新馬 (サ2才) 福島 6R 2008/06/22 のレース情報

基本情報
福島芝・右1200M
開催
第02回 福島02日目
コース
福島芝・右1200M
クラス
新馬(馬齢
レースNO
6 R
天候馬場
曇 良
条件
サ2才(混)[指]
頭数
16
発走時刻
13:00
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
勝ちタイム:1.10.7
平均ペース
11 (63-52)
前半5F:
58.5
後半3F:
36.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 千葉直人 51.0 1.10.7 35.8 -------4--5 3 5.1 トワイニング / バイラリーナ 美) 栗田徹  422 1 1
02 11/4 村田一誠 54.0 1.10.9 36.3 -------3--3 7 30.5 ブライアンズタイム / チケットトゥフライ 美) 本間忍  466 12 6
03 クビ 中舘英二 54.0 1.10.9 36.1 -------4--3 6 14.9 War Chant / Eishin Marianna 栗) 松永昌博 444 16 8
04 アタマ 柴田善臣 54.0 1.10.9 35.8 -------7--7 15 104.8 マヤノトップガン / ナポレオンオオミネ 美) 高市圭二 530 11 6
05 クビ 後藤浩輝 54.0 1.11.0 36.0 -------6--5 1 3.0 シンボリクリスエス / ファイナルデスティネーション 美) 大江原哲 456 13 7
06 クビ 穂苅寿彦 54.0 1.11.0 35.9 -------7--7 16 127.5 スピードワールド / キューバンダンス 美) 和田正道 468 15 8
07 クビ 内田博幸 54.0 1.11.1 36.7 -------1--1 2 4.2 シンボリクリスエス / ウエイアウト 美) 伊藤圭三 462 9 5
08 1/2 小林淳一 54.0 1.11.2 36.7 -------2--2 5 9.3 コロナドズクエスト / フェステロマーネ 美) 牧光二  456 14 7
09 21/2 蛯名正義 54.0 1.11.6 35.4 ------15-15 10 61.2 トウカイテイオー / エイユージュリアン 美) 高木登  480 3 2
10 クビ 吉田豊 54.0 1.11.6 36.3 -------9--9 4 6.7 タイキシャトル / メジロロベルタ 美) 土田稔  542 8 4
11 クビ 戸崎圭太 54.0 1.11.7 35.7 ------13-12 11 75.0 ネオユニヴァース / スギノアマゾネス 美) 斎藤誠  440 7 4
12 クビ 吉田隼人 54.0 1.11.7 36.0 ------10-10 9 44.9 コロナドズクエスト / ステファニーズホープ 美) 上原博之 434 5 3
13 ハナ 勝浦正樹 54.0 1.11.7 35.8 ------11-11 13 75.5 バトルライン / ラブライト 美) 新開幸一 486 6 3
14 クビ 柴山雄一 54.0 1.11.8 35.9 ------11-12 8 33.7 トレジャーアイランド / ニフティパブロワ 美) 成島英春 474 10 5
15 大差 田中博康 53.0 1.13.6 35.3 ------16-16 14 103.0 メジロライアン / ミラクルワールド 美) 保田一隆 434 2 1
16 13/4 江田照男 54.0 1.13.9 37.9 ------13-12 12 75.4 レギュラーメンバー / ハイフレンドペック 美) 星野忍  430 4 2
~払い戻し~
単勝 1番 (3人) 5.1 枠連 1-6 (19人) 53.4 複勝 1番(3人)
12番(7人)
16番(6人)
2.4
6.0
4.6
ワイド 1-12(22人)
1-16(13人)
12-16(45人)
20.5
14.7
45.4
3連複 1-12-16 (83人) 321.7 馬連 1-12 (23人) 72.4
3連単 馬単 1-12 (36人) 123.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


福島6Rのメイクデビュー福島(芝1200m)は3番人気バイラオーラ(千葉直人騎手)が道中4~5番手追走から直線抜け出し、7番人気エストシャインに1馬身1/4差をつけて優勝。勝ちタイムは1分10秒7(良)。さらにクビ差で3着に6番人気エーシンウォーマンが入り、1番人気ジェットスパークルは5着に終わった。
バイラオーラは美浦・後藤由之厩舎の2歳牝馬で、父トワイニング、母バイラリーナ(母の父サンデーサイレンス)。
~レース後のコメント~
1着 バイラオーラ(千葉騎手)
「スピードがあってゲートセンスもいいですね。1番枠でしたから内で我慢してリズムを崩さないように気をつけました。3~4コーナーでロスなく回れましたし、うまく直線で外へ出せましたね。理想的な競馬が出来ました。反応もよく、切れましたね。いい馬ですよ。これ以上カリカリしなければ1600mくらいはこなせそうです」
5着 ジェットスパークル(後藤騎手)
「道中はいい感じで流れにも合わせられましたが、追ってからがピリッとした脚を使えませんでした。短い芝が合ってるとは思えませんし、可能性はたくさんありますよ」い競馬でした」
11着 マイネルダイナモ(安藤勝騎手)
「不利はありましたが、スタートして行かないし、スッと動けませんでした。とにかくピリッとしませんでした」P600mまででしょう。今日はちょっとショックです…」ウ師
「やはりまだ性格的に子どもなんですね。我慢しているうちに外から被されて、行くに行けなかった。そして走りのリズムを崩して、嫌になってやめてしまっています。チグハグな競馬になってしまいました」・br />「直線は外に行こうとしていました。そのロスがなかったら、もう少し踏ん張ったのでは…」だ思ったより楽に行けたしスピードがありますから、もう少し楽にいける距離なら楽しみかもしれません」セったから、ずっと内の悪いところを走らされてしまって、かわいそうでしたね。外に出せればよかったんですけどねえ」l郎騎手)
「勝てなかったけど、大したものですよ。感動しました。4年連続で同じレースに使えること自体が凄いことだし、4連覇はならなかったけ

予想動画
関連記事
関連つぶやき