新馬 (サ2才) 新潟 6R 2008/07/20 のレース情報

基本情報
新潟芝・左外1800M
第02回 新潟 02日目
6 R
芝・左外1800M
曇  
新馬   サ2才[指] / 馬齢
17 頭
12:50発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
超スローペース
直線 659 M
image
直線 659 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.50.0
前半5F:
1.03.8
後半3F:
33.1
ペース:超スロー
-148 (-178+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 柴田善臣 54.0 1.50.0 33.1 -------2--1 5 9.4 マンハッタンカフェ / マイミッシェル 美) 武藤善則 500 10 5
02 3/4 内田博幸 54.0 1.50.1 33.2 -------1--2 2 3.8 スペシャルウィーク / ヴェイルオブアヴァロン 美) 藤沢和雄 448 1 1
03 3/4 福永祐一 54.0 1.50.2 32.6 -------8--9 1 3.4 アグネスタキオン / ジャッキースタイル 美) 堀宣行  486 8 4
04 21/2 中舘英二 54.0 1.50.6 33.4 -------7--5 4 7.9 ホワイトマズル / ハートオブゴールド 栗) 羽月友彦 476 9 5
05 吉田豊 54.0 1.50.9 33.7 -------8--8 7 22.0 ネオユニヴァース / アルゼンチンスター 美) 大久保洋 514 11 6
06 松岡正海 54.0 1.51.1 33.9 -------4--5 3 4.1 キングカメハメハ / ラークホイッスル 美) 松山康久 474 12 6
07 1/2 柴山雄一 54.0 1.51.2 33.8 -------8--9 10 50.0 エアジハード / シングムーン 美) 畠山吉宏 466 16 8
08 蛯名正義 54.0 1.51.9 34.3 ------15-13 9 47.4 ネオユニヴァース / ダンツライラック 栗) 坂口正則 440 5 3
09 ハナ 鷹野宏史 54.0 1.51.9 34.9 -------4--4 15 155.9 ダンシングカラー / エバープレゼント 美) 大竹正博 462 14 7
10 1/2 江田照男 54.0 1.52.0 34.2 ------13-13 13 116.0 ジャングルポケット / ダンシングシャタン 美) 谷原義明 436 6 3
11 1/2 吉田隼人 54.0 1.52.1 34.6 ------11-12 8 30.6 アフリート / ケイアイバリア 美) 秋山雅一 484 17 8
12 クビ 木幡初広 54.0 1.52.1 34.7 ------11--9 16 178.6 ネオユニヴァース / ダンシングザード 美) 高市圭二 454 15 8
13 小野次郎 54.0 1.52.4 34.7 ------13-13 12 99.9 ムタファーウエク / サクラプラチナ 美) 藤原辰雄 450 7 4
14 クビ 石橋脩 54.0 1.52.5 35.2 -------4--5 11 60.0 キングカメハメハ / ナンバーワンシチー 栗) 作田誠二 442 3 2
15 3/4 熊沢重文 54.0 1.52.6 35.6 -------2--2 14 131.0 マンハッタンカフェ / イクティサール 美) 嶋田潤  486 13 7
16 11/2 後藤浩輝 54.0 1.52.8 35.0 ------16-16 6 21.2 ステイゴールド / ハセノスパーク 美) 根本康広 434 4 2
田中勝春 54.0 - - ----------- - - ダイワテキサス / ダイワリプルス 美) 中野渡清 536 2 1
単勝 10番 (5人) 9.4 枠連 1-5 (6人) 8.8 複勝 10番(5人)
1番(2人)
8番(1人)
2.3
1.6
1.5
ワイド 1-10(8人)
8-10(7人)
1-8(1人)
7.2
6.8
3.2
3連複 1-8-10 (4人) 23.6 馬連 1-10 (8人) 21.1
3連単 10-1-8 (49人) 206.0 馬単 10-1 (21人) 51.5
該当なし
レース後のコメント


新潟6Rのメイクデビュー新潟(2歳新馬・芝1800m)は、5番人気マッハヴェロシティ(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒0。3/4馬身差の2着に2番人気ガンズオブナバロンが、3/4馬身差の3着に1番人気ジャッカネイプスがそれぞれ入線。
マッハヴェロシティは美浦・武藤善則厩舎の2歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母マイミッシェル(母の父タイキシャトル)。
レース後のコメント
1着 マッハヴェロシティ 柴田善臣騎手
「こんなに走るとは思いませんでした。まだ体はゆるいんですが、垢抜けていて、レースへ行って小足がききますね。馬場に入るまでは大人しくて素直ですから乗り手は楽ですね。オンとオフがきくタイプですし、大事にしていけばまだまだ楽しめますね」
2着 ガンスオブナバロン 内田博幸騎手
「体はしっかりしていましたね。行くつもりは無かったんですが、みんな行かないし、下げることもないですからね。カっとなりそうな所があるので気をつけましたが、今日はスムーズに行けました。最後は相手の方が強かったということですね」
3着 ジャッカネイプス 福永祐一騎手
「いいですね。スタートも上手ですが、周りからどっと来られて怯んで、あの位置取りになりました。色々と試すことができましたし、ヨーイドンの競馬であそこまで伸びていますから、先が楽しみですね」
競走除外について
2番ダイワハンター号(田中勝春騎手)は、馬場入場後に下記疾病を発症したため、競走除外となった。
病名:左肩ハ行弘騎手
「ペースが速いと分かって後ろから行って展開はドンピシャだったよ。フェラーリピサを前に見て上がってハマったと思ったが、稽古でも見せる、自分でブレーキをかけるような面が出てしまってね」返し馬をしたときは芝は大丈夫だと思ったんだけどね。でもレースでは一度も手前を替えなかったんだ。まぁ、一度芝で走れば次はいいでしょう」
 ナシュラーク(吉田隼騎手)
「ゲートの出もよかったので前に行きました。手応えが凄くよかったので早めに抜け出しましたが、手応えほど追ってから伸びないというか、ジリジリでした。凄く乗りやすい馬、もうちょっとだったのですけどね」[トの方がスムースに走りますね」少し右側に逃げるようなところがあったね。馬場のいいところを選んで行った。七夕賞は恵まれた面もあったし、2、3番手で我慢出来るようになればいいけど…」
18着 ダイシングロウ(川田騎手)
「ゲートに入れるまで落ち着かせて落ち着かせていったのに、係員にゲートに入るように叩かれて一気にうるさくなっちゃった。話にならないよ。競馬に行く前に終わっていたね」オょうか?」に、もう少しうまく捌ければ……。馬は使って良くなっていますが、そのぶんテンションも上がってきていますね」
4着 7番マイネルキッツ(松岡正海騎手)
「一発を狙ってあの位置に。もっと流れが平均ペースになってくれるとよかったのですが」
5着 

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する