津軽海峡特別(2008/07/12) のレース情報

基本情報
函館ダート・右1700M
第01回 函館 07日目
11 R
ダート・右1700M
晴  
2勝クラス特別   サ3上(混)[指] / 定量
津軽海峡特別
13 頭
15:25発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 260 M
ペース平均:
10
内枠好走:
-1
勝タイム:
1.45.0
前半5F:
1.00.7
後半3F:
38.1
ペース:平均
16 (54-38)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田嶋翔 57.0 1.45.0 38.1 -1--1--1--1 7 15.1 フサイチコンコルド / ヒシタエコ 栗) 小島貞博 534 -2 9 6
02 31/2 北村友一 57.0 1.45.6 38.3 -5--5--3--3 6 14.7 サクラローレル / シンカンメグミ 美) 成島英春 466 0 6 5
03 1/2 菊沢隆徳 57.0 1.45.7 38.1 10--9--6--5 11 43.4 アサティス / エドノマーサー 美) 牧光二  446 -8 10 7
04 21/2 四位洋文 57.0 1.46.1 38.4 -8--6--6--7 5 7.7 Kingmambo / レッドキャット 美) 松山康久 528 +18 5 4
05 アタマ 横山典弘 57.0 1.46.1 38.6 -4--4--5--5 2 4.1 Grand Slam / Livia B 美) 萩原清  512 0 12 8
06 ハナ 池添謙一 55.0 1.46.1 39.0 -2--2--2--2 4 7.0 Forestry / Candace in Aspen 栗) 佐山優  496 -4 3 3
07 クビ 藤岡佑介 57.0 1.46.2 38.1 11-13--9-10 1 3.7 ジェニュイン / ドリーミーアイ 栗) 中竹和也 520 -2 4 4
08 11/4 三浦皇成 55.0 1.46.4 38.3 11-11--9--8 8 15.9 フジキセキ / エヴァリスタ 美) 手塚貴久 432 +6 1 1
09 11/4 木幡初広 57.0 1.46.6 39.4 -2--2--3--3 10 30.8 キンググローリアス / ライデンガール 美) 嶋田功  480 -2 8 6
10 1/2 小林徹弥 54.0 1.46.7 38.8 -6--6--8--8 3 6.6 コロナドズクエスト / ビストロドゥパリ 栗) 福島信晴 478 -2 7 5
11 21/2 松田大作 57.0 1.47.1 38.8 11-11-12-11 9 25.1 ゴールデンフェザント / ヤマニンマスコット 栗) 柴田政見 496 0 2 2
12 西原玲奈 57.0 1.48.1 39.6 -9--9-13-13 12 63.0 アフリート / エプソムジョーオー 栗) 岡田稲男 476 -2 11 7
13 1/2 大江原圭 55.0 1.48.2 40.1 -6--6--9-12 13 106.5 エンドスウィープ / シルバージョイ 栗) 田所秀孝 436 +6 13 8
単勝 9番 (7人) 15.1 枠連 5-6 (10人) 23.9 複勝 9番(7人)
6番(6人)
10番(11人)
4.8
4.2
7.8
ワイド 6-9(37人)
9-10(59人)
6-10(54人)
27.9
65.4
52.0
3連複 6-9-10 (197人) 1,075.3 馬連 6-9 (37人) 98.2
3連単 9-6-10 (846人) 3,410.5 馬単 9-6 (70人) 189.2
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


函館11Rの津軽海峡特別(3歳以上1000万下・ダート1700m)は、7番人気ヒシカツリーダー(田嶋翔騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒0。3馬身半差の2着に6番人気ロトブルースターが、半馬身差の3着に11番人気エドノドリームがそれぞれ入線。
ヒシカツリーダーは栗東・小島貞博厩舎の4歳牡馬で、父フサイチコンコルド、母ヒシタエコ(母の父Chief's Crown)。通算成績は17戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 ヒシカツリーダー 田嶋翔騎手
「自分の競馬の形に持ち込めれば(ハナに行ければ)強いんだけどねぇ……。ただ上のクラスにいくと苦しいだろうね。本当は中団ぐらいでレースがしたいんだけど、どうしても後ろからだと走ってくれない。精神面が課題になるね」
2着 ロトブルースター 北村友一騎手
「厩舎から聞いていた通り、最後は手応えほどは伸びてくれないなぁ……。ズブい馬なので早目に気合をつけて行ってはいるんだけど」
3着 エドノドリーム 菊沢隆徳騎手
「今日はチークピーシーズをつけていった。その効果はあったみたい」
5着 アリアドネズライン 横山典弘騎手
「本来の出来にないみたい。今日なんか引っ掛かりもしないからね。スタートから出て行かなかったからねぇ……」ですね。この馬にとっては悲願の1勝です」 
3着 ピサノパテック(ホワイト騎手)
「勝つと思いましたが伸びませんでした」
6着 マンハッタンスカイ(四位騎手)
「1800mは短いですね」
7着同着 コーナーストーン(津村騎手)
「ゴチャついてしまい、スムースさを欠きましたが、最後まで手応えよく、力をつけていると感じました」が、稽古でも見せる、自分でブレーキをかけるような面が出てしまってね」返し馬をしたときは芝は大丈夫だと思ったんだけどね。でもレースでは一度も手前を替えなかったんだ。まぁ、一度芝で走れば次はいいでしょう」
 ナシュラーク(吉田隼騎手)
「ゲートの出もよかったので前に行きました。手応えが凄くよかったので早めに抜け出しましたが、手応えほど追ってから伸びないというか、ジリジリでした。凄く乗りやすい馬、もうちょっとだったのですけどね」[トの方がスムースに走りますね」少し右側に逃げるようなところがあったね。馬場のいいところを選んで行った。七夕賞は恵まれた面もあったし、2、3番手で我慢出来るようになればいいけど…」
18着 ダイ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する