苗場特別(2008/08/02) のレース情報

基本情報
新潟ダート・左1200M
第02回 新潟 05日目
10 R
ダート・左1200M
晴  
2勝クラス特別   サ3上(混) / 定量
苗場特別
15 頭
15:10発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 354 M
image
直線 354 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.10.3
前半5F:
57.3
後半3F:
37.0
ペース:平均
30 (123-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 和田竜二 57.0 1.10.3 37.0 -------1--1 1 1.6 アグネスタキオン / グランドグリーン 栗) 岩元市三 468 -4 2 2
02 西田雄一 55.0 1.11.1 37.7 -------2--2 9 40.2 ディアブロ / ユカリ 美) 保田一隆 462 0 13 7
03 クビ 蛯名正義 55.0 1.11.1 37.5 -------3--3 2 7.0 マイネルラヴ / プレンティブライト 美) 清水利章 494 +2 3 2
04 クビ 宮崎北斗 57.0 1.11.2 37.0 -------6--5 8 37.2 マイネルラヴ / リードルーブル 美) 菊川正達 482 +10 5 3
05 クビ 石橋脩 55.0 1.11.2 36.9 ------10--9 3 9.7 フジキセキ / ローランロード 栗) 野中賢二 446 -6 1 1
06 中舘英二 57.0 1.11.4 37.0 ------12--9 4 11.9 エリシオ / スギノプリンセス 美) 蛯名信広 480 -8 14 8
07 クビ 石神深一 57.0 1.11.5 36.6 ------13-13 14 188.7 マヤノトップガン / カガミレール 美) 矢野照正 470 -4 15 8
08 クビ 村田一誠 57.0 1.11.5 37.4 -------6--5 11 60.8 ブライアンズタイム / フリートスティード 美) 粕谷昌央 476 +10 7 4
09 クビ 江田照男 55.0 1.11.6 38.0 -------3--3 6 23.6 フジキセキ / ディアブロズストーリー 美) 手塚貴久 482 -10 12 7
10 1/2 平沢健治 55.0 1.11.7 37.4 ------10-11 5 13.9 Broad Brush / Gold Princess 美) 手塚貴久 480 -14 4 3
11 3/4 福永祐一 57.0 1.11.8 36.6 ------15-15 10 43.6 トーヨーリファール / ワールドトキワ 美) 平井雄二 506 -4 11 6
12 クビ 池崎祐介 55.0 1.11.9 37.9 -------5--5 15 271.1 マイネルラヴ / ヤマニンカーニバル 美) 畠山重則 452 -8 6 4
13 クビ 田中博康 57.0 1.11.9 37.1 ------13-13 12 112.2 サクラバクシンオー / ケイシュウアップ 栗) 佐山優  534 +16 10 6
14 吉田豊 57.0 1.12.6 38.4 -------6--5 7 24.0 Artax / Zorra 美) 和田正道 538 +8 8 5
15 11/2 草野太郎 57.0 1.12.8 38.6 -------6-12 13 115.4 サクラローレル / ノーブルエターナル 美) 坂本勝美 444 -4 9 5
単勝 2番 (1人) 1.6 枠連 2-7 (5人) 7.7 複勝 2番(1人)
13番(9人)
3番(3人)
1.1
7.0
1.9
ワイド 2-13(13人)
2-3(1人)
3-13(26人)
11.2
2.5
23.4
3連複 2-3-13 (15人) 50.3 馬連 2-13 (9人) 27.2
3連単 2-13-3 (63人) 215.3 馬単 2-13 (12人) 38.3
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


新潟10Rの苗場特別(3歳以上1000万下・ダート1200m)は、1番人気スーサンライダー(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒3。5馬身差の2着に9番人気ミキノモナコが、クビ差の3着に2番人気プレンティラヴがそれぞれ入線。
スーサンライダーは栗東・岩元市三厩舎の4歳牡馬で、父アグネスタキオン、母グランドグリーン(母の父ナリタブライアン)。通算成績は13戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 スーサンライダー 和田竜二騎手
「この馬は抑えていくと口を割ってしまうので、先に行かせるのが今のところベストなんです。今日も内枠でしたしね。行ききって折り合いがつき、マイペースでした。強いですよね。ただクラスが上がったとき、もっと速い馬もいるでしょうから、もまれたときにどうかという課題は残りますが、この馬のペースで行けたら、かなりやれそうな予感はありますよ」
2着 ミキノモナコ 西田雄一郎騎手
「連闘でしたが、疲れもなく逆にいい感じでした。適度にイレ込んで、この馬らしさもありました。速い流れになりましたががんばりましたね。このクラスだと十分やれそうです」
3着 プレンティラヴ 蛯名正義騎手
「内枠で苦しいレースでした。まぁ、いつもスムーズに行きませんからね。こういう苦しい競馬もあるんだということも覚えてくれたらいいですね」
5着 バトルサクヤビメ 石橋脩騎手
「ゲートで後ろにモタれて座りこみそうになって、スタートを出る態勢ではなかったですね。最後、伸びているだけに悔やまれます……」だけ注意して乗りました。前向きで敏感なところがあるので気にして乗りましたが、上手に走っていました。まだ緩いところもあってこのレースが出来たので、もっとしっかりしてくればもっとよくなるでしょう」
2着 オッキオディガット(後藤騎手)
「前回は躓いたが今日はスムースに競馬が出来ました。でも相手が強かったね」
3着 アポロストーム(勝浦騎手)
「スタートで後手を踏んだのが痛かったね」
4着 コスモジブリル(松岡騎手)
「ロスなく回って同じ脚は使っているんだけどね。センスはいいのでそのうちチャンスは来るでしょう」ワすね。直線は内にモタれるところを見せました。出来ればパンパンの良で走らせてあげたいです」
小倉2Rの2歳未勝利戦(ダート1000m)は4番人気シーポラリス(田中健騎手)が2番手追走から直線抜け出し、58秒5(不良)のレコードタイムで圧勝した。3馬身1/2差2着に7番人気マコトバンクウ。1番人気ウインザモチは4着。
シーポラリスは栗東・野村彰彦厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母シーデージー(母の父クリスタルグリツターズ)。通算2戦1勝。
~レース後のコメント~
1着 シーポラリス(田中健騎手)
「強かったですね。ゲートはそこそこだったので前めのレースを心掛けました。ダートがよかったようですね。体が絞れて気合乗りもよくなっていました。前走は不利もありま

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する