アタマ 長谷川浩 52.0 1.09.8 36.3 -------2--2 10 25.4 アフリート / マヤノクリオネ 栗) 岡田稲男 516 +16 4 4
09 13/4 秋山真一 55.0 1.10.1 36.8 -------1--1 5 7.2 Grand Slam / Laguna Seca 美) 二ノ宮敬 496 +6 13 8
10 1/2 千田輝彦 55.0 1.10.2 35.8 -------6--7 9 25.4 タイキシャトル / テンザンストーム 栗) 梅田智之 460 -4 3 3
11 11/4 蛯名正義 55.0 1.10.4 36.2 -------4--4 4 6.4 サクラバクシンオー / サニーペガサス 美) 谷原義明 500 +16 11 7
12 11/4 武幸四郎 55.0 1.10.6 36.2 -------6--9 13 74.7 Honor Grades / Quinielera 栗) 須貝彦三 488 +12 1 1
13 11/4 大江原圭 57.0 1.10.8 35.6 ------13-13 12 70.6 タイキシャトル / サブミッション 栗) 作田誠二 430 -4 2 2
単勝 10番 (1人) 4.1 枠連 4-7 (7人) 15.8 複勝 10番(1人)
5番(8人)
7番(3人)
1.7
4.0
1.9
ワイド 5-10(14人)
7-10(2人)
5-7(10人)
12.2
4.1
9.9
3連複 5-7-10 (14人) 52.5 馬連 5-10 (15人) 37.3
3連単 10-5-7 (107人) 354.0 馬単 10-5 (25人) 62.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


札幌12Rの羊ヶ丘特別(3歳上1000万下・芝1200m)は1番人気ピエナビーナス(古川吉洋騎手)が中団からの差し切り勝ちで人気に応えた。勝ちタイムは1分9秒1(良)。アタマ差2着に7番人気オネストジョン、さらに1馬身1/2差で3着に2番人気マザーズウィッシュが入った。
ピエナビーナスは栗東・南井克巳厩舎の4歳牝馬で、父フジキセキ、母オープニングタイトル(母の父Caerleon)。通算11戦4勝。
~レース後のコメント~
1着 ピエナビーナス(古川騎手)
「テンに速い方じゃないし、少し後ろになったけど、いい流れで結果的にいい位置でレースが出来ました」
2着 オネストジョン(小牧騎手)
「併せ馬の形ならまた違ったと思うけど…。最後はフラフラしていたね」
3着 マザーズウィッシュ(安藤勝騎手)
「狭いところに入っていかないので…。スムースだったらもっと走ったよ」オたし、いい状態で本番に向かえそうですね」
2着 マルカフェニックス(池添騎手)
「レースではためて欲しいとの指示でしたが、行きっぷりがもう一つでフワッとした感じでした。でも3コーナー手前でいい反応をしてくれましたね。直線いい感じで抜けましたが、勝ち馬が先に抜けていましたから。まだまだよくなっていくと思います」
3着 ゼットカーク(吉田隼騎手)
「いいスタートを切って無理せず外へ出していいところで競馬が出来ました。直線も伸びてますが、勝ち馬が強いですよ。2着馬にも差されましたから。でも力は出せたと思います」
4着 マッチメイト(川島騎手)
「ラチ沿いをピッタリ走って最後も止まってません。このメンバーは強い

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する