三国特別(2008/08/03) のレース情報

基本情報
新潟ダート・左1800M
第02回 新潟 06日目
9 R
ダート・左1800M
晴  
1勝クラス特別
サ3上(混)[指] / 定量
三国特別
15 頭
14:35発走
本賞金) 1,050 - 420 - 260 - 160 - 105 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 354 M
ペース平均:
10
内枠好走:
1
勝タイム:
1.53.2
前半5F:
1.03.5
後半3F:
37.4
ペース:平均
-35 (-17-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小野次郎 57.0 1.53.2 37.4 -1--1--1--1 2 4.8 Indian Charlie / Pear Shape 栗) 角居勝彦 534 +20 4 3
02 3/4 松岡正海 57.0 1.53.3 36.8 -9--8--8--7 3 6.8 Touch Gold / Rift Valley 栗) 白井寿昭 458 -4 13 7
03 クビ 江田照男 57.0 1.53.4 37.5 -2--2--2--2 10 79.2 デヒア / ローズレッド 美) 田子冬樹 510 +10 6 4
04 1/2 柴田善臣 57.0 1.53.5 37.0 -7--7--8--7 1 3.1 フレンチデピュティ / ロイヤルカード 栗) 須貝尚介 510 -2 9 5
05 クビ 福永祐一 54.0 1.53.5 37.3 -4--5--4--3 7 13.2 クロフネ / ヘアデイズ 栗) 高野友和 538 +4 11 6
06 1/2 吉田豊 54.0 1.53.6 36.8 13-14-12-11 5 7.2 ジョリーズヘイロー / ナイスムラマサ 美) 谷原義明 518 0 5 3
07 中舘英二 57.0 1.53.8 36.9 -9-12-15-15 6 9.0 ティンバーカントリー / エイシンバンビーナ 栗) 坂口正則 468 +6 2 2
08 1/2 後藤浩輝 57.0 1.53.9 37.7 -4--3--4--3 4 7.2 メイセイオペラ / クリノオードリー 美) 水野貴広 490 -2 1 1
09 蛯名正義 57.0 1.54.4 37.7 -8--8-12-14 9 38.2 フォーティナイナー / エイダイクイン 栗) 小崎憲  450 0 10 6
10 クビ 村田一誠 57.0 1.54.4 38.3 13-12--4--6 11 104.4 Langfuhr / Golf Girl 美) 古賀史生 530 +12 7 4
11 クビ 田中博康 54.0 1.54.5 38.5 -3--3--3--3 8 27.7 Dubai Destination / Kanzina 栗) 大久保龍 464 +4 15 8
12 1/2 田中勝春 57.0 1.54.6 38.1 13-14--8--7 12 112.5 Sadler's Wells / La Pepite 美) 鹿戸雄一 480 0 8 5
13 1/2 柴山雄一 57.0 1.54.7 37.9 -9-10-12-11 14 182.0 Ghazi / Dancing Lass 栗) 羽月友彦 492 -2 3 2
14 勝浦正樹 57.0 1.56.0 39.6 -4--6--7-10 15 218.5 Yes It's True / Hadette 美) 堀井雅広 464 +2 12 7
15 3/4 石橋脩 57.0 1.56.1 39.6 -9-10--8-11 13 146.3 ブラックタキシード / ヴァンサンカン 美) 池上昌弘 430 -14 14 8
単勝 4番 (2人) 4.8 枠連 3-7 (4人) 10.1 複勝 4番(5人)
13番(3人)
6番(10人)
3.0
2.4
15.8
ワイド 4-13(16人)
4-6(47人)
6-13(45人)
12.2
65.3
60.1
3連複 4-6-13 (146人) 774.4 馬連 4-13 (14人) 29.9
3連単 4-13-6 (695人) 3,650.0 馬単 4-13 (24人) 50.2
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


新潟9Rの三国特別(3歳上500万下・ダート1800m)は先手を奪った2番人気サムライタイガース(小野次郎騎手)が直線もしぶとく粘り、ゴール前外から追い込んだ3番人気マルブツセンターに3/4馬身差をつけて優勝。勝ちタイムは1分53秒2(良)。さらにクビ差で3着に10番人気レオメビウス。1番人気アドマイヤダンクは4着に敗退。
サムライタイガースは栗東・角居勝彦厩舎の4歳牡馬で、父Indian Charlie、母Pear Shape(母の父Red Ransom)。通算6戦2勝。
~レース後のコメント~
1着 サムライタイガース(角居師)
「まだ体つきでバランスの悪いところがあって、前走もその点でレースに出られませんでしたが、今は大分心配しなくていい状態になってきました。やはり馬の資質が優れていますね。これから徐々に強いメンバーと対戦していきたいと思います」
2着 マルブツセンター(白井師)
「ちょっと難しい馬なんですよ。行けば行ったで粘り切れなくて差されてしまうし、控えれば馬群を捌くのに苦労するといった具合なんです。今日はちょっとペースが遅くなってしまいましたね」
3着 レオメビウス(江田照騎手)
「揉まれると弱い馬なんですよ。今日はすんなり前に行けて最後までよく頑張ってくれました。この距離をこなせたのは今後のことを考えると大きいですね」
4着 アドマイヤダンク(柴田善騎手)
「4コーナーあたりでもう手応えがなくなってしまいました。直線もジリジリとしか伸びないんです。理由がちょっと分かりませんね」フ馬のレースをできればいいのですが、3コーナーから早めに軽ハンデの馬がみんな動くというレースになると、それに対応するのは難しいですね」X 田中勝春騎手
「ゲート出なかったね。うまく折り合って競馬が出来たが、もう少し流れて欲しかったね」
6着 フサイチアウステル 吉田豊騎手
「できれば行ってくれと言われたが、隣の馬が速かった。道中いい感じで行ったが瞬発力が少し足りないね」
7着 マイケルバローズ 内田博幸騎手
「内枠であの位置取りでは動けなかった。馬も一度使われて変わってくるでしょう」してしまってああいう競馬になったんです。芝の方がダートの時より走りが硬いですね。今はダートの方がスムースに走りますね」少し右側に逃げるようなところがあったね。馬場のいいところを選んで行った。七夕賞は恵まれた面もあったし、2、3番手で我慢出来るようになればいいけど…」
18着 ダイシングロウ(川田騎手)
「ゲートに入れるまで落ち着かせて落ち着かせていったのに、係員にゲートに入るように叩かれて一気にうるさくなっちゃった。話にならないよ。競馬に行く前に終わっていたね」オょうか?」に、もう少しうまく捌ければ……。馬は使って良くなっていますが、そのぶんテンションも上がってきていますね」
4着 7

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する