プロキオンステークス(2008/07/13) のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1400M
第03回 阪神 08日目
10 R
ダート・右1400M
晴  
GⅢ
サ3上(国)(指) / 別定
第13 回 プロキオンステークス
13 頭
15:35発走
本賞金) 3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
ペース平均:
12
内枠好走:
-6
勝タイム:
1.22.0
前半5F:
58.0
後半3F:
35.6
ペース:平均
-41 (27-68)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 赤木高太 56.0 1.22.0 35.3 -------3--3 7 22.6 フォーティナイナー / フラワータテヤマ 栗) 武田博  432 -8 11 7
02 岩田康誠 57.0 1.22.2 34.8 -------9--9 1 1.7 ブライアンズタイム / ワルツダンサー 美) 久保田貴 454 -4 12 8
03 3/4 佐藤哲三 58.0 1.22.3 34.6 ------11-11 4 8.9 ヘネシー / リアルサファイヤ 栗) 音無秀孝 488 +2 7 5
04 浜中俊 56.0 1.22.5 36.1 -------1--1 11 84.9 アフリート / レインボーウッド 栗) 安達昭夫 480 +16 8 6
05 クビ 福永祐一 53.0 1.22.5 35.7 -------5--4 3 7.8 Deputy Minister / Hello Rachel 美) 久保田貴 492 0 2 2
06 ハナ 内田博幸 58.0 1.22.5 35.5 -------7--6 6 18.9 サンデーサイレンス / エリザベスローズ 栗) 加用正  510 +12 13 8
07 1/2 芹沢純一 56.0 1.22.6 35.8 -------5--4 8 30.2 ブライアンズタイム / ロンドンブリッジ 栗) 中尾正  456 0 10 7
08 ハナ 鮫島良太 56.0 1.22.6 36.1 -------2--2 9 38.3 グラスワンダー / ワルツダンサー 美) 久保田貴 470 -6 5 4
09 1/2 武豊 56.0 1.22.7 35.7 -------7--6 2 5.7 アフリート / ミルズウィスパー 栗) 松永昌博 522 -8 3 3
10 石橋守 56.0 1.23.4 35.9 -------9--9 13 150.2 メイショウオウドウ / メイショウエビータ 栗) 高橋成忠 522 0 9 6
11 河北通 56.0 1.24.1 36.5 ------11-11 10 74.4 アフリート / エナジートウショウ 栗) 小野幸治 504 0 6 5
12 クビ 田村太雅 56.0 1.24.1 36.3 ------13-11 12 147.1 エンドスウィープ / ワーキングイオン 栗) 須貝尚介 500 -8 1 1
13 幸英明 56.0 1.24.8 38.0 -------3--6 5 17.0 グラスワンダー / チェリーラブ 栗) 西園正都 512 -2 4 4
単勝 11番 (7人) 22.6 枠連 7-8 (4人) 8.4 複勝 11番(6人)
12番(1人)
7番(4人)
3.6
1.1
2.2
ワイド 11-12(5人)
7-11(23人)
7-12(4人)
5.7
20.0
3.4
3連複 7-11-12 (15人) 39.2 馬連 11-12 (5人) 15.3
3連単 11-12-7 (102人) 314.7 馬単 11-12 (17人) 49.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


阪神10Rの第13回プロキオンステークス(GIII・ダート1400m)は7番人気ヴァンクルタテヤマ(赤木高太郎騎手)が重賞初制覇を飾った。好位追走から直線抜け出し、後方からゴール前一気に急追した1番人気ワイルドワンダーを1馬身退けた。勝ちタイムは1分22秒0(良)。さらに3/4馬身差で3着に4番人気サンライズバッカスが入り、2番人気ゼンノパルテノンは中団追走から直線伸び切れず9着に敗れた。
ヴァンクルタテヤマは栗東・安田伊佐厩舎の6歳牡馬で、父フォーティナイナー、母フラワータテヤマ(母の父ブライアンズタイム)。通算16戦6勝。
~レース後のコメント~
1着 ヴァンクルタテヤマ(赤木騎手)
「やっと(初重賞)ですね。でも私がどうのこうのより、この馬がこのメンバーで勝てたことが大きいですね。ハナにはこだわりませんでした。好位から折り合いさえつけばいい脚を使ってくれるとは思っていました。この距離もしっかりこなしてくれましたね」
2着 ワイルドワンダー(岩田騎手)
「みんな牽制のやりあいで動くに動けませんでした。この馬のレースは出来たのですが…」
3着 サンライズバッカス(佐藤哲騎手)
「流れが落ち着いてしまいましたね。それにこの馬には1400mは短いかもしれません。だからといって捲り切って前が走る馬なら止めてしまいますからね」
5着 シルクビッグタイム(福永騎手)
「この時計じゃね。この馬も自分の時計は詰めているのですが…」
6着 リミットレスビッド(内田博騎手)
「ペースが落ち着いて動くに動けませんでした。この馬のよさを出せませんでした」 
5着 ヴィータローザ(蛯名騎手)
「久々だし、その割には頑張ってくれてるんだけどね。荒れた馬場もこの馬にはよかったんだろうと思う」。あそこが開くなら、内に行けばよかったかな……。2000mの方がレースぶりはいいですね。もうワンパンチでした。悔しいですね」
4着 14番エリモハリアー(武幸四郎騎手)
「勝てなかったけど、大したものですよ。感動しました。4年連続で同じレースに使えること自体が凄いことだし、4連覇はならなかったけど、上位に来てくれたんですからね。脚に不安を抱えている馬ですから、スタッフみんなが頑張ったということでしょう」
6着 8番ピサノパテック(D.ホワイト騎手)
「直線に入ってからまったく伸びなかった。仕方ないね」
8着 6番ミストラルクルーズ(三浦皇成騎手)
「ゴチャついて、馬に可哀想なことをしました。でも、最後はまたハミを取って伸びてくれましたし、不利がなければ上位に来ていたと思います」
9着 9番メイショウレガーロ(小林徹弥騎手)
「道中スッと後ろを離せたらよかったんだけど、オープンだとさすがにピッタリ来られてしまいますね」
14着 1番ブレーヴハート(中谷雄太騎手)
「3コーナーからマクって行こうと思ったのですが、馬が走る気になりませんでした。もともとムラのある馬ですからね」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する