美利河特別(2008/07/27) のレース情報

基本情報
函館芝・右1200M
開催
第02回 函館04日目
コース
函館芝・右1200M
クラス
500万特別(定量
レースNO
8 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上[指]
頭数
12
発走時刻
14:50
本賞金(万
1,050 - 420 - 260 - 160 - 105
レース名
美利河特別 
コース・ラップ
平均ペース
直線 262 M
勝ちタイム:1.09.6
平均ペース
21 (73-52)
前半5F:
56.7
後半3F:
35.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 菊沢隆徳 55.0 1.09.6 35.9 -------1--1 9 25.6 サクラバクシンオー / スイートイブン 美) 高松邦男 486 -2 2 2
02 ハナ 藤田伸二 55.0 1.09.6 35.8 -------2--2 2 3.6 タバスコキャット / ダイヤモンドロッチ 美) 高市圭二 456 -6 11 8
03 1/2 三浦皇成 55.0 1.09.7 35.3 -------6--6 3 6.9 キングヘイロー / リボンストロベリー 栗) 佐々木晶 438 +6 4 4
04 長谷川浩 52.0 1.09.9 35.0 ------10-10 1 3.0 ブラックホーク / メジロマルチネス 栗) 田島良保 480 +4 9 7
05 1/2 秋山真一 57.0 1.10.0 35.6 -------6--6 7 18.8 フサイチソニック / エレガンス 美) 谷原義明 462 -12 3 3
06 クビ 四位洋文 54.0 1.10.0 35.1 ------10-10 6 12.1 サクラバクシンオー / クインオブオールディー 栗) 南井克巳 476 -8 8 6
07 クビ 大野拓弥 55.0 1.10.1 35.6 -------6--6 8 25.2 サクラバクシンオー / エレガントレガーロ 美) 松山将樹 458 +6 1 1
08 クビ 池添謙一 52.0 1.10.1 35.5 -------9--9 5 9.7 アグネスタキオン / ノコナ 栗) 長浜博之 480 -6 6 5
09 1/2 ホワイト 57.0 1.10.2 36.0 -------3--3 11 33.4 フレンチデピュティ / サンウィルシャイン 美) 松山将樹 460 +6 7 6
10 11/4 木幡初広 57.0 1.10.4 36.3 -------3--3 4 9.0 クロフネ / ルビーベイビー 美) 藤原辰雄 498 +2 12 8
11 1/2 小林徹弥 55.0 1.10.5 35.4 ------12-12 12 82.2 キャプテンスティーヴ / プレジャーホーク 栗) 高橋成忠 484 0 10 7
12 11/2 北村友一 57.0 1.10.7 36.5 -------3--3 10 30.5 アグネスタキオン / ブリズントゥアウィン 栗) 岡田稲男 470 +2 5 5
~払い戻し~
単勝 2番 (9人) 25.6 枠連 2-8 (16人) 42.6 複勝 2番(11人)
11番(2人)
4番(4人)
7.7
1.8
2.8
ワイド 2-11(26人)
2-4(27人)
4-11(6人)
20.0
21.7
6.6
3連複 2-4-11 (42人) 118.2 馬連 2-11 (22人) 55.0
3連単 2-11-4 (323人) 1,016.5 馬単 2-11 (53人) 150.8
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


函館8Rの美利河特別(3歳上500万下・芝1200m)は、終始先頭を進んだ9番人気ファインドロップ(菊沢隆徳騎手)が2番人気ディスパージョンの追撃をハナ差抑え優勝した。勝ちタイム1分9秒6。3着には3番人気キングスベリーが入線、1番人気メジロアースラは4着に敗れている。
ファインドロップは美浦・高松邦男厩舎の4歳牝馬で、父サクラバクシンオー、母スイートイブン(母の父イブンベイ)。通算成績は22戦5勝となった。
【レース後のコメント】
1着 2番ファインドロップ(菊沢隆徳騎手)
「他に行く馬がいれば抑えようと思っていたけど、どれも行かないのでハナに立ちました。降級3戦目で状態も上向いていました」
2着 11番ディスパージョン(藤田伸二騎手)
「道中はハミをまったく取らずに追い通し。勝った馬は楽に行っていたから、その違いだね。どこかでハミを取っていれば勝っていたはずだよ」
3着 4番キングスベリー(三浦皇成騎手)
「道中じっくりとタメて行けば、終いは伸びてくれますね。前を捕まえてくれると思ったんですが……」
4着 9番メジロアースラ(長谷川浩大騎手)
「落ち着いた流れになってしまいましたからね。仕方ありません。これまで好走したときも、展開の助けがありましたから。展開さえ向けばすぐ勝てると思いますよ」まいました。脚に問題はないか確認してから追い出したので遅れてしまいましたが不用意でした」グカメハメハ、母リキセレナード(母の父ジェイドロバリー)。通算3戦1勝。
~レース後のコメント~
1着 キングスレガリア(鮫島騎手)
「直線に向くまで前が空きませんでしたけど、空いたら一気の脚でした。3コーナーでペースが上がった時も楽について行けたし、馬込みも大丈夫。この先も楽しみです」
2着 ドリームゼニス(佐藤哲騎手)
「しっかり競馬はつくっていけています。今日は展開負けですね」
3着 ドナシュラーク(吉田隼騎手)
「ゲートの出もよかったので前に行きました。手応えが凄くよかったので早めに抜け出しましたが、手応えほど追ってから伸びないというか、ジリジリでした。凄く乗りやすい馬、もうちょっとだったのですけどね」[トの方がスムースに走りますね」少し右側に逃げるようなところがあったね。馬場のいいところを選んで行った。七夕賞は恵まれた面もあったし、2、3番手で我慢出来るようになればいいけど…」
18着 ダイシングロウ(川田騎手)
「ゲートに入れるまで落ち着かせて落ち着かせていったのに、係員にゲートに入るよう

予想動画
関連記事
関連つぶやき