九州スポーツ杯(2008/07/19) のレース情報

基本情報
小倉芝・右1800M
第02回 小倉 01日目
10 R
芝・右1800M
雨   稍重
2勝クラス特別   サ3上(混)(特) / 定量
九州スポーツ杯
8 頭
15:35発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 293 M
ペース平均:
29
内枠好走:
7
勝タイム:
1.48.3
前半5F:
1.00.8
後半3F:
35.9
ペース:平均
20 (-10+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 川田将雅 55.0 1.48.3 35.3 -4--5--5--3 2 3.5 スペシャルウィーク / エスピヨン 栗) 清水久詞 458 +8 2 2
02 21/2 武豊 57.0 1.48.7 36.0 -4--4--2--2 1 2.3 ダンスインザダーク / ブリーダーズフライト 美) 伊藤圭三 480 +4 8 8
03 3/4 岩田康誠 55.0 1.48.8 35.9 -6--6--3--3 3 5.0 サンデーサイレンス / ホワイトウォーターアフェア 栗) 森秀行  468 +4 5 5
04 クビ 赤木高太 55.0 1.48.9 36.1 -2--2--3--5 8 38.5 キングヘイロー / クインモーニング 栗) 大根田裕 446 +28 7 7
05 クビ 芹沢純一 55.0 1.48.9 35.7 -7--6--8--6 7 28.9 ラストタイクーン / シンコマンチラン 栗) 新川恵  496 +2 1 1
06 クビ 浜中俊 57.0 1.49.0 36.6 -1--1--1--1 4 6.2 Dixie Union / Dream Away 栗) 宮本博  472 +2 6 6
07 アタマ 熊沢重文 57.0 1.49.0 36.0 -2--2--5--6 6 24.4 タイキシャトル / ハイパスチャー 栗) 池添兼雄 490 +4 3 3
08 11/4 渡辺薫彦 57.0 1.49.2 36.2 -8--8--5--6 5 13.3 サンデーサイレンス / エリモシック 栗) 沖芳夫  478 -6 4 4
単勝 2番 (2人) 3.5 枠連 0-0 (人) 0.0 複勝 2番(2人)
8番(1人)
5番(3人)
1.2
1.1
1.3
ワイド 2-8(1人)
2-5(3人)
5-8(2人)
1.7
2.1
1.8
3連複 2-5-8 (1人) 4.3 馬連 2-8 (1人) 3.7
3連単 2-8-5 (3人) 21.5 馬単 2-8 (2人) 8.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


小倉10Rの九州スポーツ杯(3歳以上1000万下・芝1800m)は、2番人気カネトシリベルテ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒3。2馬身半差の2着に1番人気ケイアイケイマンが、3/4馬身差の3着に3番人気ミスティックリバーがそれぞれ入線。
カネトシリベルテは栗東・田中章博厩舎の4歳牝馬で、父スペシャルウィーク、母エスピヨン(母の父Unbridled's Song)。通算成績は15戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 カネトシリベルテ 川田将雅騎手
「勝負どころで包まれてスムーズさを欠いてしまいましたが、直線に向いて外に出したら反応よく伸びてくれました。内にササるところがありましたが、しっかりと差し切ってくれました。勝てて良かったです」
2着 ケイアイケイマン 武豊騎手
「向正面でペースが落ち着いて力んでしまいました。4コーナーの手応えの割にはよく頑張っています」
3着 ミスティックリバー 岩田康誠騎手
「スタートして両サイドから他馬に寄られて、カーッとしてしまったようです。力んでいた分、踏ん張りが利かなかったのかも知れません。それとトビが綺麗な馬なので、パンパンの良馬場の方が良さそうです」
4着 クインフューチャー 赤木高太郎騎手
「もともと先行力があります。ただスタートしてすぐに前に馬を置いてのレースができたら、もっと脚を溜めることができたのですが……。そうすればもう少し伸びてくれたと思います」
5着 シンシンマーキー 芹沢純一騎手
「このメンバーで5着ならよくやったと思いますよ。ちょっと雨が降ったのが良かったかも知れません」br />3着 2番マンハッタンスカイ(四位洋文騎手)
「勝った馬は内ラチ沿いから来ていましたからね。あそこが開くなら、内に行けばよかったかな……。2000mの方がレースぶりはいいですね。もうワンパンチでした。悔しいですね」
4着 14番エリモハリアー(武幸四郎騎手)
「勝てなかったけど、大したものですよ。感動しました。4年連続で同じレースに使えること自体が凄いことだし、4連覇はならなかったけど、上位に来てくれたんですからね。脚に不安を抱えている馬ですから、スタッフみんなが頑張ったということでしょう」
6着 8番ピサノパテック(D.ホワイト騎手)
「直線に入ってからまったく伸びなかった。仕方ないね」
8着 6番ミストラルクルーズ(三浦皇成騎手)
「ゴチャついて、馬に可哀想なことをしました。でも、最後はまたハミを取って伸びてくれましたし、不利がなければ上位に来ていたと思います」
9着 9番メイショウレガーロ(小林徹弥騎手)
「道中スッと後ろを離せたらよかったんだけど、オープンだとさすがにピッタリ来られてしまいますね」
14着 1番ブレーヴハート(中谷雄太騎手)
「3コーナーからマクって行こうと思ったのですが、馬が走る気になりませんでした。もともとムラのある馬ですからね」
【アラカルト】
■重賞2勝目
トーセンキャプテンは07年アーリントンC以来、約1年5ヶ月ぶ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する