阿武隈ステークス(2008/07/05) のレース情報

基本情報
福島芝・右2000M
第02回 福島 05日目
11 R
芝・右2000M
曇  
3勝クラス特別   サ3上(混)(特) / 定量
阿武隈ステークス
16 頭
15:45発走
本賞金) 1,830 - 730 - 460 - 270 - 183 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 292 M
ペース平均:
41
内枠好走:
6
勝タイム:
1.58.1
前半5F:
57.6
後半3F:
35.7
ペース:平均
42 (13+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 中谷雄太 57.0 1.58.1 34.5 15-15-12-13 12 47.8 サンデーサイレンス / カーリング 美) 加藤征弘 522 -4 13 7
02 クビ 吉田豊 57.0 1.58.1 34.6 -9-10-10--7 1 3.1 マンハッタンカフェ / ココパシオン 美) 大久保洋 464 -2 16 8
03 13/4 後藤浩輝 57.0 1.58.4 35.3 -3--3--3--2 9 26.1 サクラバクシンオー / ポルベニル 美) 萩原清  576 -12 9 5
04 3/4 柴山雄一 57.0 1.58.5 35.3 -6--6--5--4 4 11.0 エイシンサンディ / タイキアルテミス 美) 伊藤大士 486 -6 12 6
05 ハナ 蛯名正義 57.0 1.58.5 35.5 -2--2--2--1 8 22.0 Singspiel / Elegant 美) 田中清隆 532 -2 5 3
06 1/2 吉田隼人 57.0 1.58.6 35.3 -7--6--5--4 11 42.0 スペシャルウィーク / アカンプリッシュ 美) 秋山雅一 484 +6 10 5
07 1/2 津村明秀 57.0 1.58.7 34.7 16-16-15-15 6 19.1 ステイゴールド / マイネプリテンダー 美) 田中剛  448 +4 15 8
08 クビ 石橋脩 57.0 1.58.7 35.1 11-12-12-10 7 20.3 エルコンドルパサー / サクラセクレテーム 栗) 池江泰郎 474 +6 11 6
09 21/2 田中勝春 57.0 1.59.1 35.7 -9--9--8--7 14 154.4 El Prado / Above Mystery 美) 宗像義忠 538 0 4 2
10 11/2 内田博幸 57.0 1.59.3 36.2 -3--3--3--2 3 5.9 エリシオ / エアピース 美) 堀宣行  544 -8 6 3
11 3/4 青木芳之 57.0 1.59.4 35.9 11-10-10-10 2 3.4 サンデーサイレンス / クイーンモード 美) 藤沢和雄 544 +4 2 1
12 クビ 二本柳壮 57.0 1.59.5 35.6 11-14-15-13 16 265.9 ブライアンズタイム / エクセレントギフト 美) 宗像義忠 530 +18 8 4
13 11/4 勝浦正樹 57.0 1.59.7 36.3 -7--8--8-10 13 62.4 キングヘイロー / セタガヤウタヒメ 美) 田中剛  452 -8 3 2
14 小野次郎 55.0 2.00.7 37.5 -3--3--5--7 5 11.2 オペラハウス / タイトルド 美) 田村康仁 492 -2 1 1
15 1/2 鷹野宏史 57.0 2.00.8 37.1 11-12-14-15 15 198.4 エルコンドルパサー / ベリアーニ 美) 二ノ宮敬 498 -26 7 4
16 クビ 江田照男 57.0 2.00.8 38.4 -1--1--1--4 10 36.5 オペラハウス / パーティプラザ 美) 奥平雅士 472 -8 14 7
単勝 13番 (12人) 47.8 枠連 7-8 (11人) 26.2 複勝 13番(11人)
16番(2人)
9番(10人)
8.3
1.9
7.6
ワイド 13-16(35人)
9-13(76人)
9-16(24人)
27.2
95.3
20.1
3連複 9-13-16 (171人) 651.9 馬連 13-16 (31人) 79.2
3連単 13-16-9 (1157人) 5,682.4 馬単 13-16 (74人) 243.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


福島11Rの阿武隈ステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は、12番人気ブレーヴハート(中谷雄太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒1のレコード。クビ差の2着に1番人気ココナッツパンチが、1馬身3/4差の3着に9番人気インベスターがそれぞれ入線。
ブレーヴハートは美浦・加藤征弘厩舎の6歳牡馬で、父サンデーサイレンス、母カーリング(母の父Garde Royale)。通算成績は29戦5勝となった。
レース後のコメント
1着 ブレーヴハート 加藤征弘調教師
「何が良かったのでしょう。力はあるんですが、スタートも悪い馬ですからね。中谷騎手に任せておいたのですが、手が合っているんでしょうね」
中谷雄太騎手
「何回か乗せてもらって、癖は掴んでいました。今日はスタートもマズマズでしたね。ただ中途半端な乗り方はしないぞ!と決め打って乗って、後ろでじっとしていました。乗せてくれた先生サマサマです」
2着 ココナッツパンチ 大久保洋吉調教師
「ここ二走がパッとしなくて、体も固くなってきたので、あれこれと手を打ったのが実を結んだのでしょう。勝てれば良かったんですが、福島のコースでこれだけできたのなら、よしとしましょう」
3着 インベスター 後藤浩輝騎手
「よく頑張っていますよ。平均ペースで行ければこのぐらいは走れるということですね。あまり器用さがないので、ある程度の位置について行って粘る競馬が合っているようです。回り云々よりもあくまでペース次第でしょう」
11着 キングアーサー 青木芳之騎手
「中京では内をうまく回って競馬ができたので、今日も同じように行ったんですが、スタートしてから手応えが良くなくて、向正面で多少その気になったようですが、3コーナーから悪くなってしまって…。僕も期待していただけに残念です。ボコボコの馬場は合わないようですね」なかったんだ。まぁ、一度芝で走れば次はいいでしょう」
 ナシュラーク(吉田隼騎手)
「ゲートの出もよかったので前に行きました。手応えが凄くよかったので早めに抜け出しましたが、手応えほど追ってから伸びないというか、ジリジリでした。凄く乗りやすい馬、もうちょっとだったのですけどね」[トの方がスムースに走りますね」少し右側に逃げるようなところがあったね。馬場のいいところを選んで行った。七夕賞は恵まれた面もあったし、2、3番手で我慢出来るようになればいいけど…」
18着 ダイシングロウ(川田騎手)
「ゲートに入れるまで落ち着かせて落ち着かせていったのに、係員にゲートに入るように叩かれて一気にうるさくなっちゃった。話にならないよ。競馬に行く前に終わっていたね」オょうか?」に、もう少しうまく捌ければ……。馬は使って良くなっていますが、そのぶんテンションも上がってきていますね」
4着 7番マイネルキッツ(松岡正海騎手)
「一発を狙ってあの位置に。もっと流れが平均ペースになってくれるとよかったのですが」
5着 6番エアシェイディ(後藤浩輝騎手)
「久々ということもあるけど、走りのリズムやフォームがいつもと違っていた」
8着 2番シャドウゲイト(田中勝春騎手)
「デキは良かったんだけど、ゲートを出なかったのが誤算だったね」
【アラカルト】
■中山巧者
勝ったマツリダゴッホは、これで中山競馬場における通算成績が10戦7勝2着1回3着1回。重賞5勝もすべて中山競馬場だ。
■史上初の連覇&2勝目
マツリダゴッホは昨年に続きオールカマー連覇を達成。連覇、および当レ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する