道新スポーツ杯(2008/07/26) のレース情報

基本情報
函館芝・右1200M
第02回 函館 03日目
9 R
芝・右1200M
晴  
2勝クラス特別
サ3上(混)[指] / 定量
道新スポーツ杯
16 頭
15:25発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 262 M
ペース平均:
10
内枠好走:
4
勝タイム:
1.09.2
前半5F:
57.2
後半3F:
35.3
ペース:平均
-5 (47-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ホワイト 57.0 1.09.2 35.1 -------5--5 5 9.5 ダンスインザダーク / カーリムフエザー 美) 小島太  506 +2 5 3
02 安藤勝己 54.0 1.09.5 35.5 -------3--3 6 12.2 フォーティナイナー / パーレイ 美) 菊沢隆徳 446 +2 16 8
03 クビ 菊沢隆徳 55.0 1.09.5 35.0 -------9-10 15 178.3 ニホンピロウイナー / ヤマニンアリュール 美) 栗田博憲 424 -6 7 4
04 クビ 秋山真一 55.0 1.09.6 34.9 ------12-11 13 88.0 ブラックタイアフェアー / スムーチ 美) 鈴木勝美 472 -2 3 2
05 クビ 五十嵐冬 52.0 1.09.6 35.2 -------8--5 3 7.1 サクラバクシンオー / スリーソウツ 美) 二ノ宮敬 482 0 13 7
06 クビ 横山典弘 57.0 1.09.7 35.8 -------2--2 4 7.2 キンググローリアス / レッドブレイズ 栗) 中村均  504 +8 2 1
07 11/4 武幸四郎 57.0 1.09.9 35.4 -------9--8 10 26.0 ウォーニング / シーヴィーナス 栗) 北出成人 496 +2 4 2
08 クビ 的場勇人 57.0 1.09.9 35.2 ------12-13 9 25.2 ラストタイクーン / マツラッキー 美) 小林常泰 490 -2 6 3
09 アタマ 津村明秀 57.0 1.09.9 35.0 ------14-13 16 197.2 Unbridled / Obtain 地) 田中守  500 0 10 5
10 アタマ 藤岡佑介 57.0 1.09.9 35.7 -------5--5 1 3.4 Forestry / Lady Danz 栗) 藤岡健一 502 -2 12 6
11 3/4 丸田恭介 55.0 1.10.1 36.1 -------3--3 7 17.1 キングヘイロー / ブライティアドーツ 美) 菅原泰夫 464 +2 14 7
12 13/4 藤田伸二 55.0 1.10.4 36.2 -------5--8 2 4.2 キャプテンスティーヴ / ビワハルカゼ 栗) 安達昭夫 456 -2 8 4
13 11/4 木幡初広 54.0 1.10.6 36.7 -------1--1 11 35.3 アグネスワールド / ブランドピート 美) 土田稔  522 +2 1 1
14 アタマ 松田大作 57.0 1.10.6 35.6 ------14-13 14 147.8 エンドスウィープ / アグネスアテーナー 栗) 長浜博之 470 -4 9 5
15 3/4 大野拓弥 57.0 1.10.7 35.7 ------14-16 12 84.5 ボストンハーバー / マルカジャンプ 美) 平井雄二 484 -2 15 8
16 31/2 池添謙一 54.0 1.11.3 36.8 -------9-11 8 17.8 シンボリクリスエス / アローキャリー 美) 牧光二  500 +6 11 6
単勝 5番 (5人) 9.5 枠連 3-8 (15人) 32.4 複勝 5番(5人)
16番(7人)
7番(15人)
3.1
4.7
49.9
ワイド 5-16(24人)
5-7(74人)
7-16(99人)
20.4
148.2
231.9
3連複 5-7-16 (326人) 3,125.1 馬連 5-16 (24人) 62.4
3連単 5-16-7 (1598人) 14,063.5 馬単 5-16 (48人) 124.9
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


函館9Rの道新スポーツ杯(3歳以上1000万下・芝1200m)は、5番人気サクラプログレス(D.ホワイト騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒2。2馬身差の2着に6番人気ダイワシークレットが、クビ差の3着に15番人気ヤマニンパンテールがそれぞれ入線。
サクラプログレスは美浦・小島太厩舎の7歳牡馬で、父ダンスインザダーク、母カーリムフエザー(母の父マルゼンスキー)。通算成績は43戦5勝となった。
レース後のコメント
1着 サクラプログレス D.ホワイト騎手
「乗りやすい馬だね。直線に向いてからはどこが開くのか待っていたぐらい。結局、最内を突いたけど指示を出してからの反応も実に良かった」
2着 ダイワシークレット 安藤勝己騎手
「この馬は平均的にサーッと行く流れが合っているんだね。だから最後は終いの切れ味の差で負けたね。でも今日は久々で少しテンションが高かったし、まだ3歳だからね」
3着 ヤマニンパンテール 菊沢隆徳騎手
「久々だったけどいい仕上がりだったよ。落ち着いていたしね」
4着 ステキナブロンコ 秋山真一郎騎手
「スタートして向正面でゴチャついて、序盤にスムーズに行けてたらもっと際どい差になっていたよ。8歳牝馬だけど、まだまだやれそうだよ」ナ前に取り付いたときは『おっ』と思いましたが、やはりそこまでに脚を使ってしまったので、前を捕まえることができませんでした。でも能力があるところは見せたし、次はいいんじゃないでしょうか」加算できましたね。脚元のことを考えながらですが、状態がいいですし、洋芝が合いそうなので、札幌記念も視野に入れています」
3着 2番マンハッタンスカイ(四位洋文騎手)
「勝った馬は内ラチ沿いから来ていましたからね。あそこが開くなら、内に行けばよかったかな……。2000mの方がレースぶりはいいですね。もうワンパンチでした。悔しいですね」
4着 14番エリモハリアー(武幸四郎騎手)
「勝てなかったけど、大したものですよ。感動しました。4年連続で同じレースに使えること自体が凄いことだし、4連覇はならなかったけど、上位に来てくれたんですからね。脚に不安を抱えている馬ですから、スタッフみんなが頑張ったということでしょう」
6着 8番ピサノパテック(D.ホワイト騎手)
「直線に入ってからまったく伸びなかった。仕方ないね」
8着 6番ミストラルクルーズ(三浦皇成騎手)
「ゴチャついて

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する