三宮特別(2008/06/22) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外1600M
開催
第03回 阪神02日目
コース
阪神芝・右外1600M
クラス
1000万特別(定量
レースNO
11 R
天候馬場
雨 重
条件
サ3上(混)(特)
頭数
16
発走時刻
16:10
本賞金(万
1,480 - 480 - 480 - 220 - 148
レース名
三宮特別 
コース・ラップ
ハイペース
直線 473.6 M
勝ちタイム:1.35.4
ハイペース
65 (49+16)
前半5F:
58.7
後半3F:
36.7
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 川田将雅 57.0 1.35.4 36.1 -------5--5 9 30.4 アドマイヤコジーン / スイートミトゥーナ 栗) 友道康夫 462 0 5 3
02 13/4 和田竜二 57.0 1.35.7 36.9 -------2--2 1 2.4 テイエムオペラオー / テイエムキララ 栗) 柴田光陽 488 0 4 2
02 同着 高田潤 55.0 1.35.7 37.0 -------1--1 3 6.6 スペシャルウィーク / タガノターキン 栗) 松田博資 454 -2 7 4
04 クビ 角田晃一 57.0 1.35.7 35.3 ------15-12 2 6.5 タニノギムレット / シルバーネックレス 栗) 松田博資 452 -8 16 8
05 武豊 57.0 1.36.5 36.5 -------9--9 4 7.0 スクワートルスクワート / ディアウィンク 美) 畠山重則 500 +6 12 6
06 1/2 佐藤哲三 57.0 1.36.6 36.9 -------8--8 11 47.9 サンデーサイレンス / ダンジグウィズウルヴス 栗) 池江泰寿 482 +2 10 5
07 クビ 福永祐一 55.0 1.36.6 37.6 -------2--3 7 16.0 スペシャルウィーク / エスピヨン 栗) 清水久詞 450 -8 8 4
08 クビ 上村洋行 55.0 1.36.7 36.6 ------11--9 5 12.1 スペシャルウィーク / クラウンピース 栗) 橋口弘次 468 -2 9 5
09 13/4 藤岡康太 57.0 1.37.0 36.9 -------9--9 12 69.5 メイショウオウドウ / オカノクレバー 栗) 崎山博樹 444 +6 6 3
10 21/2 小牧太 57.0 1.37.4 37.0 ------13-12 10 47.3 High Yield / See You 栗) 沖芳夫  508 -2 2 1
11 クビ 浜中俊 55.0 1.37.5 38.0 -------7--7 6 14.5 ブライアンズタイム / レッドレス 栗) 坂口正大 466 +16 13 7
12 3/4 鮫島良太 57.0 1.37.6 38.3 -------5--5 8 25.2 タイキシャトル / ミスティックライト 栗) 藤沢則雄 454 +4 11 6
13 秋山真一 55.0 1.38.3 37.9 ------11-12 13 70.7 ブライアンズタイム / アナボタフォゴ 美) 保田一隆 450 +2 1 1
14 岡部誠 57.0 1.38.6 39.4 -------2--4 15 141.8 サンデーサイレンス / ミルカレント 栗) 大橋勇樹 490 -6 3 2
15 13/4 熊沢重文 57.0 1.38.9 38.5 ------13-12 16 155.1 フジキセキ / プレミアムショール 栗) 須貝尚介 452 +2 14 7
16 11/4 幸英明 57.0 1.39.1 38.4 ------16-16 14 80.6 サンデーサイレンス / シェイクハンド 栗) 沖芳夫  490 -10 15 8
~払い戻し~
単勝 5番 (9人) 30.4 枠連 2-3 (16人)
34- (19人)
17.1
22.2
複勝 5番(9人)
4番(1人)
7番(4人)
6.0
1.5
2.4
ワイド 4-5(20人)
5-7(32人)
4-7(2人)
15.9
26.7
4.1
3連複 4-5-7 (27人) 89.9 馬連 4-5 (18人)
5-7 (29人)
22.5
39.0
3連単 5-4-7 (205人)
5-7-4 (219人)
349.8
376.1
馬単 5-4 (45人)
5-7 (61人)
61.6
85.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


阪神11Rの三宮特別(3歳上1000万下・芝1600m)は好位を進んだ9番人気アドマイヤヘッド(川田将雅騎手)が直線の追い比べからゴール前抜け出して優勝。勝ちタイムは1分35秒4(重)。1馬身3/4差2着は、1番人気テイエムアタックと3番人気タガノグラマラスの同着となった。
アドマイヤヘッドは栗東・友道康夫厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤコジーン、母スイートミトゥーナ(母の父ミスターシービー)。通算15戦2勝。
~レース後のコメント~
1着 アドマイヤヘッド(友道師)
「ハマれば強い馬。新馬戦以来の勝利でしたが、今日はハマってくれました。前回、東京を使った後、この中間は調教でも真っ直ぐ走るようになりましたし、レースでも真っ直ぐ走ってくれました。元々能力は高い馬ですし、重賞2着もある馬。真っ直ぐ走れるようになった今はクラスが上がっても楽しみにしたいと思います」
7着 カネトシリベルテ(福永騎手)
「合うかなと思いましたけど、重馬場がよくなかったですね。その割にはよく頑張ってくれています」iーでもいい手応えでした。4コーナーで挟まれてしまいました。もったいない競馬でした」
11着 マイネルダイナモ(安藤勝騎手)
「不利はありましたが、スタートして行かないし、スッと動けませんでした。とにかくピリッとしませんでした」P600mまででしょう。今日はちょっとショックです…」ウ師
「やはりまだ性格的に子どもなんですね。我慢しているうちに外から被されて、行くに行けなかった。そして走りのリズムを崩して、嫌になってやめてしまっています。チグハグな競馬になってしまいました」・br />「直線は外に行こうとしていました。そのロスがなかったら、もう少し踏ん張ったのでは…」だ思ったより楽に行けたしスピードがありますから、もう少し楽にいける距離なら楽しみかもしれません」セったから、ずっと内の悪いところを走らされてしまって、かわいそうでしたね。外に出せればよかったんですけどねえ」l郎騎手)<

予想動画
関連記事
関連つぶやき