未勝利 (サ2才) 新潟 1R 2008/08/10 のレース情報

基本情報
新潟芝・左1400M
開催
第02回 新潟08日目
コース
新潟芝・左1400M
クラス
未勝利(馬齢
レースNO
1 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才牝 [指]
頭数
14
発走時刻
10:00
本賞金(万
500 - 200 - 130 - 75 - 50
レース名
コース・ラップ
ハイペース
直線 359 M
勝ちタイム:1.22.2
ハイペース
100 (109-9)
前半5F:
57.4
後半3F:
37.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 柴山雄一 54.0 1.22.2 36.4 -------6--6 5 9.6 エアジハード / アグネスチーアフル 美) 畠山吉宏 462 -10 7 5
02 クビ 蛯名正義 54.0 1.22.2 35.8 -------8--8 7 18.2 エアジハード / エアレンヌ 美) 伊藤正徳 454 -2 2 2
03 1/2 田中勝春 54.0 1.22.3 37.2 -------1--1 1 2.5 マーベラスサンデー / グローリーゲイト 美) 小桧山悟 440 0 5 4
04 11/2 中舘英二 54.0 1.22.5 35.5 ------12-12 10 59.1 ネオユニヴァース / シンコウノビー 美) 国枝栄  392 0 4 3
05 クビ 江田照男 54.0 1.22.6 36.7 -------6--7 6 13.6 タニノギムレット / リリーポンド 栗) 藤沢則雄 426 -6 6 4
06 ハナ 柴田善臣 54.0 1.22.6 36.2 -------8--8 13 138.1 キッケンクリス / オグラテスコ 美) 柴田政人 470 -2 12 7
07 石橋脩 54.0 1.23.3 36.8 ------10-10 8 46.4 キングカメハメハ / リーガルウェイズ 美) 杉浦宏昭 446 +6 3 3
08 1/2 松岡正海 54.0 1.23.4 37.8 -------4--3 9 49.9 マイネルラヴ / ビンゴハナコ 美) 田島俊明 452 -6 9 6
09 1/2 田中博康 53.0 1.23.5 36.9 ------10-11 11 62.7 ムタファーウエク / スイートミュール 美) 清水英克 430 -4 8 5
10 31/2 後藤浩輝 54.0 1.24.1 38.9 -------2--2 2 3.8 シンボリクリスエス / ファイナルデスティネーション 美) 大江原哲 450 -6 10 6
11 1/2 吉田豊 54.0 1.24.2 38.7 -------4--3 4 8.5 ワイルドラッシュ / メジロマリー 美) 大久保洋 442 -20 1 1
12 ハナ 武士沢友 54.0 1.24.2 36.8 ------13-13 14 245.9 ホワイトマズル / ブルーベイブリッジ 美) 藤原辰雄 440 -12 14 8
13 大差 小野次郎 54.0 1.26.9 41.6 -------3--3 3 7.2 サクラバクシンオー / スイートフェローズ 美) 根本康広 390 -2 11 7
14 大差 福永祐一 54.0 1.48.8 60.8 ------14-14 12 81.3 サツカーボーイ / キリグレイス 美) 清水美波 422 -12 13 8
~払い戻し~
単勝 7番 (5人) 9.6 枠連 2-5 (17人) 48.4 複勝 7番(5人)
2番(7人)
5番(1人)
2.9
3.5
1.3
ワイド 2-7(21人)
5-7(5人)
2-5(8人)
18.1
6.0
6.5
3連複 2-5-7 (20人) 53.3 馬連 2-7 (21人) 62.4
3連単 7-2-5 (155人) 528.0 馬単 7-2 (36人) 105.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


新潟1Rの2歳未勝利戦(芝1400m)は5番人気アンプレショニスト(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒2。クビ差の2着に7番人気エアダーミが、1/2馬身差の3着に1番人気グローリールピナスがそれぞれ入線。
アンプレショニストは美浦・畠山吉宏厩舎の2歳牝馬で、父エアジハード、母アグネスチーアフル(母の父Mtoto)。通算成績は2戦1勝となった。
レース後のコメント
1着 アンプレショニスト 柴山雄一騎手
「今日はスタートも上手く出てくれたし、レースっぷりも良くなってきています。直線も狭いところへ入って行きましたからね。2歳馬でなかなかあそこへ入っていけないものなんですが、勝負根性もいいですね」
2着 エアダーミ 蛯名正義騎手
「父のエアジハードと違ってカリカリしませんね。落ち着いています。競馬としては後方からいって、あそこまで追い上げたのですから、一番強い競馬をしていますよね。内容的に凄く良かったと思います」
3着 グローリールピナス 田中勝春騎手
「力んでしまって道中で息が入らなかったです。でも最後はフラフラしながらも、もう一度頑張ろうとしていましたから、次へつながるんではないですかね」
10着 ジェットスパークル 後藤浩輝騎手
「まだ走りが硬いですね。ゴトゴトしているんです。福島より硬い馬場の新潟で余計その傾向が強かったようですね。札幌のようなクッションの利いているコースが合いそうです」チたいないことをした」。
~レース後のコメント~
1着 サイレントビート(橋本騎手)
「このメンバーではスピードが上位です。今日はスタートもうまく出てくれたのであとは馬なり。いいところを通ることを考えていました。最後は内にモタれてラチに寄って手こずりました。イレ込みが今後の課題です」
2着 カシノレオン(上野騎手)
「使いつつ成長しています。最後は何とか交わせるかと思ったのですが、余力が違いましたね。あとは揉まれるレースがどうかです」
3着 キリシマノホシ(上村騎手)
「道中の捌きに手間取りましたね。終いが来ているだけに残念です」
5着 マルシゲドトウ(渡辺騎手)
「下を気にしていますね。直線は内にモタれるところを見せました。出来ればパンパンの良で走らせてあげたいです」
小倉2Rの2歳未勝利戦(ダート1000m)は4番人気シーポラリス(田中健騎手)が2番手追走から直線抜け出し、58秒5(不良)のレコードタイムで圧勝した。3馬身1/2差2着に7番人気マコトバンクウ。1番人気ウインザモチは4着。
シーポラリスは栗東・野村彰彦厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母シーデージー(母の父クリスタルグリツターズ)。通算2戦1勝。
~レース後のコメント~

予想動画
関連記事
関連つぶやき